歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

光孝天皇/wikipediaより引用

飛鳥・奈良・平安時代 その日、歴史が動いた

光孝天皇~55歳で即位し関白制度を作る 藤原氏に頭上がらず

更新日:

平均寿命が延びたことや戦争が減ったことにより。
現代の王様はシニア層になってからの即位が珍しくありません。

日本では、昭和天皇が歴代最長の在位年数だったため、今上陛下も57歳になってから即位され、そして85歳の今、その座をお譲りします。
次に天皇になられる皇太子徳仁親王は59歳になってからの即位。奇遇にも本日2月23日生まれとなります。

実は高齢での即位は、過去にも例がないワケではありません。

例えば平安時代の元慶八年(884年)2月23日に即位した光孝天皇(こうこう)は当時55歳。
どうしてそんな歳での即位となったのか?
当時の事情を見てみましょう。

 

乱暴だから退位させたら次の候補が不在でゴザル

これは本人がどうたらというより、当時の朝廷内のいざこざに原因がありました。

ときの帝は陽成天皇という方。
言動が粗暴だということで無理やり退位させられたところ、次の天皇にふさわしい人物が若い世代にいないという衝撃の事実が明らかになったのです。
なぜ先に決めておかなかった……。

厳密に言えば陽成天皇の子女はいたのですが、まさかそういう理由で退位させた人の子供を位につけるわけにもいきませんしね。
ちなみに陽成天皇の素行が悪かったというのもアヤシイ点が多々あるのですが、それはまた改めて。

そしてしらみつぶしに探した結果、品行・能力共に適任と思われたのが当時、時康親王と名乗っていた光孝天皇でした。

上記の通り即位したとき55歳ですから、この時代の平均寿命を考えれば棺桶に片足突っ込んでるようなお年です。

ご本人はそれがわかっているのかいないのか。政治的な配慮からか。

自らの子孫に皇統を移すつもりはなかったと宣言するかのように、子女全てを臣籍降下させます。
皇族ではなくし、皇位の継承権を放棄させたんですね。

結局、後で適当な人物が見当たらず、一人だけ皇族に戻して次の天皇にしております。

それが源定省、のちの宇多天皇。
こうしたゴタゴタが結果的に藤原家の権力をさらに強化させることにも繋がるのですが、その詳細は別の機会にあらためて。

 

スポンサーリンク

関白を事実上創設

陽成天皇を退位させた藤原基経(もとつね)との関係は良好……というよりも、自分を推してくれたことに対し感謝していたようで、実質上の関白にあたる職へ任じています。

基経もこの時点で50歳近かったのですが、光孝天皇よりも長生きしていますので、これは大正解でした。

また、親王時代は生活が苦しかったらしく、即位してからも当時の苦労を忘れまい、と昔焦がしてしまった台所をそのままにさせておいたとか。

ずっと後の時代ですが、肥後の鳳凰こと細川重賢にも似たエピソードがありますね。
台所じゃなくて”若い頃にした借金の札をずっと持っていた”というものですけども。

 

百人一首15番に採用

親王時代に詠んだ「君がため 春の野に出でて 若菜摘む 我が衣手に 雪は降りつつ」という歌は、もしかすると本当にお手ずから若菜を摘まなくてはいけないほど生活が苦しかったことの表れなのかもしれません。さすがにないか。

若菜摘みは新しい草の力=生命力にあやかるという意味があるので、験かつぎにご自身でやった可能性もなくはないですけども。

この歌は百人一首15番にも採られていますし、天皇の御製にしては言葉遣いや技巧も少なく、そのままでもわかりやすいのでご記憶の方も多そうですね。

かるただと50番の「君がため 惜しからざりし 命さへ 長くもがなと 思ひけるかな」と混同しやすいので、ある意味恨まれている歌でもありますがね。
「君がため」の後が「は」か「お」かでわかりますが、よく知られた手なのでそれでも負けるときは負けますし。

 

スポンサーリンク

和琴や乗馬、弓もお得意

歌の他にも和琴や乗馬、弓がお得意だったようで。

一度途絶えていた鷹狩りを復活させたりもしています。
即位時のお年を考えると本当に元気なお方ですね。

どうでもいいですが、容姿も「閑雅」=しとやかで優雅である、と記録されているので、「地味系だけどよく見たらイケメン」みたいな感じだったのですかね。
人柄の良さや教養がにじみ出たものでしょうか。今で言えばナイスミドルか”ロマンスグレーの紳士”かそのあたりですかね。

伊能忠敬などもそうですが、この”50代半ば”というのは、何か新しいことをやるのに良い時期なのかもしれません。

昔はいざ知らず、現代人であればまだ体力が衰えきっているとまでではないですし、それでいて経験は豊かにあり、分別もある頃合ですからね。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


【参考】
国史大辞典
光孝天皇/wikipedia

 



-飛鳥・奈良・平安時代, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.