日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 災害・事故

「三八豪雪」は数万年に一度の寒気がもたらした!? 日本中が雪で覆われた昭和37-38年の異常

更新日:

 

夏は暑く、冬は寒くないと困りますが、度が過ぎるとやっぱり困ってしまうもの。
ここ数年、どちらの季節も何かしらの注意喚起がされている気がしますが……本日はその中でも、シャレにならない被害が出てしまったときのお話です。

昭和三十八年(1963年)1月9日は、大分県日田市で過去最高の積雪を記録した日です。

九州という位置的にも、温泉のイメージ的にも雪とは縁遠い気がしますが、大分県も場所によっては雪が珍しくないそうですね。
しかし、この年の積雪は文字通りケタが違います。そしてそれはもちろん日田市だけの話ではありませんでした。

 

阿蘇山(※熊本県)で123cmもの積雪だと!

このシーズンは、前の年(昭和三十七年=1963年)の年末から、北海道や北日本で大雪になっていました。
そして年明けには、岡山県・熊本県・高知県といった雪と縁遠い地域でも史上有数の降雪を記録し、1月中旬から下旬にかけて九州各地でも積雪するほど。なにせ種子島や屋久島でも雪が降ったというのですから、その異常さがわかるというものです。
温暖な地域でもこれでは、元々雪国である北海道・東北・北陸の積雪は「お察しください」状態。180cm~200cm前後という、記録的な豪雪が観測されておりました。
2月に入っても寒波は止まず、阿蘇山(※熊本県)で123cmも積雪したといいます。山の高さが変わりそうですね(変わりません)

最終的に4月の半ば頃まで寒波は続き、死傷者や建物の被害、列車の運休などで多大な被害が出ました。

記録上では「三八豪雪(さんぱちごうせつ)」とも呼ばれています。

これほどの被害が出た理由の一つには、日照時間の短さもありました。最もひどいときには、20日間で11.4時間(=一日あたり30分強)しか日が差さず、雪が次から次へ積もるという状況だったのです。
ちょっとした雪でも、ほとんど日が当たらない場所ところですと、一週間ぐらい残っていることがありますものね。

自衛隊も出動し、一時は火炎放射器まで使ったそうですが、これはあまり有効とはいえませんでした。
2014年の豪雪時にツイッターで話題になっていましたけれども、熱を用いて部分的に雪を溶かしてしまうと、日没後などに再び気温が下がった際凍結してよけい危なくなることがあります。おそらく、三八豪雪時も似たようなものだったのでしょう。

三八豪雪は、自衛隊が派遣されるほどの被害となりました/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

「人や家畜の死亡と雪に押しつぶされた建物が多数」

この年は他の国でも大寒波に見舞われていました。
平年と比較してヨーロッパで10度、北米で7~8度、台湾で5度下がり、代わり(?)にアラスカでは、平均して14度も高い気温を記録したそうです。北極の寒気が激しく南下して数万年に一度の寒さだったとか。

世界的な大寒波というと、歴史上ではアイスランドの火山噴火→火山灰や塵が北半球を覆う→フランス革命・天明の大飢饉というイヤすぎるコンボが決まったことがありますけれども、意外(?)にも雪害の記録はそう多くありません。
教科書にも冷害→飢饉の話はよく出てきますが、「○○年の大雪で△△という事件が起きました」といった話はあまり見当たりませんよね。

三八豪雪を起点とすると、日本では1~5年程度のスパンで、国内のどこかで気象庁が命名するほどの豪雪になっています。
それ以前だと、明治十二年(1879年)2月には北海道で150cm~450cmにも及ぶ積雪があったという記録があります。

「雪崩の危険があっても、そもそも家から出ることができないので避難不可能」
「人や家畜の死亡と雪に押しつぶされた建物が多数」
「食べるものがないのでエゾシカを大量に狩り、この年だけで10万頭も狩った」
「狩りから逃れたエゾシカも、その後の雪や凍結によって多く死んだ」
「放牧されていた馬が同じようにたくさん死んでしまった」

その他、もっとすさまじい記録があるのですが……割とグロいので割愛しますね。見たい人はウィキペディア先生へどうぞ。

 

スポンサーリンク

90-110年おきというペースは南海トラフ巨大地震と似ているようで

こんなもん何度も起きないでほしいものですが、似たようなことは度々あったらしく、天明四年(1784年)に書かれた「東遊記」の中に「最近、豪雪でエゾシカやアイヌの人々が多く亡くなった年があったという」という記述があります。
90~110年くらいのスパンで繰り返しているんですかね……南海トラフ巨大地震と同じようなペース……gkbr。

他、19世紀の前半には江戸で30~60cmくらいの積雪があったという記録が複数回あるので、雪国各所は言わずもがなのことでしょう。

もちろん北国の方たちは雪と上手に付き合わねばならず、古くから「利雪」、つまり「雪をどうにかして利用しよう」という考えもありました。

雪の上に布や糸を置いて漂白する小千谷縮(おぢやちぢみ)や越後上布はその最たる例でしょう。
最近では雪を溜めておいて夏場の冷房に使ったり、データーセンターなどの冷却を必要とする設備に使うなど、さらに利雪のバリエーションが増えてきました。

とはいえ、個々人の行動による事故は、技術力の向上では減らせません。
台風などと同じく、大雪のときも行動には気をつけたいものです。

スポンサーリンク

長月 七紀・記
参考:昭和38年1月豪雪/Wikipedia 豪雪/Wikipedia 雪/Wikipedia エゾシカ大量死/記録文書/Wikipedia biglife21

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日のあらすじ感想レビューは……

-その日、歴史が動いた, 災害・事故

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.