日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

楠本イネ/wikipediaより引用

スポンサーリンク

女性 その日、歴史が動いた 江戸時代

日本初の女医・楠本イネ 父はあのオランダ人医師・シーボルト

更新日:

最近日本人と外国人の間に生まれた方の呼び名について、ちょっとした議論が起きることがあるのをご存知でしょうか。

従来は「ハーフ」と呼んでいましたが、外国の方からすると「半分ってどういうことだよ!」と感じるのだそうで。そのため、二つの民族の血が入っているということで「ダブル」と呼ぶべきだとする人がちょくちょくいるようです。
色鉛筆や絵の具の「肌色」が「ペールオレンジ」と言い換えられたように、いずれ「ダブル」のほうが主流になるのかもしれませんね。

しかし、そういった概念がない頃に「ダブル」として生まれた人々は、時代の流れに加えてさらに苦労を重ねていたようです。いじめにあったり、何の根拠もなく「体が弱い」と決め付けられたり……鎖国状態にあったからとはいえ、思い込みとは恐ろしいものですね。

むろん、そうした逆境を乗り越えて後世に名を残した人もおります。
前置きが長くなりましたが、本日はそのお一人……いや、お二人をご紹介しましょう。

 

母の瀧は出島に出入りしていた遊女だった

文政十年(1827年)5月6日は、後に日本初の女医となる楠本イネが誕生した日です。

「どう見ても日本人の名前じゃねーか」
と、思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、そこはそれ、日本人として生きていくために母親が融通を利かせたのでしょう。

外国と交流をほぼ絶っていた江戸時代の日本で、なぜイネが「ダブル」として生まれたのかというと、理由はいたって単純でした。
彼女の生地は長崎。そして母・滝は、出島に出入りしていた遊女だったのです。
おそらくイネの他にも、同じような出自の子供はいたでしょうね。

しかし、イネの場合は父親の職業がその後の運命に大きく影響しました。
なぜなら、その父とはフィリップ・フランツ・バルタザール・フォン・シーボルト、すなわち「鳴滝塾」を作ったあのシーボルトだったからです。

楠本イネの母・滝の肖像画/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

父・シーボルトは地図の持ち出しがバレて…

シーボルトは当時長崎のオランダ商館所属の医師として働いており、そこで滝と出会っていろいろあった結果イネが生まれたのでした。

シーボルトは滝やイネをそのまま放り出したりはせず、自分の家に引き取っていたので、きちんと家族として認めていたようです。しかし、イネが物心つく前、2歳のときに悲劇が起きます。
一時帰国の際、日本の地図を持ち出そうとしたのが幕府にバレ、再入国禁止処分になってしまったのです。

なんで地図を持ち出すとマズイのかというと、国防上の理由です。

戦争をするとき、地形というのは非常に重要になってきます。中国の儒学者・孟子も「天の時、地の利、人の和」が重要であると説いていますね。「日頃の行いが正しければ

自然と国は治まるモンだから、戦なんてする必要ないんだけどね」(超訳)とも言っていますが、まあその話は置いておきましょう。
大きな山を回りこむように動けば敵に悟られずに背後を突くことも可能ですし、海でもまた同じようなことがいえます。というわけで、そもそも国防のために鎖国状態を続けていた幕府としては、外国人による地図の持ち出しというのは厳罰にすべき事柄だったのです。
シーボルトは「そんなつもりじゃなかったんです。日本がどんな国なのか、故郷の人にも広めたくて」と言いましたが、そんな言い訳は通用しませんでした。

父・シーボルトの肖像画(川原慶賀筆)/Wikipediaより引用

父・シーボルトの肖像画(川原慶賀筆)/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

混血児ゆえに普通の幸せは望めない!?

そうしたシャレにならないうっかりのせいで、イネは父としばらくの間別れ別れになります。
ですが幼い娘と情を交わした相手のことは気がかりだったらしく、医学の弟子達に二人の生活を面倒見てくれるように頼んでから日本を後にしました。
帰国後もたびたび滝とイネへ文物を送っているので、いつか再会するつもりもあったのでしょう。その中にはオランダ語の教本や医学書も含まれていました。

もしかするとそれらは弟子達に宛てて送ったものだったのかもしれませんが、これがイネの人生を決めるきっかけになります。
混血児ゆえに周囲から冷たい視線を浴びることもあったイネは、「普通の女性と同じように、結婚したり家庭を持つことはできない」と考えたようで、こうした本から医学やオランダ語を学び始めたのです。

それまでも女性の助産師(いわば”産婆さん”)はいましたが、解剖学まで学んだのはイネが日本で初めてだといわれています。
師の一人には、大村益次郎(過去記事:靖国神社に銅像となっている大村益次郎って何者なのさ【その日、歴史が動いた】)もいました。シーボルトの門下生の一人が宇和島藩の人で、藩主伊達宗城の覚えもめでたく、その縁で益次郎とも知り合ったようです。
さらに宗城はイネ本人のことも引き立ててくれ、足場が固まり始めます。
そんなこんなで女医としての知識を深めていったのですが、ここで思わぬ事件が起きてしまいます。

明治維新で大活躍した大村益次郎/Wikipediaより引用

明治維新で大活躍した大村益次郎/Wikipediaより引用

 

タダで授かった娘だから、名前は「タダ」って……

イネは上記の通り普通の女性として生きることはできないと思っていたので、結婚するつもりはありませんでした。おそらく恋愛すらあきらめていたでしょう。それなのに、子供を授かってしまったのです。
お相手は医学の師といわれていますが、詳しい成り行きはわかっていません。イネは相手のことをひどく嫌っていたそうなので、まあ、なんというか、その……あまり深く考えないようにしておきましょう。
良い子も悪い大人も真似しちゃいけませんよ。意味がわからない方はそのままでいてください。

生まれた女の子は「タダで授かった子だから」というヒドイ理由で「タダ」と名付けました。が、これは宗城に「それじゃあんまりにもかわいそうだろう(´・ω・`)」と言われて「高」と名前を変えています。
話が前後しますが、宗城はイネが元々名乗っていた「失本」という名字についても「縁起が良くないから変えなさい」と言っています。その後は「楠本伊篤(いとく)」と名乗るようになったそうなのですが、この記事では「イネ」で統一しますね。
個人的にはイネ=稲=縁起物ということで、そう悪い名前でもないと思いますし。

娘の楠本高子/Wikipediaより引用

娘の楠本高子/Wikipediaより引用

 

都内に診療所を開設 福沢諭吉のススメで宮内庁へ

デカすぎるアクシデントも乗り越え、その後もイネは懸命に医学の道を歩みます。
それが神様のお眼鏡に叶ったのか、31歳のとき父・シーボルトと再会することができました。別れたのが2歳のときですから、記憶はなかったでしょうけども。
しかもこのトーチャン、滝とイネの家にいた家政婦に手を出して子供を作っちゃったものですから、ものの見事に娘から軽蔑されます。感動の再会が台無しだよ!
上記の件といい、これでは男性に対して完全に夢を持てなくなったのも無理はありません。

とはいえ医師としては順調で、明治に入る頃には師匠からも認められていました。益次郎が刺客に襲撃されたときにも治療にあたっています。
益次郎は現在でも処置が遅れれば助からないような”敗血症”という状態になっていたため、残念ながら助けることはできませんでしたが……かつて縁のあった人が力を尽くしてくれただけでも気持ち的には充分だったかもしれませんね。

その後はお雇い外国人として来日していた異母兄弟の支援で、東京に診療所を開きました。
そして福沢諭吉と知り合ったことで宮内庁へ推薦され、明治天皇の女官の一人が出産する際にも世話役を任されています。残念ながら死産だった上に、その女官自身も亡くなってしまいましたが、それまでずっと逆境で暮らしてきたイネにとっては、身に余る光栄だったことでしょう。

楠本イネと娘の楠本高子/Wikipediaより引用

楠本イネと娘の楠本高子/Wikipediaより引用

しかしその後医師が免許制になると、既に歳を取っている自分では無理だと考え、助産師として新たなスタートを切りました。62歳で廃業した後は、異母弟・ハインリッヒのもとに身を寄せ、76歳まで生きました。
死因は食中毒だったそうなので、もしそれがなければもっと長生きしていたかもしれませんね。

イネは1977年の大河ドラマ「花神」でヒロインとして描かれていたことがあるのですが、これだけ波乱万丈な人生を歩んだ人ですから、そろそろもう一度主役にしてもいい気がしますね。
高が生まれたくだりについては多分改変が入るでしょうけども、そんなの今更ですし。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:楠本イネ/Wikipedia 楠本高子/Wikipedia 幕末維新新選組

 

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-女性, その日、歴史が動いた, 江戸時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.