日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

ティムール/Wikipediaより引用

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた

中央アジアの梟雄・ティムール 主君みずから西へ東へ、死ぬまで戦場駆け回る

投稿日:

中央アジアの梟雄・ティムールは4/9に誕生

価値観は人それぞれ異なるものです。
多くは両親や周囲の環境、お国柄などに影響されますが、稀に「全く違うところで生まれ育ったはずなのに、なんだか似たような感覚の人たちだなぁ」という方たちも歴史上にはおりますよね。
というか、古今東西、後世に名を残すような方たちが似たような一面を持つというのは、ある意味、必然かもしれませんね。
本日はその一例と思われる、とある君主のお話です。

1336年(日本では建武の新政が終わりかけた頃・建武三年)の4月9日、中央アジアの梟雄・ティムールが誕生しました。

一代でティムール朝、またはティムール帝国と呼ばれる一大勢力圏を築き上げた方で、世界史的にはアレクサンドロス3世やナポレオンと同じような規模の遠征をやった人なのですが、日本の授業ではあまりやりませんね。まあ8割がた世界史=欧米史扱いだから仕方ない。

ひとことで言うと、良くも悪くも「中央アジアの織田信長」みたいな感じの人です。
……余計わかりにくくなった気がしますが、話を追っていけばなんとなくわかっていただけるかと。では、本題に入っていきましょう。

 

スポンサーリンク

様々な人々が交差する街でトリリンガルになる

ティムールは、現在のウズベキスタン・サマルカンド州で小貴族の家に生まれました。

サマルカンドは中国の歴史書「後漢書」にも出てくる非常に古い町です。後漢書の成立が5世紀なので、少なくともティムールが生まれた時点で800年の歴史を持っていることになります。
現在では「サマルカンド 文化交差点」という美称で世界遺産にも登録されています。
ティムールの生まれは都市部ではなく、そのぶん幼き頃から乗馬や弓術に励むことができたようです。

また、当時この辺りはシルクロードのうち「オアシスの道」と呼ばれるルートの分岐点にあって、さまざまな民族の商人や旅人が出入りしていました。そのためか、ティムールも若いうちに3言語を操るトリリンガルになっていたといいます。
そもそも「サマルカンド」とは「人々が出会う町」を意味するのだそうで。あら、ロマンチック。
ということは「いやー さがしましたよ」というふざk……のんきな発言で有名な例の王子の名も「人々の◯◯」という意味になるんですかね(分かる人だけわかってください)。

貴族といっても大きな家ではなく、ティムール自身が家畜の見張りをしていたこともあったそうです。
略奪などの乱暴な行為をすることもあったが、部下に気前よく戦利品を分け与え、人望を得ていきました。一時は300人規模の強盗団になっていたそうですから、なかなかの求心力ですよね。

ティムール/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

モグーリスタン・ハン国で出世するも、間もなく逃亡

それをどこかから聞きつけたのか、モンゴル系国家の一つチャガタイ・ハン国のお偉いさんであるカザガンという人物から「お前、うちで働いてみないか」と誘われました。この頃、ティムールはまだ10代だったと思われます。
ティムールはこれを受け、側近として働き始めました。根っからの不良というわけではなかったんですね。

カザガンには孫がおりました。
アミール・フサインといいまして、ティムールは彼とも親しくなることで権力も手に入れていきます。
当時の中央アジアは、モンゴル系国家(◯◯・ハン)や貴族、国とまでは行かない規模の土豪による争いが続いており、群雄割拠という様相でした。この地域における戦国時代といってもいいでしょう。

さて、ティムールが24歳のとき、サマルカンドの東にあったモグーリスタン・ハン国が軍事侵略をかけてきました。
ティムールはモグーリスタン・ハン国の王であるトゥグルク・ティムール・ハンの軍に出向き、会見を申し込んで臣下になることを申し出ています。そして地方領主の一員として認められました。
随分あっさりしておりますが、モグーリスタン・ハン国は自国の記録をあまり残していないため、詳しい経緯がわからないようです。よほど実利主義の国だったんですかね。

ティムールもここには長居せず、妻と家来を連れて逃亡しています。
その後はモグーリスタン・ハン国に逆らう人々と合流して戦いました。
自らも矢傷を負いながら、この頃衰退していたチンギス・ハーンの次男家系の国である西チャガタイ・ハン国に傀儡の王を立て、実権を握っています。

 

次第に人望を得たティムールは足元を着実に固め

モグーリスタン・ハン国で代替わりが起きると、サマルカンドまで攻め込まれるという窮地に陥りました。当時のサマルカンドには城壁などがなく、無防備な町と思われていたからです。

が、サマルカンドの住民の中には、「サルバダール運動」という反モンゴルを掲げる一団を作っている人たちがいて、彼らが兵を指揮してモグーリスタン・ハン軍を追い返しました。すげえ。しかも、モグーリスタン・ハン側の軍馬が同じ時期に病気で激減し、大きく力を削がれます。馬に風土病とかあるんですかね?

これを知ったティムールたちはサマルカンドに戻り、サルバダールの面々を褒め称えたのですが……後に彼らを皆殺しにしています。
後の禍根になると思ったのでしょうけれども、生かしておいてうまく使ったほうがよかったんじゃ、という気もします。

この間、ティムールには協力者としてフサインという人物がおり、お約束通り、だんだん反りが合わなくなっていきました。
フサインは自分の本拠地・バルフの改築のために重税を課したり、権力者として増長したために人望を失っていきます。
なんでこう自ら墓穴を掘っていくんですかね。

これと反比例するようにティムールを支持する部族が増え、しかも彼は人気にあぐらをかくことなく、地固めを続けました。
ムスリムの聖者サイイド・バラカに寄進を行い、権力者の象徴とされた太鼓と旗を授かったり、モンゴル帝国の王族の末裔を担ぎ上げたりなどです。

外堀を埋められつつあることを悟ったフサインは降伏を申し出、ティムールもこれを受け入れました。
しかし、ティムールの同盟者によってフサインは処刑されてしまいます。
といってもあまり問題にしなかったらしく、ティムールはイスラム教を国教とし、新しい国を作ることを宣言しました。ただし、ハンに即位することは否定し、脱モンゴルを明らかにしています。
自業自得の面が強いとはいえ、何もなかったことにしすぎじゃないかなぁ、と……。

 

遠征、遠征、また遠征 その合間に帰国&内政も忘れず

ティムールのやったことは功罪の落差が激しいのですが、サマルカンドの町が発展したのは、間違いなく彼の功績です。フサインとのアレコレが終わってから、彼は城壁や宮殿、町の建設を始めました。
また、遠征を行っても、数年に一度は国へ戻って内政に取り組んでいます。地元をほったらかしすぎて自滅する支配者も珍しくない中、ティムールはおおむねバランス感覚に優れていた、と見ることができるのではないでしょうか。

こうして地元が片付いた後、ティムールはモグーリスタン・ハン国へ逆に攻め込んでいきます。
その後も、ハン系国家やそれに連なる部族たちを相手に、戦や外交を駆使して勢力を広げました。

1381年以降はペルシア方面(西アジア)へ遠征を重ね、4年ほどで現在のアフガニスタンやイラクにまで進出しています。
一時は、オスマン帝国の手前まで攻め入りました。最終的に現在のアルメニアまでを征服し、キリスト教徒を崖から突き落として処刑したといいます。
反抗の兆しがある者や異教徒に対する残酷さも、彼の特徴の一つでした。

もう少しでオスマン帝国と全面戦争になるところでしたが、1388年にモンゴル系国家の一つジョチ・ウルスがティムールの本拠地に攻め込んできたため、ティムールも慌てて帰還。
留守を任されていた守備軍はジョチ・ウルス軍を防ぎきれず後退していたのですが、再びティムールが駆けつけるとジョチ・ウルス軍のほうが退いています。

しかしジョチ・ウルスの王トクタミシュもなかなかのもので、既にティムールの傘下になった者に反乱をそそのかしたり、モグーリスタン・ハン国と同盟を結んだりと、いろいろな手を使ってきました。
さすがのティムールも危機に陥りましたが、モグーリスタンについては7回も遠征して解決しています。これだけ戦を繰り返せば厭戦気分が高まって、身内に裏切られることも珍しくないのに、ついてきた兵もすごいですよね。
ティムールは、昔から戦利品を気前よく分け与えて人望を得ていったといわれていますので、王になってからもそうだったのかもしれません。

最終的にトクタミシュに辛勝するが、この戦いの中でティムール自身も「矢傷による骨と関節の病」にかかり、40日も寝込んだといいます。
この病のせいで右足が不自由になり、症状は少しずつ進行していきました。
晩年は馬に乗るのも難しい状態だったそうなのですが、現代の病名だとどの辺になるんですかね。

 

インドへも遠征しておりました

トクタミシュを退けた後、ティムールは西アジア遠征を再開します。
現在のイランにあったムザッファル朝との戦いでは、一時はティムール自身が頭を二度切られるほどの混戦もありましたが、近くにいた兵士に助けられました。この辺からも、兵からの信頼が厚いことがうかがえますね。
そしてバグダードを含むジャライル朝も攻略しましたが、エジプトのマムルーク朝やオスマン帝国、ジョチ・ウルスなどによる同盟が組まれて包囲状態になってしまったために、ティムールは国へ戻らざるを得ませんでした。

その後は勢力を盛り返したトクタミシュと再び戦い、3日かけて勝利。そのままジョチ・ウルスの首都サライや、モスクワ大公国の都市アストラハンまで侵攻し、これらの町を破壊します。
モグーリスタンからは王の娘テュケル(トゥカル)を妃の一人に迎え、同盟を組んで和解していました。ティムールには数多くの妃がいましたが、テュケルは第二夫人待遇で、しかも彼女のために宮殿や庭園を作っているので、それなりに誠意を示そうとしたのでしょう。

ティムールとマムルーク軍の戦闘/Wikipediaより引用

こうしてまた地元周辺が落ち着いた後、1398年から翌年にかけて今度はインドへ遠征しました。
実はこれまで孫のピール・ムハンマドにインド攻撃を命じていたのですが、戦果がはかばかしくないために親征を決意したのだとか。

前線は部下に任せ、ティムール自身は後方のヒンドゥークシュ山脈にはびこる賊討伐を試みました。
しかし、今までと違って雪深く、標高の高い場所での進軍は非常に困難で、兵の士気を保つだけでも一苦労。
ちなみに、ヒンドゥークシュ山脈とは最高峰ティリチミール(7708m)をはじめとした7000m級が連なるところです。そもそも「ヒンドゥークシュ」で「インド人殺し」を意味するとか。怖すぎ。
標高の低いところを中心に、インドと中央アジアを結ぶ道はいくつかありますが、とても大軍が行き来しやすい場所とはいえません。

ティムールはこの周辺の支配を強化すること、後方の憂いを断つことの二つの目的から諦めませんでした。
上が殺る気満々だからか、兵の士気も回復し、見事賊討伐に成功しています。

こうしてティムールがインドに到着した頃、ピール・ムハンマドは洪水に遭って非常に危険な状態になっていましたが、祖父が合流した後はおおむね順調に進軍しています。
デリーでは破壊・略奪・住民の虐殺といったお決まりの悪行をしてます。そもそも「異教徒との戦いだからおk」という大義名分だったからでしょうね。現在の研究者たちも、「ティムールのインド侵攻は政治より宗教的な意味が強かった」としています。
ティムールは、自分が価値を認めた者や大人しく降伏した者には比較的寛容でしたが、少しでも反抗の兆しが見えれば容赦しないというスタンスを持っていました。インド侵攻はそれが顕著になっていますね。

 

60代になっても老いてなお盛ん 戦場を駆け巡る

このころ既に60代になっていたティムールは、まだまだ「老いてなお盛ん」といったところ。
息子の一人ミーラーン・シャーからは「そろそろ引退しなよ(そして俺を後継者に指名しろ)」と言われたこともあったのですが、これをはねつけたために背かれています。
インド遠征から間もない頃でしたが、息子の領地が西アジア方面だったため、この反乱をきっかけに再び西方へ攻め込んでいきました。
心身ともにタフすぎる。

ティムールは進軍速度をあげるため、進路にある各都市へ降伏を勧めました。応じたところは血を流さずに済ませ、少しでも抵抗の兆しがあれば容赦なく攻略し、虐殺も行っています。
前者の例はホムス、後者の例はアレッポ(いずれも現在のシリア)です。
また、流言を使って敵の士気を削ぐ、和平と見せかけてだまし討ちなどの策も用いました。

さらに西方へ勢力を伸ばしていったティムールは、やはりオスマン帝国とも対立し、都市を奪ったり奪われたりという一進一退が続きます。
オスマン帝国によって滅ぼされた小国たちから助けを求められることもありました。ティムールはアナトリア半島を治める意思がなかったので、彼らに領地を返してやっています。
何のために戦争したんだかよくわからないですが、過程が目的だったのでしょうか。

また、この頃になるとヨーロッパの国々もティムールの存在を意識し始めています。
カスティーリャ王国(スペインの元になった国の一つ)やイングランド、フランス、東ローマ帝国などから親書が送られていたようです。

こうして大きく版図を広げたティムールでしたが、残念ながら、同時に不幸とも無縁ではいられませんでした。
1403年に、後継者と決めていた孫のムハンマド・スルタンに先立たれているのです。ティムールはだいぶ気落ちしたらしく、同じ年に一族へ領地を分配しています。なんで大国の君主って自ら領地分割してしまうん?(´・ω・`)

 

死を悟ったティムールは孫を後継者にすることを宣言

一方、1397年の末から明への遠征を計画していました。
その前に、孫であるピール・ムハンマドの結婚式を開き、国内の有力者とサマルカンドの全住民の前で後継者にすることを宣言しています。
実際にサマルカンドを出発したのは1404年なのですが、この間に明から朝貢を促す使者が来たことがありました。これを追い返しています。攻め込むつもりだったからそうしたのか、「ウチを下に見るなんぞ許せん!!」と思ったから遠征を始めたのか、どっちでしょうね。

しかし、天候悪化で行軍が遅れている間にティムールは病にかかってしまいます。
しかも、寒さでガタ落ちした兵の士気を上げるため、無理して宴会を開いて酒を飲み、起き上がることすら難しくなってしまいました。
死を悟ったティムールは、病床でもう一度ピール・ムハンマドを後継者にすることを宣言しています。が、ティムールが亡くなった後、他の王族たちは遺言に背き、自分が王位を継ぐべきと主張しあいました。遺言とは。
ピール・ムハンマドも軍の指揮を執れるくらいの能力はあるのだから、君主としての素質もあったはずなんですがねえ。

 

病没してから5日後、ティムールの遺体はサマルカンドのグーリ・アミール廟に葬られました。ここは青いレンガやモザイクの美しさで有名なところで、現在も観光地となっていますね。

ティムールが葬られたグーリ・アミール廟 photo by Ramón /Wikipediaより引用

 

呪いなんて信じないハズのソ連も……

墓といえば、ティムールの棺は二回暴かれたことがあります。
一度目は1740年のこと。イランの梟雄ナーディル・シャーがティムールに心酔しており、棺を持ち出そうとしたのだそうです。
いくら憧れてるからって、棺を持ち出して何をどうしようというのでしょうね……むしろ祟られそうですが。

二回目は、1941年のことです。
この頃中央アジアにはソ連が勢力を伸ばしていて、ソ連のチームによってティムールの棺が調査されました。なぜ第二次世界大戦真っ最中にそんなことを始めたのかは謎です。

その時の記録によると、ティムールの棺には「私が死の眠りから起きた時、世界は恐怖に見舞われるだろう」という言葉が刻まれていたそうです。が、そういうものを信じないのが当たり前のソ連。
お構いなしに棺の蓋を開けると、内側には「墓を暴いた者は、私よりも恐ろしい侵略者を解き放つ」という言葉があったのだとか。
その調査から2日後、ドイツがソ連侵攻(バルバロッサ作戦)を始めた……といわれています。バルバロッサ作戦の開始が1941年6月22日ですから、ティムールの棺を調査したのは同年6月20日ということでしょうか。

当初は圧されていたソ連軍でしたが、スターリングラード攻防戦で反撃をはじめる1942年11月に、ティムールの棺をイスラム式で埋葬し直したそうです。
ソ連政府や軍がこの手の迷信を本気で信じたとは思いにくいですが、「これでもう呪いは収まるはずだからキッチリ働け」と兵をけしかけるためにやったかもしれませんね。
呪いが実在するかどうかは例によって悪魔の証明ですし、出来過ぎた経緯ですが、ありえなくもなさそうです。

シェイクスピアの墓にも似たような文言があることで有名ですが、未だ発掘調査がされないのは、ティムールの例があるからなのかもしれません。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:ティムール/Wikipedia

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.