歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

北条高時/wikipediaより引用

鎌倉・室町時代 日本史オモシロ参考書 その日、歴史が動いた

北条高時の最期は「腹切りやぐら」で…鎌倉幕府滅亡のエピローグ

更新日:

鎌倉幕府はなぜ滅びてしまったのか?

一般的な歴史の授業では
元寇後に不満を持った武士たちが蜂起したから」
と習いますよね。

ヤル気満々の後醍醐天皇に始まり、新田義貞足利尊氏と言った主要キャラを思い浮かべることでしょう。

しかし、です。
2度目の元寇1281年から幕府滅亡1333年までの間には、単純に52年もの猶予があったワケです。
要は、その間の対応がマズかったから滅びたとも考えられるでしょう。

今回は、後に「腹切りやぐら」と呼ばれる場所で自害した北条高時の歴史を振り返ってみたいと思います。

 

記録の乱れは幕府の乱れ?

高時が生まれたのは、嘉元元年(1303年)のこと。

元寇が終わった後も幕府は九州の守りを固めていましたが、20年以上も経過したこの頃には
『さすがにもう来ないんじゃね?』
と考えていたことでしょう。

しかし、幕府内には別の面で不穏な空気が漂いつつありました。

恩賞を得られなかった西国武士の多くが、幕府や北条氏への反感を募らせていたのです。

そんな乱れた時代の影響でしょうか。
高時の代で、幕府や北条氏の公的な記録がテキトーになってくる――という傾向が見てとれるようになりました。

例えば、重要であるはずの元服の様子ですら、ハッキリした記録が残っていません。

延慶二年(1309年)に元服式を行ったことはわかっていますが、それ以外はサッパリ。
父である貞時のときも似たような状況ながら、多少の記述はあったのです。

それがほぼ完全にないのですから、やはりおかしな状況でしょう。

 

スポンサーリンク

父の貞時同様、将軍から偏諱を受けておらず

ときの将軍は、これまた鎌倉幕府最後となった守邦親王です。
慣例に従えば、将軍に烏帽子親を務めてもらい、名前に一文字もらう(偏諱)のが順当なところ。

しかし、これまた父の貞時同様、高時は偏諱を受けていません。

北条貞時/wikipediaより引用

祖父に当たる北条時宗(元寇のときの権力者)の時代以前なら
「北条氏の権勢ゆえに、お飾りの将軍の権威や面子を無視しても問題ない」
と考えることもできました。

が、高時の時代はそうとは言い切れません。

ここで多少、将軍=皇族を敬う姿勢を見せるなり何なりしておけば、幕府や北条氏の延命くらいはできたかも……その意味があるかどうかはさておき。

北条氏に仕える「御内人(幕府に仕えるのが御家人)」の面々も、そこには気付かなかったのでしょうか。
長い時間、専制を続けてきたせいで油断が生まれ、体面や体裁を忘れてしまっていたのかもしれません。

「高」の字はよく使われるものですし、北条氏の祖先とされる平高望(高望王)からもらったもの、と考えれば、それはそれで筋が通りますが……。
実際、こちらの説を支持されている学者さんもいらっしゃるようです。

 

あっちこっちで執権職がたらい回し

そんなこんなで何だかあやふやに大人扱いされるようになった高時でしたが、ゆっくりもしていられませんでした。

応長元年(1311年)、父・貞時が亡くなったのです。

家督を継いで九代得宗(北条氏本家の当主)になったのとはいえ、年齢は満8歳。
執権という重職を遂行するのは、とてもじゃないけど不可能です。

亡き父・貞時は、正安三年(1301年)に一応執権職は退いておりましたが、高時の成長を待ちながら、親戚のあっちこっちで執権職をたらい回しにしておりました。
中には、貞時と政治的に敵対していた人もいたほどです。

まぁ、この頃は、御内人の権力が強い時期でもあったので、執権職であっても将軍同様に形骸化しつつあったのですが……。

先日の貞時記事でも触れましたが、彼は今際の際に、御内人・長崎円喜(ながさきえんき)や、御家人・安達時顕(あだちときあき)など、代表格の配下に対し、
「高時を守り立ててくれ」
というようなことを言い遺して亡くなったといわれています。

もしかしたら執権についてはどうでもよく、息子が無事に育つことだけを考えていたのかもしれません。
せめて健康に育てば、後は本人の頭脳と後ろ盾次第で、どうとでもなりますからね。

 

スポンサーリンク

政務より仏教に興味あり!?

父の死後5年が経った正和五年(1316年)、高時はようやく十五代執権となりました。

北条時政(1203-1205年)
北条義時(1205-1224年)
北条泰時(1224-1242年)
④北条経時(1242-1246年)
北条時頼(1246-1256年)
北条長時(1256-1264年)
⑦北条政村(1264-1268年)
⑧北条時宗(1268-1284年)
⑨北条貞時(1284-1301年)父
⑩北条師時(1301-1311年)たらい回し始
⑪北条宗宣(1311-1312年)
⑫北条煕時(1312-1315年)
⑬北条基時(1315-1316年)たらい回し終
⑭北条高時(1316-1326年)←今日の主役
⑮北条貞顕(1326-1326年)
⑯北条守時(1326-1333年)
※( )内は在職期間です

この頃には御内人も世代交代しており、円喜の嫡男・長崎高資(たかすけ)が中心となって政務を行っていました。

中継ぎだった三人の執権が御内人に押されてしまっていたのを見て育ったためか、高時はあまり政務に興味を持たなかったようです。
高資が頼りになりすぎたんですかね。

その代わり……といっていいのかどうかビミョーですが、高時には仏僧との逸話がいくつか伝わっています。

例えば、日蓮の弟子・日朗に
「ウチで他の宗派と問答してみろ」
と命じ、【鎌倉殿中問答】を執り行いました。

日朗もこの時点で73歳という高齢だったため、その弟子の日印に任せられてます。

日蓮/wikipediaより引用

問答は文保二年(1318年)12月から、元応元年(1319年)9月までという、なかなかの長期間にわたって実施。

最終的に、日印が他宗派の僧侶をことごとく論破したため、鎌倉幕府は日蓮宗の布教を公的に認めたといわれています。
ちょっと前までは日蓮やその弟子たちが流罪になっていたのですから、かなりの躍進ぶりです。

この問答の記録は、日印の弟子・日静(にちじょう)がつけていました。
他の記録にこの問答のことが記述されていないというあたりに、少々怪しさも漂いますが……。

まあ、鎌倉幕府自体の記録がテキトーになっていた頃ですから、他の記録が乏しくても仕方のないところではあります。
日蓮宗にとっては、自分たちの宗旨をアピールしたり、後世に「だからウチはスゴイし正しいんだよ!」と伝える一代チャンスだったでしょうから、きちんと記録するのも当然ですね。

 

東北で安藤氏の乱が勃発

一方で、物騒な出来事もありました。
元亨二年(1322年)頃に【安藤氏の乱】あるいは【蝦夷大乱】と呼ばれる戦が東北で起きていたのです。

遡るほど半世紀近く前の文永五年(1268年)、津軽の地で代官の安藤氏がブッコロされました。

年号を見てお察しの通り、日本が元の驚異に晒されていた頃。
やはり記録が乏しく詳細は不明ながら、北方へも元から何らかの圧迫が加えてられていたようです。

実際、樺太あたりでは、元軍の襲撃を受けたアイヌもいたとか。

しかし、蝦夷(えぞ)と呼ばれる東北~北海道の人々には、鎌倉幕府の事情や元=モンゴルの驚異についての情報などほとんどありません。

それなのに、代官が
「なんかヤベーことになりそうだから、戦のために税をもっと払え!」
と言われたそうで。

蝦夷の人々がブチ切れ、安藤氏を襲撃した……というところのようです。
まぁ、そりゃ、いきなり税を要求されてもワケワカメですしね。

また、文保二年(1318年)あたりには、代官である安藤又太郎と、いとこの安藤五郎三郎の対立が激化、さらに出羽で蝦夷が蜂起するという、上も下もドッタンバッタン大騒ぎ(マイルドな表現)状態になりました。

 

スポンサーリンク

病気を理由に出家って……

安藤氏の内紛については、幕府もほうっておくわけに行かず、北条氏によって裁きが下されることになります。

この時点で、実権を握っていたのは御内人筆頭の長崎高資。
彼が真面目に仕事をしてくれればよかったのですけれども、なんと高資は、又太郎と五郎三郎の両方から賄賂を受け取るというウルトラCの手腕(笑えない)を披露してくれました。

当然のことながら余計に話がこじれ、蝦夷の蜂起は勢いを増すばかり。
代官をすげ替えても自体は収まらず、何年も戦が続きました。

幕府から宇都宮高貞などが差し向けられ、事がやっと収まったのは、実に嘉暦三年(1328年)のこと。
鎌倉幕府が倒れる、わずか五年前です。

史料が少ないこともあって、この時代の蝦夷のことはほとんど語られません。

しかし、そもそも幕府とは、東国を支配する名前を冠した征夷大将軍がトップの組織です。
それが蝦夷の人々や彼らの住まう地域を治められない……というのは、かなりマズイ事態のはずでした。

公家の日記に、乱のことを記したものがなさそうなので、上方にはあまり伝わっていなかったのかもしれません。
が、数代に渡る頻繁な執権職交代とやる気のなさ、御内人の専横ぶりは目に余ったことでしょう。

しかもです。
肝心の北条高時が、病気を理由に出家してしまっていました。
それが嘉暦元年(1326年)。
1322年頃に始まった蝦夷の乱が、まだまだ治まる前のことです。

ついでにいうと、京都では大覚寺統・持明院統のどちらが皇位を継ぐかで揉めに揉め、幕府にも意見を尋ねる使者が来ていた頃です。

このタイミングでの出家となると、
「ワタシに乱や皇位継承問題をまとめる力はありましぇーん! 責任を取るつもりも(ry」
と言っているも同然。

小さい頃から病がちではあったようですが、ここまでの間に大病をしたという記録もないので、風邪をひきやすい・こじらせやすいタイプみたいな感じだったんですかね。

 

突然の出家だったため、定番のお家騒動起きる

さらに厄介なことも起きています。
高時が23歳の若さで出家してしまったため、後継者を巡って騒動が起こるのです。

長崎氏が高時の息子・北条邦時を推し、安達氏は高時の弟・北条泰家を推挙。
どちらもすぐには引っ込まず、結果【嘉暦の騒動】というお家騒動に発展しました。

高時の息子・邦時は、この時点でまだ生後一年にも満たない乳幼児だったんですけどね。
清州会議で豊臣秀吉が担ぎ上げたときの三法師(織田秀信)が数えで3才ですから、それよりも若い。

安達氏のプッシュした泰家は、生年は不明ながら、少なくとも20代にはなっていたと思われます。

さすがに長崎氏も邦時をすぐ執権にしろとはいわず、連署を務めていた北条貞顕を中継ぎとして推していました。
彼は、北条実時(北条時宗の師)の息子であり、連署=執権の女房役を務めていたため、実務能力なども考えると最適な人物と言えるかもしれません。

そして貞顕が中継ぎの執権になることが決まったのですが、嫡流を自認する泰家はこれに不満タラタラ。

「あんな傍流のヤツに執権職を奪われるとは一生の恥!
こうなったら出家してやる!!」(超訳)
と、頭を丸めてしまうのです。

しかも、側の人々が続いたものですから、さあ大変、って、ナンダコレ。

一時は「泰家は腹の虫が収まらず、貞顕を(ピー)しようとしている」という噂まで流れたといいます。
「気に入らないからブッコロス」って、それ一番やっちゃいけないパターンやで(というか、鎌倉時代にはこれが何度も……)。

 

スポンサーリンク

鎌倉のドタバタに乗じ京都でも倒幕計画

貞顕は身の危険を感じ、自ら執権辞任と出家を長崎氏に申し出。
あっさり許可が出て、貞顕はわずか10日で執権職から退いています。

ですが、出家した泰家が返り咲くというのも不格好な話ではあります。

血筋の近い順に候補者が政界から去ってしまったせいで、中継ぎ役にすら困る状態になってしまいました。

逡巡の末、引付衆(裁判担当の人たち・出世コースでもあった)の筆頭だった北条守時が適任と考えられ、十六代執権に決まります。
彼は第六代執権・北条長時のひ孫で、一族内での序列も高かったため、やっと騒動は収まりました。

ついでにいうと、高時が出家&引退する二年前の元亨四年(1324年)に、京都で【正中の変】という討幕計画騒ぎが起きていました。

簡単にいうと
「後醍醐天皇が鎌倉幕府を倒す計画を立てていたが、事前に幕府側にバレ、首謀者が処分された」
という事件です。

後醍醐天皇/wikipediaより引用

このときは事前に六波羅探題が察知し、討幕軍に加わるべく密かに上洛していた武士を討てたので、後醍醐天皇自身への処罰はありませんでした。
しかし、そんな計画が立てられる事自体、幕府が揺らいでいる証拠でもあります。

後醍醐天皇は「中継ぎ」としての役割しか期待されていなかったため、宮中からも幕府からも「早く退位してくださいよ^^」(※イメージです)と圧迫されており、対抗しようとした……なんて理由もありますが。

 

新田義貞に攻め込まれ一族ほとんど自害する

もはや止められなくなった時代の変化。
元弘元年(1331年)には、楠木正成が後醍醐天皇について挙兵しました。

さすがにこのときは幕府も、後醍醐天皇の強い関与を疑い、隠岐島への流罪にします。

が、タフな後醍醐天皇は、一年もせずに脱走。
西国での討幕勢力はとどまるところを知らず、討幕軍を防ぐために派遣した足利尊氏(高氏)に寝返られ、新田義貞に鎌倉へ攻め込まれ、高時をはじめとした北条一族のほとんどが自害することになってしまうのです、アワワワワ。

その場所は、現代に至るまで「腹切りやぐら」として伝えられています。

東勝寺跡奧にある腹切りやぐら/photo by Tarourashima wikipediaより引用

どうしてこうなった\(^o^)/
と、冷静に考えてみますと、
「高時が大人になってからもマトモに仕事しようとしなかったため、幕府の寿命が縮んだ」
と言えなくもないでしょう。

ただ……。太平記では「北条氏に従って殉死した者が6000人あまりいた」と書いておりまして。

例によって盛られた数字である可能性が高いものの、
「末期の北条氏にも、死出の供をしてくれる家臣が多々いた」
というところは、後世の我々も認識して良いのではないでしょうか。

まぁ、「生き延びたところで落ち武者狩りに遭うか、処刑されるかのどっちかだから、その前に自ら死を選んだ」という人もいたでしょうけど。

 

後醍醐天皇が尊氏に命じて宝戒寺を建立

何度も討幕を邪魔された割に、最後はあっさり倒幕。

その後、後醍醐天皇は尊氏に命じて、腹切りやぐら(東勝寺跡付近)の近くに「宝戒寺」というお寺を作らせています。

高時らの供養のためで、この場所は初代執権・義時以来、北条氏の屋敷があった場所でした。

地図を見ていただくとわかりやすいかと思うのですが、ここから腹切りやぐらまではほんの5分程度の距離です(以下の地図、上から鶴岡八幡宮→宝戒寺→東勝寺跡)。

鎌倉が義貞の軍によって攻略されたとき、高時と北条一族はこの道をどんな面持ちで歩いていたのでしょう。

さて、鎌倉時代の歴史的な流れについては、これでおおよそお話しできました。
次回から少々、文化史や仏教など、「受験生イヤイヤ」な部分もみていきましょう。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


参考:国史大辞典「北条高時」 北条高時/wikipedia

 

織田信長 武田信玄 真田幸村(信繁) 伊達政宗 徳川家康 豊臣秀吉 毛利元就 




×

-鎌倉・室町時代, 日本史オモシロ参考書, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.