日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 欧州

ヨーロッパ文明もう一つの祖・ヴァイキング いかにして欧州大陸へ勢力を広げたか?

更新日:

今年から8月11日は「山の日」となり、夏のレジャーとして代表的な海と山、両方の祝日ができましたね。現代ではその恐ろしさを忘れてしまいがちですが、古い時代においては、山も海も畏怖の対象でした。

しかし、それを乗り越えて何かを発見したり、作ったりした人たちもいます。本日はその一例である、一見荒っぽいイメージが強い人々のお話です。

793年(日本では奈良時代・延暦十二年)6月8日は、ヴァイキングがイングランド・リンディスファーン島の修道院を襲撃し、イングランド侵略を始めた日です。
聞き慣れない地名の話ですので、まずはどのへんの場所で起きた話なのかから見ていきましょうか。

ヴァイキングの航路と居住地(緑色)/wikipediaより引用

【TOP画像】ヴァイキング/wikipediaより引用

 

まずはイギリス中部にあるリンディスファーン島へ

リンディスファーン島はイギリス中部の北海側にある島で、ノルウェーの対岸にあたります。ググるマップでは「ホーリー島」と表記されているところです。

この日この島に上陸したヴァイキングがどの辺出身の人だったのかはわかりませんが、比較的すんなり到着できたのではないでしょうか。

現代ではエディンバラから車で1時間半ほど、ロンドンからは6時間半くらいだそうです。日本だと、岡山~神戸と東京~神戸間くらいの差になります。そう考えるとずいぶんな差ですね。

現在この島はバードウォッチングで有名だそうですが、行くとしたらロンドン観光よりもスコットランド観光のついでと思ったほうがいいかもしれません。

潮の干潮で地続きになるリンディスファーン城も有名ですね。

リンディスファーン城/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

修道院は破壊され、略奪され、僧侶たちは逃げ出した

ヴァイキングがやってくる160年ほど前、この地にはスコットランドの人々によって修道院が作られていました。学問も盛んだったらしく、福音書(新約聖書のイエス・キリスト観察日記の部分)の訳本などを作っていたようです。

潮の満ち引きによってはブリテン島と繋がるという現象に、古代の人々は何かしら神聖なものを感じたのかもしれません。フランスのモン・サン=ミシェルも同じような立地条件に作られていますしね。

サン・マロ湾に浮かぶモン・サン=ミシェル/wikipediaより引用

そうして静かな暮らしを送っていたであろうリンディスファーン島ですが、ヴァイキングによってその生活は終わりを告げます。
ヴァイキングからすればキリスト教は「異国のよくわからん宗教」ですから価値を感じないでしょうし、自分達が居着くためには邪魔にしかなりません。そのため、修道院は破壊され、略奪され、かろうじて生き残った僧侶たちは島から逃げていきました。
また、ヴァイキングたちはリンディスファーン島からブリテン島を北西へ突っ切ったような位置にある、ヘブリディーズ諸島なども征服しました。

歴史上では、これがヴァイキングによるイングランド征服の始まりだとされています。

廃墟になったリンデスファーン修道院/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

ノルマンディーにも上陸 フランスから土地を与えられる

しかし、元々彼らも越冬地や暮らしやすい土地を求めて移動してきているので、その後土着し、地元の人々と混血していったようです。つまり、この時点では国家を作ろうとはしていませんでした。

ヴァイキングによる本格的なイングランド征服が始まったのは、ここから200年ほど後のことです。
その間に、彼らはフランス北東部を侵略していました。今日「ノルマンディー」と呼ばれる地域です。第二次世界大戦のノルマンディー上陸作戦で有名ですね。

ヴァイキングはノルマンディーを征服した後、フランスの前身にあたるフランク王国から土地を与えられ、ある程度の土地と地位を得ました。
ここを足がかりに、ヴァイキングはイングランド南東部を攻略していくことになるのです。

もちろんイングランドの人々も抵抗しましたが、最終的にはデンマークの王子・クヌート(カヌート・クヌーズとも)によって征服されました。
彼はノルマン朝イングランド・デンマーク・ノルウェーの王位を兼任し、北海の三方を取り囲む地域の王となります。国の名前もそのまんま「北海帝国」です。
北海帝国の一部になった後もイングランド人の抵抗は続きますが、同時にノルマンディーの人々がイングランドに侵攻してきたため、一時は三つ巴のような状況になりました。

最終的にノルマンディー公ギヨームが勝ち、ウィリアム1世と名を改め、ノルマン朝を開きます。ギヨームによる征服を「ノルマン・コンクエスト」と呼び、ここからイングランドの王制が本格的に始まったと見られています。
また、征服者による王朝ということで、最初から王権が強い地域にもなりました。

しかし、時代が下るに従って議会の力も強くなっていくのが面白いところです。
ノルマン朝が開かれたのが1066年で、その後プランタジネット朝に変わったとはいえ、マグナ・カルタによって王様の権力が制限されたのが1225年ですから、王様が完全に国のトップだった時期が160年くらいということになります。
まあ、マグナ・カルタができたのには当時の王様のデカすぎるポカが大きく影響したのですが……その辺はまた別の話ですね。

 

アイスランドは住みやすく、グリーンランドは氷ばかりの不思議

さて、ヴァイキングは他にもさまざまな国へ影響を及ぼしました。
上記のイングランド・フランスの他、さらに南下してスペインに行った人もいましたし、そこから地中海方面へ向かって、シチリア島にまで進出した人もいたのです。

現在なら北欧~イタリアの直行便がありますけれども、当時は陸路・海路のみですから、相当な期間を要する旅だったのでしょうね。おそらくは数代にかけて行われたでしょう。
ヨーロッパ文明の祖というとローマ帝国や古代ギリシアのイメージが強いですが、ヴァイキングもその一つであることは間違いないですね。

また、北方で新しい土地を見つけた人々もいました。
グリーンランドやアイスランドは、ヴァイキングによって発見され、名付けられた土地です。

アイスランドは
「こんなに居心地の良い島は他のヤツらに教えたくない! そうだ、”氷の島”って呼べば誰も来ないよな!」
という理由で、この名前になったとか。実際には火山や温泉もありますし、そもそも海流のおかげで緯度の割には温暖ですけども。

逆に、グリーンランドは
「広い土地を見つけたけど、氷ばかりで開発が進まない……”緑の島”と名付けて、皆に来てもらおう!」
という経緯で名づけられたといわれています。

順番としては、まずアイスランドにヴァイキングが定住し、しばらく後の時代にエイリークという人が殺人の罪で追放され、船旅の末にグリーンランドを見つけたとか。
なぜ陸地のある方向じゃなくて大海原の方向を選んだのかが理解に苦しみますが、ヴァイキングの血がそうさせたのでしょうか。

以前「北欧から北極海を通って日本にやってきた」という人の話(過去記事:根性あるなぁ?イケアより150年も早く北極圏を乗り越えて明治時代の日本にやってきた北欧人)をしましたけれども、北欧には「広い海! ならば行かずにいられないッ!!」みたいな風土があるのかもしれません。

まあ、日本人も「海にいるものはみんな食べ物!」って概念があるので、他所様のことはいえませんかね。って関係ないか。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:リンディスファーン島/wikipedia ヴァイキング/wikipedia ヴァイキングの活躍と地中海の関わりについて/地中海フーズ グリーンランドの歴史/wikipedia アイスランドの歴史/wikipedia

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた, 欧州

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.