歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

平清盛/wikipediaより引用

飛鳥・奈良・平安時代 日本史オモシロ参考書 その日、歴史が動いた

平清盛が平安末期に絶大な権力を握れたのはナゼ? 院政と合わせて解説

更新日:

藤原道長が世を去った後、摂関家は血を繋げながらも、勢力は弱まっていきいきました。
代わって、平安末期にかけてはいくつかのカテゴリに分かれた有力者が出てきます。

まず地方に目を向けると、「開発領主」と呼ばれる地主のような有力者が台頭してきました。
彼らは元々朝廷から地方に任命された役人(郡司・郷司など)で、任地を開発したり、放棄されて荒れていた田畑を整備して、その土地を京の権力者(貴族や平家源氏)に寄進することで自らの地位と権力を保とうとしました。
これを寄進地系荘園といいます。

そして中央では摂関家に代わって院政が力を持つようになり、やがて武士が重用されると今度は平清盛が頂点に立つのであります。

詳しく見て参りましょう。

 

院政のメリットは実務と祭祀の担当を分けられること

平安末期に新しく登場する歴史の有力者。中央での代表は【治天の君】です。

言葉の意味としては「実際に政治を執り行う天皇・上皇・法皇」のことでして。
つまり【院政】と深く結びついている言葉です。

摂関家を外戚に持たなかった後三条天皇
その次代である白河天皇は、退位した後に院政を始めました。

後三条天皇が藤原道長一派(摂関家)の政権卍固めを取り崩す! そしてバトンは白河天皇へ

白河天皇は在位中から親政に積極的だったので、退位後もそれを続けようとしたのです。
現代の我々からすると「じゃあなんで退位するんだ?」とツッコミたくなりますね。

おそらく、白河天皇の脳裏には、前回お話した藤原道長と敦明親王のようなケースを防ぐ目的があったと思われます。
つまり、道長のように絶大な権力者が出てきた場合、既に皇太子が決まっていたとしても、時勢によっては引き下がらなければならない可能性がある……ということを回避したかったのではないでしょうか。

さすがに、現職の天皇を引きずり下ろすことはそうそうできません。
道長も三条天皇をイビリ続けて退位させてはいますが、それでも即座に……とは行っていませんからね。

となると、早めに退位して実権を握りつつ、現職の天皇の後ろ盾になる、という形が最善策ということになるわけです。

早めに退位するメリットとしては、「実務と祭祀の担当を分けられる」という点もあります。
現代でこそ「祭祀? なにそれ?」「オイノリして生活が保証されるなんていいよなw」なんて言う人もいますが、当時の祭祀は何よりも大事な仕事でした。

また、祭祀には現職の天皇でなければできないもの、女性天皇の場合は行わない(行えない)ものなど、細かい前提がついているものもあります。

とはいえ天皇も人間ですし、衛生環境や医学が整っていない時代では、過密スケジュールが命取りになりかねません。
そこで、政務は上皇・法皇が行い、祭祀を天皇が行う……という形が望ましいわけですね。

※2017年現在では、別の理由で譲位が行われることが決定していますが、その辺は記事執筆時点では不明です。
「古代では上記のような理由があったと思われる」ということでよろしくお願いしますm(_ _)m

 

スポンサーリンク

清盛のジッチャンが北面武士に任じられて

そしてもう一つの有力者が、これ以降、数百年に渡って日本史を担う【武士】です。

白河法皇は自分の足元を固めるべく、後に平清盛を輩出する伊勢平氏(平家)を味方につけました。
この頃は清盛の祖父・正盛が伊勢平氏の棟梁でした。

正盛は、自分の領地だった伊賀を白河法皇に献上したことで覚えがめでたくなり、【北面武士(ほくめんのぶし)】という役職に任じられています。

北面武士とは、その名の通り法皇の御所(院)の北側に詰めて、身辺警護をする武士のことです。
正盛以外の武士もいましたが、この役職についたことで平家の地位が上昇し始めたとみなされているため、切っても切れない単語です。

ついでに、伊勢平氏のことをもう少し詳しくお話しておきましょう。
◯◯平氏とか◆◆源氏って、たくさんあって「だから誰がどこの家なんだよ!」とこんがらがってしまいますので。

伊勢平氏は、桓武天皇から分かれた「桓武平氏」のうち、上総国に赴任した坂東平氏と呼ばれる一族からさらに枝分かれした家です。

この時点で既にややこしすぎますが、系図的にはこんな感じです↓

桓武平氏初代 葛原親王(かずらわらしんのう)

葛原親王の孫・平高望

高望の長男・平国香(くにか)

国香の長男・平貞盛

貞盛の四男・平維衡(これひら)

(三代略)

清盛の父・平忠盛

平清盛

また、国香の甥があの平将門なので、清盛と将門は遠い親戚ということになります。
将門は、関東のイメージが強いので意外かもしれませんが、維衡の代に伊勢へ移ったので「伊勢平氏」と呼んでいます。

当時、関東では源頼朝らの祖先にあたる河内源氏(一般的にいう“源氏”)が勢力を伸ばしており、伊勢平氏はその下につくことを嫌って西へ移ったのでした。

そして、河内源氏の一員である源義家が【前九年の役】と【後三年の役】のときに関東での地位を確立したのですが……これは朝廷にとっては警戒すべきことです。
関東で独自の勢力を作ったも同然ですからね。
また、河内源氏は元々藤原摂関家との繋がりもあったので、摂関家の勢力を削ぎたい皇室や他の貴族にとって、河内源氏の勢力拡大は望ましくないわけです。

こういった理由で、白河天皇以降、皇室や貴族は河内源氏の対抗馬として、伊勢平氏を引き立てるようになりました。

源氏と奥州清原氏のカンケーがややこしい「後三年の役」 スッキリ解説!【受験生必見】

 

白河法皇「賀茂川の水、双六の賽、山法師」

また、院政という政治形態も安定するようになります。

創始者である白河天皇(法皇)の権力は絶大なもので、人事権を掌握して摂関家を骨抜きにしました。
この頃の摂関家に、白河法皇に対抗できるほどの政治手腕を持った人物が出なかったともいえます。

そんな白河法皇でも、思い通りにならないとぼやいたのが有名な
「賀茂川の水、双六の賽(さい)、山法師」
です。
山法師とは、比叡山の僧侶のこと。詳しくは以下にあります比叡山延暦寺の記事をご覧ください。

この頃の比叡山は何か気に食わないことがあると「神のご意思が目に入らぬか!」と叫びながら神輿を物理的に担いで突撃していたので、流石の白河法皇も手を焼いていたのです。最澄が泣くぞ。

最澄が開いた比叡山延暦寺の【理想とバトル】 なんと織田信長の前に足利義教も細川政元も攻め込んでいた!

 

スポンサーリンク

保元の乱平治の乱で清盛大活躍→伊勢平氏の権力が拡大

しばし時が進み、白河上皇の孫である鳥羽天皇も上皇・法皇となって院政を敷きました。
そして鳥羽法皇の崩御後に、治天の君の座を巡って皇室・摂関家・平家・源氏が敵味方に分かれ、【保元の乱】が起きます。

これの余波で【平治の乱】が起き、伊勢平氏の権力が拡大しました。
伊勢平氏の代表者だった清盛が二つの乱で功績を挙げたからです。

保元の乱と平治の乱はとんでもなくややこしいので、また後日別個に取り扱いますね。
インパクトが強そうな点だけ挙げるとこんなんです↓

【先】保元の乱
後白河天皇 vs 崇徳上皇の兄弟ゲンカ
皇室内の大ゲンカ+摂関家の内部抗争に武士が巻き込まれた
崇徳上皇が怨霊になったきっかけの戦乱

【後】平治の乱
後白河天皇 vs 二条天皇親政派の親子ゲンカ
清盛がうまく立ち回って一人勝ち

ちなみに平治の乱は「平家が治めたからそう呼ばれた」……というわけではなく、元号がたまたま合致した、というデキ過ぎな話でもあります。
元号の「平治」は、中国の歴史書としてお馴染みの「史記」夏本紀(夏王朝の巻)にある「天下於是大平治」から来ているのだそうで。

受験対策的には「平家が治めた」と覚えたほうが漢字を間違えなくて済むかもしれませんね。明治以降は一人の天皇につき一つ(一世一元)ですけれども、江戸時代以前は不吉なことがあるたびに変わっていて、膨大な量ですから……。

 

対立関係を作らない清盛の手腕がバツグン

さて、この平治の乱以降、清盛は後白河上皇との結びつきを強めていきます。
清盛の正室(継室)・時子が、後白河上皇の第一皇子だった二条天皇の乳母を務めていたことがあるからです。いつの時代も、ツテがあると強いですよね。

しかし、乱になったくらいですから、二条天皇は父親の院政を嫌って親政をしています。
清盛が身の振り方を間違えれば、平治の乱の結果に納得いかなかった勢力がまた騒ぎかねません。

そこで清盛は、後白河上皇のために蓮華王院(通称:三十三間堂)を建造するなど配慮を見せ、どちらとも対立しないよう努力しました。
また、ときの関白・近衛基実に娘の盛子を嫁がせて、摂関家ともパイプを作っています。

八方美人といえなくもない方針ですが、伊勢平氏は元々の官位が高くなかったため、「対立関係を作らないこと」が重要だと考えたのでしょう。
源氏と比べて平家の仲間割れが少ないのも、そこから来ているのかもしれませんね。

清盛も藤原道長と同様に、娘を介して皇室に食い込んだために悪いイメージがつきがちですが、この辺の処世術は目を見張るものがあります。

その後、二条天皇が若くして亡くなり、その息子である六条天皇が即位しました。
後白河上皇にとっては孫ですから、このタイミングで院政再開をしたがります。

しかし、清盛はこれまでの付き合いから、後白河上皇を信用出来ないと考えていたようです。

 

スポンサーリンク

平家の荘園は500ヶ所を超え……

ただし、平家にとっては運の悪いことに、このタイミングで清盛が病にかかって出家してしまいました。

そこで後白河上皇は「清盛一人に政情の如何がかかっているのはまずい」と考え、六条天皇を退位させて自分の第七皇子である高倉天皇を位につけています。
後白河上皇からすると、孫を退位させて息子を即位させたことになるわけです。皇位継承順と世代がズレるのは珍しくはありませんが、この場合は何とも……。

清盛は体調が回復すると、日宋貿易の拡大と、かねてから懇意にしていた厳島神社の整備に取りかかり、政治からは一歩退くかに見えました。
この頃は、後白河上皇が出家する際に清盛も授戒するなどして、協調する意思を見せています。
その後もしばらく、清盛と後白河法皇の関係は良好でした。

しかし、平家の荘園が500ヶ所を超えるほどの勢力になると、後白河法皇らも無視できなくなります。

そして【鹿ヶ谷の陰謀】と呼ばれる会合が持たれましたが、密告されてあっけなく清盛にバレました。
当然、清盛はこの会合に関わった人々を処断します。しかしこの時点では、後白河法皇自身は罪に問いませんでした。
陰謀自体が清盛によるでっち上げともいわれていますし、法皇にまで手を付けることは得策ではないと思ったのでしょう。

ところが、です。
その二年後に清盛の娘で近衛基実に嫁いでいた盛子が亡くなると、徐々にきなくさい空気が強まります。
この時代、何よりも政争の歯止めになっていたのは婚姻関係でした。

逆に言えば、どこかの家で夫人が亡くなれば、必ずと言っていいほど何かが動くわけです。

 

後白河法皇に対してクーデターを決行!

盛子の死をきっかけに、後白河法皇は盛子の荘園を没収しました。
さらにその翌月、清盛の嫡男である重盛が亡くなると、重盛の領地だった越前を没収。ついでに、近衛家の家督にまで口を出しています。

これらは全て、清盛への相談や事前連絡無しでのことでした。
一つ二つなら清盛も不問にしたでしょうけれども、ここまで重なるとブチ切れるのも当然というものです。

近衛家の家督についてはまだしも、自分の娘や息子の領地を勝手にぶん取られて、頭に来ないわけがないですよね。いくら法皇とはいえ、これはやりすぎでした。

そして清盛は、後白河法皇に対するクーデターとして【治承三年の政変】を決行。
反平家の貴族を全てクビにして親平家派に切り替え、後白河法皇を鳥羽殿に幽閉して院政をやめさせ、高倉天皇と平家による政権を作りにかかります。

清盛自身は福原に引き上げているので、自分が権力を握るためというよりは、息子たちの立場を確立させたかったのかもしれません。
現代の道路だと福原~京都間は80km程度ですけれども、当時の交通事情からして、すぐに駆けつけるには少々距離がありますし。

しかし、後を任された清盛の息子・宗盛とその愉快な仲間たちは残念ながら政治手腕が欠けており、清盛が復帰せざるを得なくなりました。

清盛は政変のときに処罰した貴族の一部を復帰・懐柔してメンツを揃え、政治を執り行うようになります。

そして治承四年(1180年)、高倉天皇が清盛の娘・徳子との間にもうけた安徳天皇に譲位しました。

平清盛/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

以仁王の挙兵を機に各地の武士たちが立ち上がる

建前上は、高倉上皇の院政ということになっていました。
が、清盛を始めとした平家の傀儡政権であることは誰の目にも明らか。まして、平家の元の身分は決して高いものではありません。

となると、皇族・摂関家をはじめとした貴族・河内源氏の全てからやっかみを買うわけで。
これらの動きに対し、反平家勢力が少しずつ動き出しました。

まず、後白河法皇の皇子・以仁王(もちひとおう)が平家討伐を計画・実行します。
事前の根回し不足などにより、これはすぐ鎮圧されてしまいましたが、各地の武士や豪族が立ち上がるきっかけとなりました。

そして、平治の乱の戦後処理の際に関東へ追われていた源頼朝を中心として平家討伐が始まり、仲間割れなどのすったもんだをしながらも、ついに壇ノ浦で平家を滅ぼすのです。

頼朝は、自分の指示に従わない弟・義経や、それに味方する奥州藤原氏を滅ぼして足場を固めました。
頼朝と後白河法皇とはうまくやれていたわけではなく、頼朝が征夷大将軍に任じられたのも、後白河法皇が崩御した後のことです。

時代が移り変わるときに、以前の政権の中心人物がいるとうまくいかないものですしね。

この時期は政争や乱が多いので、文化面の発展はさほど大きなものではありませんでした。
受験生にとっては覚えるポイントが減っていいかもしれませんね。

「平家物語」や、鎌倉幕府の歴史書として有名な「大鏡」などのいわゆる「鏡物」と呼ばれる歴史物語や軍記物語は、概ねこの平安後期から出てきた形式です。

一方で後白河法皇が愛した今様という歌の形式や、鳥獣戯画(鳥獣人物戯画)など、愉快な芸術が生まれたのもこの時代でした。
人によってストレスの解消方法は異なる……ということが現れているのかもしれません。

三分割してもこんなに長い平安時代
全部読んでくださった方、大変お疲れ様でした。そしてありがとうございますm(_ _)m

次回からは、要所要所について、もう少し詳しいお話をしていきますね。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


参考:国史大辞典「平清盛」「平氏」「侍」

 



-飛鳥・奈良・平安時代, 日本史オモシロ参考書, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.