歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

鎌倉・室町時代 日本史オモシロ参考書 その日、歴史が動いた

鎌倉観光は「兵どもの夢の跡ベスト9」がオススメ!鎌倉武士の最期に思いを馳せて

投稿日:

「夏草や 兵どもが 夢の跡」

ご存知、江戸期の俳人・松尾芭蕉が、平泉で詠んだ俳句ですね。
奥州藤原氏の栄華を偲んだもので、歴史や古文にあまり興味のない方でも、一度は聞いたことがおありでしょう。

しかし、兵どもの夢は、なにも平泉だけではありません。

古都として有名なところ、つまりは古くから栄え、権力を巡って争いが起きたところでは、多くの町に彼らの記憶が眠っています。

関東でも屈指の夢の跡が【鎌倉】。

既に修学旅行や校外学習、あるいはランチなども絡めた鎌倉観光を楽しんだ方も多いかと思いますが、今回は鎌倉武士の「最期」に思いを馳せながら、各所を巡り歩いてみました。

お墓の写真はありませんので、そういうのが苦手な方も安心してお読みいただける仕様になっております。

え?
片手落ち?
いやー、お墓の写真を撮るのは何かこう生理的に……ぶっちゃけ怖いんです(´・ω・`)

 

1-2 白旗神社&源頼朝の墓&法華堂跡

鎌倉には「白旗神社」という名前の神社が二つあります。

一つは鶴岡八幡宮の東の端にあり、頼朝とその息子・源実朝が共に合祀されているところです。
江戸時代までは別々の社があったそうで、明治に入ってから合祀したのだとか。

本殿の東側の静かな一角で、近くに鎌倉国宝館があります。併せて訪れるのもよさそうです。
この日は残念ながら展示替えのため休館でした。

近くには、明治~昭和の実業家・菅礼之助氏の句が立て札に掲げてありました。

もう一つの白旗神社は、ここから徒歩10分ほどの位置にあります。

こちらは頼朝存命中に鎌倉幕府があったところとされていて、まず神社があり、横の階段を登ると頼朝のお墓が据えられています。
階段が結構急なので、行かれる方はご注意ください。

他の武将の墓と違うのは、脇に添えられているこれでしょうか。

これは、頼朝の同母弟・希義(源義朝の五男)のお墓から分けられた土と石です。
希義も頼朝と同じように平治の乱の戦後処理で流罪となり、土佐(現・高知県高知市介良)に流されていました。

それから20年近く経って頼朝が挙兵したとき、希義も関東へ向かおうとしましたが、平重盛(清盛の長男)に察知されて討ち死にしてしまった……という、範頼や義経とはまた違った悲劇の人です。

琳猷上人という僧侶が希義の遺体を引き取って供養し、後日頼朝にそのことを伝えると、頼朝は涙していたとか。
やはり同母弟で年も近かっただけに、再会したいという願いも強かったのでしょうね……(´;ω;`)ブワッ

希義の墓周辺にはお寺があったそうなです。

しかし、近世に至るまでに寂れ、明治時代の廃仏毀釈運動で廃寺となったとのこと。
お墓だけは長らく「”伝”希義の墓」として残っていたのを、1995年に有志の方々によって「兄弟を再会させてあげよう」と、お互いの墓の土と石が交換されたのだそうです。ええ話や。

また、頼朝の墓の右手には小さな空き地があります。

階段下のこの看板からすると、宝治合戦で追い詰められた有力御家人・三浦氏の最期の地と思われます。

三浦氏は進退窮まった末、
「頼朝公にお詫びして腹を切ろう」
と、一族揃って頼朝の墓前の法華堂にやってきた……といわれていますから。

 

スポンサーリンク

3 法華堂跡・北条義時の墓

頼朝のお墓から徒歩2~3分ほどのところにあります。
こちらも「法華堂跡」なのでややこしいところです。

現在はまっさらな空地になっており、遺構のいの字も見当たりません……が、左手の崖に北条義時のものといわれているお墓があります。

「やぐら」と呼ばれる、鎌倉独特の形式のものです。
内部がかなり暗いので、踏み込まないと全容がわかりません。

ざっくりいうと「ちょっと横穴を掘って墓石を置く」というものです。
鎌倉にしかないと思われていましたが、1990年代になって房総半島からも大量に見つかりました。

鎌倉時代まではちょこちょこ作られていたそうで、室町時代以降に廃れていったと考えられています。

当時は装飾されていたり、扉がつけられていたと思われるものもあるようです。
扉は外されたか朽ち果ててしまい、被葬者がわからなくなっているものがほとんどだとか。

釈迦堂口切通し(現在崩落の危険があるため通行禁止)の壁面にも、誰のものかわからないやぐらが多数あるそうです。
また、戦時中あたりまでは子供の遊び場になったり、防空壕代わりになったりしていたとか。
いろんな意味で恐ろしいですね。

やぐらについては、つい最近鎌倉市と中国が共同研究を始める方向で動き出したとか。
何でも、中国の石窟文化との類似点がうかがえるそうで、近いうちに進展があるかもしれません。

詳しくは以下のニュースサイトをご覧ください。

[中世の横穴式墳墓「やぐら」の実態解明へ 鎌倉市と中国が共同研究 - 産経ニュース]

このすぐそばに、次に挙げる二人のものといわれているお墓があります。

 

4-5 大江広元・島津忠久の墓

大江広元と島津忠久は頼朝の側近です。
広元は戦国大名として有名な毛利家の祖先、忠久は島津家の祖先といわれています。

大江広元→毛利
島津忠久→島津

階段がめっちゃ急&一段の幅がとてつもなく狭いので、上りたい方はそれなりの筋力と覚悟が必要です。
どのぐらい狭いかというと、こんな感じ↓

この靴はサイズ24.5cmです。
かかとが石段から数センチはみだしているのがおわかりいただけるかと……。

アンコールワット周辺の遺跡群やミャンマーのパガン遺跡群も、急な階段で、しかもその幅が以上に狭かったりして恐怖ですが、それと似た感覚といえばおわかりでしょうか……って、余計にわかりづらいですかね、サーセン。

足のサイズが大きめの方は、横歩きしたほうがいいかもしれません。つま先立ちだと危ないですからね。

向かって左が大江広元、右が島津忠久のお墓に続いています。
なぜ大江家側のお墓だけ鳥居があって、島津家側にはないのか不思議でなりません……壊れたん?

 

スポンサーリンク

6-7 東勝寺跡&高時腹切りやぐら

鎌倉幕府終焉の地ともいえる場所です。

東勝寺跡は法華堂跡と同様、現在更地になっていて立ち入り禁止。
フェンスで囲われているのを外から見ることしかできません。

ただ、よく見ると、奥の方にはやぐらと思われる穴があります。

腹切りやぐらも、原則立ち入り禁止です。

この写真の左手に義時の墓と同じ形状の墓が見えるのですが、そこに行くまでの道が獣道よりかすかな道筋のため、物理的に危険だからだと思われます。

しかも「霊処浄域につき参拝以外の立入禁」の札付きで、いかにも……という空気。
700年近く続く怨念だとしたらスゴイ話ですね。

この横の道が祇園山ハイキングコースになっているので、足腰と準備に自信のある方はそちらを通るのも一興かと。

 

8 妙本寺&比企一族の墓・源一幡の墓

ここを訪れた時、ちょうど僧侶の方が修学旅行の学生さん方に解説をなさっているところだったので、境内の写真が撮れませんでした(´・ω・`) すみません。

比企家は鎌倉幕府二代将軍・源頼家の妻の実家です。
比企能員の乱で敗北し、一族まるごとこの地で討ち死にしたといわれています。

その後、頼家も北条氏に(ピー)されてしまい、源一幡は頼家の遺児です。

このとき、比企氏唯一の生き残りとなったのが比企能本(よしもと)でした。

彼はまだほんの幼児だったために除名され、後に京都で出家し、日蓮に出会います。
そして「この方なら、私の一族の供養をしてくださる」と思い、実家だったこの地を日蓮に寄進したのが始まりだそうです。

……なのですが、日蓮像が綺麗なのに対し、比企一族の墓と一幡の墓はかなり苔むしていて、文字が読めない状態になってしまっていました。
雰囲気があっていいんでしょうけれども、鎌倉は各地の史跡に必ず文字が読めるような石碑があるので、悪目立ちするというかなんというか。

そもそも、日蓮は頼家の時代よりずっと後の人なので、その間に比企一族や一幡を弔ってやろうとした人が誰もいなかったという時点で……ですが。「北条氏に目をつけられそうだから」という理由も大きいでしょうけれど。

 

スポンサーリンク

9 由比ヶ浜

近隣の方々の憩いの地だったり、サーフィン・海水浴ができる浜辺として有名ですが、歴史的にいえば源義経と静御前の息子や、和田義盛が悲しい最期を迎えた地でもあります。
数百年経っていますし、天災も何度か起きていますから、現在と当時の海岸線は違うでしょうけれどね。

この日はとても良く晴れた日で、空も海も美しく撮ることができました。
それだけに歴史を知っていると一層、「夢の跡」という気がします。

室町時代の記事で扱う予定ですが、鎌倉や由比ヶ浜周辺は、鎌倉幕府が滅びた後もたびたび戦場になりました。
そのためか、由比ヶ浜近隣では今でも、いつぞやの戦死者と思しき人骨が発見されることがあるそうで。

もしそれらしきものを見つけた場合は、慌てず騒がず近くの交番へ行くのがベストでしょうね。

……と、こんな感じで、鎌倉には「最期の地」がたくさんあります。

注意すべき点としては、ほとんどの場所が住宅街のド真ん中かそれに近いところにあるので、訪れる際は近隣の方の迷惑にならないように……というところでしょうか。
学校のすぐ側を通ることもあります。

また、鎌倉は緑が多いだけに虫(特に蜂)も多く、春~夏は薄手の長袖や虫除けの準備をしたほうが良いでしょう。
私は気付いたら三回ほど服や手に虫が止まってました。

鎌倉といえば鶴岡八幡宮や銭洗弁財天、鎌倉大仏あたりが人気かと思いますが、ときにはこんな周遊もいかがでしょうか。




スポンサーリンク


長月 七紀・記

 



-鎌倉・室町時代, 日本史オモシロ参考書, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.