日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 明治・大正・昭和時代

日本初の路面電車が「京都」で走った理由は 明治天皇の奠都で人口が減少したから!?

更新日:

 

懐古主義というとあまりいいイメージがないですけれども、年代問わず懐かしさを感じるものってありますよね。明治~昭和に生まれたり、海外から入ってきたものについては、特にその傾向が強いのではないでしょうか。
本日もそんなものの一つ、特徴的な音を出す「アレ」のお話です。

明治二十八年(1895年)2月1日は、京都で日本初の路面電車が走った日です。
地域によっては「路面電車って何?」という方も多いかと思いますので、まずはこれがどんなものなのかというお話から始めましょうか。

【TOP画像】京都電気鉄道/Wikipedia

 

天皇の奠都で人口が急減した京都が慌てて 

路面電車と普通の電車との違いは、機械的な構造よりも、乗り降りに関する仕組みに関することが多いといえます。
路面にレールを敷いているため、駅が小規模で済むこと、もしくは歩道から乗り降りできることなどです。

また、元々普通の電車よりも短い距離を運行しているため、駅の間隔が短いのも特徴の一つです。
バスと電車の中間のような存在……という感じでしょうか。

京都で路面電車が走ることになったのは、産業振興の一環という狙いがありました。なんせ明治天皇が東京へ奠都してしまったので、その周りにいた公家をはじめとした多くの人がついていってしまい、人口がガクッと減ってしまったのです。
歴史ある都を寂れさせないためには、まず人の出入りがしやすくなければ……ということで、現在の京都駅付近から伏見区役所付近で路面電車が開通したのです。

当時は停留所という概念がなかったため、どこからでも乗り降りができたとか。路線のあるタクシーのような扱いだったんですね。

伏見にある電車発祥記念碑/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

歩行者の事故を防ぐ「告知人」という役があった!?

開通から二ヶ月後、内国勧業博覧会(略称・内国博。国内版万博みたいなもの)に来る人がたくさん利用したことによって、この路面電車は一定の地位を築きました。

路面電車自体が国内初の試みだったため、当初はトラブルもちょくちょくあったようです。
単線のため、逆方向からやってきた電車同士が動けなくなってしまい、運転手や乗客が罵倒しあったりケンカになることも珍しくはなかったとか。
内国博とほぼ同時期に死亡事故も起きているそうです。よくその時点で廃止されなかったものですね。

それもそのはずというかなんというか、路面電車の運行に関する規則がきちんと定められていなかったのでした。おいおいおい。

運行から半年後に規則が作られ、現在の信号機のような役割の「信号人」など、事故防止のための対策がいくつか立てられます。
昼は赤旗、夜は提灯を持って電車の前を走り、歩行者の事故を防ぐ「告知人」(前走り)という役目の人もいたそうです。想像するとかなりシュールです。

案の定、告知人が轢かれてしまうという事故も多々起きてしまいました。そりゃあな。

現在、路面電車というと「チンチン電車」という通称が有名ですが、あれを鳴らすようになったのは、通行人への注意喚起という意味もあるのだそうです。これなら、告知人のような人がいなくても、通行人の安全を図ることができますよね。
具体的には、運転席の足元についているゴングを鳴らすのだそうです。もっと早く導入されていたら、京都の路面電車による事故はもっと減っていたかもしれませんね……。

函館で復元されたレトロタイプの路面電車/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

もともと馬車から発達したので欧米圏ではポピュラー

日本の路面電車は地下鉄の普及とともに一時衰退しました。

が、最近では都市部の渋滞緩和策の一つとして見直されつつあるとか。延伸計画も全国で立てられている様子ですし、昔の路面電車を復刻したレトロなデザインの路面電車もあります。

路線バスでも昔懐かしい雰囲気の車両が人気ですし、今後人気が出れば更に増えそうですね。
歴史にまつわるスポット同士を繋いだり、何かしらテーマを持って路線を繋いだら、観光客にとってありがたい存在になるのではないでしょうか。通勤用の路線と別にすれば、観光地に住んでいる人の精神衛生にも良さそうですし。

路面電車は元々馬車鉄道(馬が列車を引くタイプの鉄道)から発達したものなので、欧米圏ではポピュラーな存在です。なかなか近未来的なデザインの車両もあります。
特にフランスやオーストリアの路面電車は、一見特急列車や寝台車にも見えてカッコイイものが多いですね。利用したことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

世界屈指とされるウィーンの路面電車/Wikipediaより引用

 

意外? に中国でも割とたくさん走っていて、香港には二階建ての路面電車もあるようです。これは元宗主国のイギリスで有名な、ダブルデッカーバスから来ているのでしょうか。色が違いますが。
二階建ての路面電車は、香港とイギリス・ブラックプール、それからエジプト・アレキサンドリアにしかないそうです。訪れた時には、乗ってみるのも貴重な思い出になりそうですね。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:京都電気鉄道/Wikipedia 路面電車/Wikipedia 路面電車の走る街の一覧/Wikipedia

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた, 明治・大正・昭和時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.