日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

イギリス その日、歴史が動いた

英国の暴れん坊将軍!? 庶民派キングのウィリアム4世は何とも微笑ましい王様で

更新日:

 

「暴れん坊将軍」といえば徳川吉宗ですが、ああいった類の人は古今東西たまにいます。「身分の割にケチ」とか「慣習にこだわらない」といった点で、庶民に親近感を抱かせるタイプですね。

これは何かと伝統にうるさいヨーロッパでも同じで、たまに「おいおいおい!?」と言いたくなるような王様や貴族を見つけると、一気に世界史が面白く感じられるようになったりします。
本日はその中から、面白いだけでなく一国の隆盛に向けて下地を作った……といえなくもない国王のお話です。

1765年(日本では江戸時代・明和二年)8月21日、後のイギリス国王・ウィリアム4世が誕生しました。

欧米圏によくある名前の上に4世ときたら覚える気もなくなりそうですが、「男性の英国王で良い方向に印象の強い人」として見るとなかなか面白い人です。
前置きはこの辺にして、さっそく本題に入りましょう。

 

女優の愛人と20年間の同棲 その間になんと10人もの子供を

ウィリアムは英国王ジョージ3世(1738~1820)の三男でした。
継承順では上位とはいえ、三男では王位が回ってくる確率はかなり低く、そのためか13歳から海軍に入っています。
アメリカ独立戦争のときにはニューヨークにいたり、軍艦「ペガサス」の艦長をやっていたことがあったり、カナダや西インド諸島(キューバとかあの辺)での勤務経験もあるなど、若い頃はかなりあっちこっちに言っていました。
おそらくイギリス国王の中ではかなり外国勤務経験が豊富なほうでしょう。ロンドンにいるときも王族という身分を鼻にかけず、身軽に市中を歩き回っていたとか。

私生活も奔放で、とある女優を愛人とし、20年も同棲をしておりました。彼女は46歳になるまでの間に10人もの子供を産んでおり、仲睦まじさが伺えます。
この愛人とは諸事情で別れてしまうのですが、それはまた別の機会にお話しましょう。
しかし、「王冠をかけた恋」で有名なエドワード8世(過去記事:「王冠をかけた恋」を選びイギリス王を退位したエドワード8世【その日、歴史が動いた】)といい、イギリス王室と「愛人」は切っても切れないですねえ。

そんなウィリアムが即位したのは、なんと65歳のときのことでした。

 

スポンサーリンク

「即位式なんぞ金の無駄。イラネ(゚⊿゚)」

なぜ65歳という高齢で即位したのか。と申しますと、長兄であるジョージ4世が妻と不仲で子供が生まれず、次兄のフレデリックはジョージ4世よりも先に亡くなっていたため、ウィリアムにお鉢が回ってきたのでした。
まぁ、どこの国でもままある話ですね。

が、ここでもウィリアムは破天荒な行動で貴族たちを驚かせます。
なんと「即位式なんぞ金の無駄。イラネ」(超訳)と言い出し、かつらをつけかえるかのように王冠を軽く扱った(※イメージです)のです。

さすがに「あまりにも格好がつきませんので、小規模でいいから式をしてください」と説得され、渋々即位式をしてはいます。
それでも貴族の中には「地味すぎてつまらん」という人たちもいたようで、それに対しても「会場が広々していていいじゃないか」と一蹴したのだとか。
ただのイヤミじゃないところに、海軍的なユーモアセンス(※)がうかがえますね。

※イギリス海軍では、航海中の暇つぶしのためにユーモアを大事にしていました。イギリスの影響が強い旧日本海軍及び後身にあたる海上自衛隊も同様です。

古い時代では「ナポレオンのイギリス上陸」、近年では「女王陛下のキス」の話がわかりやすいかと。
どっちもかなりのお偉いさんの発言だというのがまた面白いところです。詳しくはググる先生へどうぞ。

なかなか凛々しいお姿で、人懐っこそうな笑顔も浮かべており…/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

もしかしたら大英帝国の祖父かもしれません……

しかし、政治はユーモアだけでは乗り切れません。

産業革命を通して「世界の工場」となったイギリスでは、さまざまな労働問題が起きておりました。
特に労働力を補うための児童労働や、貧困層の生活改善は急務とされており、ウィリアム4世の時代に対応策が出されています。
結果として、完全な解決はできなかったのですが……まぁ、お上が「ああしろこうしろ」と言ったところで、雇用主や現場長に改善の意思がなければどうしようもないですからね。
……あれ、そんな話をごく最近、とても身近で聞いたような気が。

即位時点でも高齢でしたので、ウィリアム4世の治世はたった7年しかありません。

上記の通り、政治的に素晴らしいとは言い切れないのですが、その中で一番大きな業績は、姪であるヴィクトリアが成人し、直接王位を継げるようになるまで命を永らえさせたことでしょう。

以前ヴィクトリア女王の記事(過去記事:大英帝国を躍進させた世界一の女帝ヴィクトリア 在位なんと63年7ヶ月! 【その日、歴史が動いた】)でも書きましたが、もし彼女が未成年のまま王位を継ぐことになっていたら、間違いなく母親が政治に口を出していたからです。

そう考えると、ウィリアム4世は「大英帝国の祖父」とも呼ぶべき人かもしれませんね。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:ウィリアム4世_(イギリス王)/Wikipedia

 

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-イギリス, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.