日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

飛鳥・奈良・平安時代 その日、歴史が動いた

蘇我氏の仏教vs物部氏の神道で起きた「丁未の乱」 仏教伝来がもたらしたイザコザの行く末は?

更新日:

 

「ここがヘンだよ日本人」な特性で筆頭にあげられるものって、「宗教観がカオス」という話がありますよね。
ただしこれは、昔からそうだったわけでもありません。むしろ、古代の頃には他の国と同じような、宗教戦争になりかけたこともありました。ヨソ様と比べれば、それでも穏やかなほうではありますが。
本日は、そのへんの話を少し詳しく見ていきましょう。

欽明天皇十三年(552年)10月13日は、百済の聖明王の使者が欽明天皇に仏像・仏具・経典を献上したとされる日です。

仏教自体が公的に伝わったのはもう少し前だといわれているのですが、まあその辺は当コーナーの事情ということでご勘弁ください。

仏教伝来の主なルート/wikipediaより引用

仏教伝来の主なルート/wikipediaより引用

 

日本に伝わった大乗仏教と南へ進んだ上座部仏教

インドで生まれた仏教は、二つのルートでアジアに広まっていきました。
中国を経由して朝鮮半島・日本・ベトナムに広まった大乗仏教と、カンボジアやマレーシアへ行った上座部仏教です。
昔は後者を「小乗仏教」といっていましたが、これは大乗仏教側から見た蔑視の意味が含まれるため、現在では使われなくなりました。たまにこういうのありますよね。
それぞれの教えの違いについては、とても長くなるので日を改めましょう。予定は未定ですが。

Templo Budista de Foz do Iguaçu
Templo Budista de Foz do Iguaçu / Rodrigo_Soldon

新しいものを受け入れるのは、いつの時代も一悶着あるものです。特に、古代社会において宗教は大変重要な役割を果たしますから、このときも大いにもめました。

中心となるのは、これまた古代史でおなじみの蘇我氏と物部氏です。
神道派である物部氏や大伴氏は国津神(天孫降臨の前から日本にいた神様)の末裔でもあるため、異国の神(仏だけど)をあっさり認めてしまったら、自分のルーツを否定することになるわけです。そりゃマズい。

一方、仏教派の蘇我氏は、そもそも渡来人の家系という説があります。実際、渡来人たちとの関係が深く、大陸の先進技術などに詳しいのも蘇我氏でした。
ご先祖様や仕事仲間が信じていた宗教を「これイイから皆にも教えよう」というわけで、これもまた自然な話です。

そんなわけで、「蘇我氏=仏教派=渡来人系(?)vs物部氏・大伴氏=神道派=地元民系」という複数の意味を持った対立が生まれます。めんどくさいですが、一対一なだけ、まだマシですかね。

 

スポンサーリンク

当初は蘇我氏の自宅だけで認められていた

当時の天皇である欽明天皇は「仏教? 何かご利益ありそうだしいいんじゃない?」(超訳)という考えでした。
と同時に神道派の言い分にも一理あるとしました。
そのため、間を取って(?)「じゃあ、蘇我氏が自分の家の中で信仰するのだけは認めるよ。神道派もそれならいいよね?」という判断を下します。
このときは双方これで納得した……ことにしました。

かくして蘇我氏の当主である稲目は、百済から伝わった仏像を自分の家に安置し、礼拝を始めます。
これが日本初の仏教寺院・豊浦寺の始まりとされています。

しかし蘇我氏にとってはタイミング悪く、この直後に都の近辺で疫病が流行りだします。
神道派は「異国の神を迎えたせいで、我が国の神がお怒りになっているのです(だから言ったじゃねーか!)」と、再び仏教排斥を主張しました。
欽明天皇も「この流れじゃそうかもしれない」と思い始め、神道派が豊浦寺や仏像を焼却するのを黙認します。
このため、豊浦寺は残っていません。

仏像仏像 / Michael Cornelius

 

スポンサーリンク

物部氏は寺院や仏像をブッコワシ! 馬子は「そんなのカンケーねー」

そして時が経って世代が変わり、仏教派・神道派それぞれの息子たちである蘇我馬子と物部守屋に対立が引き継がれました。もちろん天皇も代替わりして、欽明天皇の息子である敏達天皇の世になっています。

そして敏達天皇十三年(548年)、今度は弥勒菩薩像が伝わりました。
蘇我氏は再びこれを祀り、拝んだところ、その直後にまたしても疫病が流行りだしたそうです。神様や仏様の間で、目に見えない次元の戦いが起きていたんですかね。「北風と太陽」みたいな。

例によって物部氏は「だから仏教はダメなんだって!」と主張。寺院の破却や仏像の破壊を押し進め、はたまた僧侶や尼僧の服を剥ぎ取って鞭打ちの刑にするなど、行き過ぎた仏教排斥を始めました。いくら何でもやり過ぎ。
しかし馬子は「そんなのただの偶然だろJK」と取り合わず、仏教信仰を止めませんでした。

仕方がないので、敏達天皇は父帝と同じように、蘇我氏の中だけで信仰することを許します。
この対立はさらに続き、敏達天皇の子・用明天皇の時代へ。古代史にはよくあることですが、スパンが長いというかノンビリしているというか。

天皇系図 26~37代/wikipediaより引用

天皇系図 26~37代/wikipediaより引用

 

「穢れ」の概念なき仏教が優位に立つ

このときは用明天皇自身が「病気快癒のお願いを仏様にしてみようと思うが、どうだろうか」と群臣に相談したことで、問題再燃のきっかけとなります。
というのも、神道では死や病気は「穢れ」としており、触れるべきものではないと考えられていたためです。
一方の仏教では「穢れ」という観点がないので、「仏様にお祈りすれば病気を治してもらえるかも」というわけです。この時代にはまだ日本に伝わっていませんが、病気快癒や薬を司る「薬師如来」という仏様もいますしね。

これには流石に物部氏も強く出ることができなかったようです。もしここで「やっぱり仏教はダメです!!」と主張してしまったら、「じゃあお前たちは陛下に死ねというのか、逆賊め! 成敗!!」となりかねません。
自分たちが信仰するかどうかは別として、仏教を黙認すれば少なくとも家は助かるわけです。はらわたは煮えくり返ってたでしょうが。

こうして一歩優勢になった蘇我氏は、他の豪族や皇族たちを味方につけ、続けざまに物部氏を武力で滅ぼしました。これを「丁未の乱(ていびのらん)」といいます。

用明天皇の皇子の一人・聖徳太子(厩戸皇子)も参加しており、矢を射かけられたときは、仏様に「こちらが勝ったら仏教を厚く保護しますので、ご加護をくださいませ」と祈願したとか。
後に十七条の憲法で「仏・法・僧を敬うべし」としたのは、このときの約束を果たす意味もあったのかもしれません。

こうして最後は「解決(物理)」になり、残った蘇我氏の力によって仏教が広まっていきました。
また、用明天皇の病気は無事治ったようです。治ってなかったらさすがにドンパチやってる場合じゃないですからね。

どうでもいい話ですが、用明天皇の肖像画がめっちゃいい笑顔というか、「萌え~」みたいなすごく血色の良いお顔なんですけど、これは病気が治ってご満悦ってことなんですかね。
これを教科書に載せてくれれば一発で覚えられるのに(ボソッ

用明天皇・ほんとに血色が良く、萌えちゃう人もおりそうで/wikipediaより引用

用明天皇・ほんとに血色が良く、萌えちゃう人もおりそうで/wikipediaより引用

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:今日は何の日?徒然日記 欽明天皇/wikipedia 用明天皇/wikipedia 仏教公伝/wikipedia

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-飛鳥・奈良・平安時代, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.