日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 江戸時代 明治・大正・昭和時代

江戸時代の代表的河川「隅田川」の歴史 その名が決定したのは意外にも昭和40年のことでした

更新日:

身近なものでも、その背景にはいろいろな歴史を持っているものです。
地元にものすごい有名人が住んでいる(いた)とか、戦国武将ゆかりの文物があるとか。
本日は夏の風物詩で有名なアレの歴史を追いかけてみましょう。

昭和四十年(1965年)3月24日は、隅田川が命名された日です。

「オイオイ、あんな有名な川の名前が最近決まったわけないだろう」と思われた方もいらっしゃいそうですね。
実は、この日まで「隅田川」というのは千住大橋から下流の俗称だったのです。それまでは荒川と呼ばれていたのですが、治水工事などの影響で流れが変わったため、「隅田川」が採用されたのでした。

何やらややこしい話ですが、本日はこの有名な川にまつわる歴史を見ていきましょう。以下、呼び名は「隅田川」で統一しますね。

【TOP画像】隅田川/wikipediaより引用

隅田川と勝鬨橋/wikipediaより引用

 

元は下総と武蔵の境目を流れ繋げる橋が「両国橋」

隅田川は、流域や時代によってさまざまな名前で呼ばれてきました。
一番古いのは平安時代の「住田河」・「宮戸川」で、その他、墨田川、角田川など同音異字の呼び名も多かったようです。
江戸時代の前期までは下総(千葉県北部)と武蔵(東京都と埼玉県の一部)の国境でもありました。JR・都営地下鉄の両国の近くにある両国橋は、「両方の国にかかる橋」として名づけられたものです。

しかし、それゆえに、戦略上の理由から隅田川にはあまり橋がかけられませんでした。例外は千住大橋で、文禄三年(1594年)に東北方面への戦略のためかけられています。他にも幾つか橋はあったようですが、増やされたのは明暦の大火の後のことでした。
この大火の被害が甚大だったことから、隅田川にも他の橋をかけることが決まったのです。

また、渡し船もあちこちで営業していました。
勝鬨橋は「勝鬨の渡し」と呼ばれていた渡し船の名にちなんでつけられたもので、他にも千住汐入大橋・厩橋・佃大橋などの位置に渡し船があったといわれています。

 

スポンサーリンク

大田南畝の狂歌で「きょうは祭礼 あすは葬礼」

「春のうららの隅田川」で有名な滝廉太郎の「花」が書かれた明治時代には、人々は木製の橋か渡し船で両岸を行き来していたということになりますね。

しかし、ほとんどどの橋が木製だったため関東大震災でほとんど燃えてしまい、順に鉄筋コンクリートの橋に架け替えられていきました。
おそらく首都圏の小中学校に通われていた方は、小さい頃に「火災旋風から逃げようとしたが橋が渡れず、川に飛び込んだ」という人の話を聞いたことがあるのではないでしょうか。

それまでにも、永代橋では文化四年(1807年)のお祭り、両国橋では明治三十年(1897年)の花火大会の際に見物客が多すぎて橋が壊れ、多数の死者が出ています。
……なぜその時点で「何か起きたらまずいから、少しずつ変えていこう」と思わなかったのかが不思議でなりませんが、まあ日本の災害対策なんていつも後手後手ですものね。
でも、そうしてくれていたらその後の死者は減っただろうとやるせないものです。

永代橋の件については、狂歌の大家・大田南畝が
「永代と かけたる橋は 落ちにけり きょうは祭礼 あすは葬礼」
というブラックにもほどがある歌を詠んでいます。
幕府批判の意味もあったでしょうね。よくしょっぴかれなかったものです。

 

スポンサーリンク

飢饉等で亡くなった人の鎮魂のため花火が打ち上げられた

さて、隅田川といえばもう一つ欠かせないイベントがありますよね。皆さんご存じ「隅田川花火大会」です。
人混みがすごいのでテレビ中継で見ているという方も多いと思いますが、それでも大迫力ですよね。

この花火大会は、享保十七年(1732年)にコレラや大飢饉で亡くなった人々を弔うために行われたのが始まりです。当初は鍵屋という花火屋さんが手掛け、20発ほどを打ち上げる小規模なものでした。

しかし、それから80年ほどして鍵屋の分家にあたる玉屋と腕を競い合うようになり、見物客もそれぞれ出来が良いと感じるほうの名を「たーまやー」やら「かーぎやー」と呼ぶようになったのだとか。
玉屋の人気も上々でしたが、火事を起こしてしまったため一代で廃業させられてしまったそうで。それでも現代にまで屋号が言い伝えられているのですから、それはそれでスゴイ話ですよね。
当時は電灯もありませんし、真っ暗な中でド派手に打ち上がる花火はさぞ美しく見えたことでしょう。

昭和年間には交通事情等の問題で中断されたこともありましたが、昭和五十三年(1978年)に復活してからは再び夏の風物詩になっています。

歌川広重「江戸名所百景」に描かれた隅田川の花火/wikipediaより引用

 

竜馬に海舟、道灌さん ユニークな名前の水上バス

そんなわけで隅田川周辺には歴史スポットも多いためか、水上バスの名前も歴史にちなんだものがいくつかあります。

最初の江戸城を作った「(太田)道灌」、皆さんご存じの「竜馬」「海舟」、はたまた「ヒミコ」などの人名から、演劇付きの宴会が楽しめる「御座船 安宅丸」まで実にバリエーションに富んでいます。
どうでもいいですが、「道灌」と「竜馬」は姉妹船だそうで。そこは海舟とのほうがよかったんじゃ……w

まあ、他にも某銀河鉄道で有名な漫画家さんのプロデュースした近未来的なデザインの船もありますので、細かいことはあまり気にしていないのかもしれません。

交通網の発展により、隅田川をはじめとした河川は交通・輸送の役目を果たす機会は少なくなりましたけれども、これからもさまざまな面で親しまれていくのでしょうね。

両国橋から見た隅田川と水上バス/wikipediaより引用

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:隅田川/wikipedia 東京都地質調査業協会 TOKYO CRUISE

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた, 江戸時代, 明治・大正・昭和時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.