日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 源平

源義賢(源頼朝の叔父さん)が内ゲバで殺害される~源氏一門、不幸の連環

更新日:

血縁がある者同士なら、大なり小なり心身ともに似通う点が出てきますよね。
親には似ていなくてもお祖父さんお祖母さんに似ていたりとか、いとこだけど兄弟より似てるとか。

が、場合によっては実にイヤな共通点を持つこともあったりして……。
本日は日本史上欠かせないあの一族のそんなお話です。

「義」ばっかりの字の源氏一族の悲劇の歴史

久寿二年(1155年)の8月16日、源義賢(よしかた)が殺害されました。頼朝のお父さん・義朝の弟です。
さっそく「義」の字がゲシュタルト崩壊しそうですが、しばしお付き合いください。

この件、「当時はまだ長子相続が一般的ではなかった」という点がカギになります。
義朝は若い頃無位無官のまま関東へ下っていたのですが、義賢は中央で成長しました。
そのため、場合によっては義賢の系統が源氏の中心になると見られていたのです。
ちょっとしたゴタゴタもあったものの、時の権力者・藤原頼長という貴族に可愛がられて(意味深)、何とか京都でやっていくことができました。

スポンサーリンク

東国のヒーローとなったお兄さんにあっさり返り討ち


しかし義朝が正式に官位をもらって関東で勢力を伸ばし始めると、父・為義の命で義賢は兄と対決すべく関東へ兵を率いていくことになります。

ハイきました、源氏のお家芸「身内同士の大ゲンカ」開始です。

義賢も関東で領地をもらい、勢力を築いていきましたが、ここで義朝が先手を打ちました。息子の義平(義朝の長男・頼朝や義経の長兄)に「お前ちょっと叔父さんブッコロしてきて」と命じたのです。ニーチャンひでえ。
そして義賢はあっけなくやられてしまったのです。
甥っ子の叔父殺しというと後に起きた実朝と公暁の話が有名ですが、ずっと前の世代でも起きていたんですね。
この争いは義朝と為義との対立から派生したものですが、それにしたってこのあたりからの源氏一門、内ゲバが多すぎます。
頼朝のひい爺ちゃんとされる義親の死因から順に見てみましょう。

義親 平正盛(清盛のジーチャン)に誅殺される
義賢 甥っ子に殺される ←今日この人
為義 息子(義朝)に敗死
義朝 清盛に敗死

頼朝 死因不明(謎の落馬)
範頼 兄に誅殺される
義経 兄に誅殺される

頼家 母の実家に誅殺される
実朝 兄の子に殺される→源氏断絶

義親と義朝はともかく、もうこうなると源氏を名乗ること自体が死亡フラグなんじゃないかと思うレベルです。
ファラオの呪い(※ただしデマ)も真っ青ですわ。

スポンサーリンク

源氏の呪いを解いたのは無関係の家康さん?

これが頼朝以降の傾向であれば清盛の呪いとも取れますが、残念なことにそのずっと前からなので多分無関係です。

鎌倉幕府自体も源氏一門の足利家・新田家に滅ぼされていますし、その足利家も応仁の乱以降は一族同士でアレコレやりあいますし、なんて不吉な一族なんだ。

そう考えると、よく家康が源氏を名乗ったものですね。「源氏でないと征夷大将軍になれない」というのも俗説ですから、必要性は薄いですし。当時の世間一般的にそう思われていた可能性はありますけども。
真実よりもイメージ戦略として採用したんですかね。きたないぞさすが狸きたない。

 

スポンサーリンク

長月 七紀・記
参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%90%E7%BE%A9%E8%B3%A2
http://indoor-mama.cocolog-nifty.com/turedure/2006/08/post_8f44.html





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-その日、歴史が動いた, 源平
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.