延暦寺根本中堂/photo by 663highland wikipediaより引用

鎌倉・室町時代 寺社・風習 その日、歴史が動いた

比叡山延暦寺の理想と実績、ガチバトル!信長の前に足利も細川も攻め込んだ

更新日:

弘仁十四年(823年)2月26日は、嵯峨天皇の勅許により比叡山寺が寺号を「延暦寺」と改めた日です。

おそらく大多数の方が「最澄が開いて織田信長に焼かれたお寺」というイメージだと思うのですが、歴史あるお寺ですから、もちろん特筆すべきことはもっとたくさんあります。

ぶっちゃけ言えば、信長の前にもガンガン攻め込まれています。
そして、その理由もあります。

本日は、日本史の中でもひときわ強い存在感を放つ比叡山延暦寺の沿革をみていきましょう。

 

最澄「僧侶を育てたい」 奈良の寺「ダメー!」

延暦寺の大元は、開祖の最澄が20歳頃に作った草庵です。
その二年後、オオモノヌシ(大物主大神)を招き、もともと比叡山で信仰されていたオオヤマクイノカミ(大山咋神)とともに祀り、小さな寺院を建立したのが正式な開基とされています。

ときの天皇だった桓武天皇が最澄に帰依したこと、京から見れば北東=鬼門であることから「国家鎮護」を担う道場として栄えていくことになりました。

そして最澄が唐に渡り、大陸の仏教を学んで持ち帰ります。
最澄は天台宗を開くと共に、「延暦寺で大陸の仏教に関することを教え、優れた僧侶を育てて日本各地の民衆を救いたい」と考えるようになりました。

最澄/wikipediaより引用

しかし、当時の僧侶養成は奈良の東大寺、筑紫(現・福岡県)の観世音寺、下野(現・栃木県)の薬師寺しかできないことになっていました。
勝手に僧侶を養成してはいけなかったのです。

教育できる権利を「大乗戒壇」というのですが、最澄はこれを延暦寺に認めてもらおうと頑張ります。

結果、奈良から大ブーイングを受けたため、最澄の生前には叶いませんでした。
ときの年号をとった「延暦寺」の寺号と、大乗戒壇の許しが出たのは最澄入寂(にゅうじゃく・僧侶が亡くなること)後のことです。

 

鎌倉仏教の開祖たちは大半が延暦寺で学んでる

その後は最澄の願い通り、延暦寺は優れた僧侶を数多く輩出しました。

最澄の実質的な後継者といえる円仁(慈覚大師)・円珍(智証大師)をはじめ、いわゆる「鎌倉仏教」を開いた僧侶のほとんどが延暦寺で学んだ人です。
日本史の暗記ポイントの一つなので、ついでにまとめておきましょうか。

【鎌倉仏教の宗派ザックリまとめ】

法然浄土宗
→「南無阿弥陀仏」を唱えれば皆成仏できるよ!

栄西-臨済宗
→正しい祈祷をすることが救われる道だよ!

道元曹洞宗
→座禅で雑念を払うことこそが救いの道さ!

・親鸞-浄土真宗
→悪人も成仏できるから仏様を信じようぜ!(悪人正機説)

日蓮日蓮宗
→「南無妙法蓮華経」を唱えれば皆ハッピー!(唱えないとどうなるかわかってるよな^^)

例によってだいぶ誇張していますが、だいたいこんな感じです。
鎌倉仏教としては「踊り念仏」で有名な時宗の開祖・一遍がいますね。

 

初めておみくじを作ったのも延暦寺!?

この他に、延暦寺関連で有名な著作を残した人としてはこの二人がいます。

・慈円
→歴史書「愚管抄」を書いた人

・唯円
→仏教書「歎異抄」を書いたっぽい人

慈円は親鸞の弟子であって延暦寺で学んではいなさそうですし、歎異抄の作者は唯円以外の説もあるのですが、一か所にまとまってると覚えやすいかと思うので、ついでに書いてみました。
その他の著書や主要な寺院については、各自必要に応じてググる先生や教科書にお尋ねください。

ちょっと変わったところだと、おみくじを初めて作ったといわれている人が延暦寺のトップ(=天台宗で一番エラい人を“天台座主”と言います)だったりします。
平安時代の良源という人で、慈恵大師・元三大師という大師号から「厄除け大師」とも呼ばれています。
こちらのほうが有名ですかね。

さて、話を延暦寺へ戻しましょう。

 

円仁と円珍の仲間割れ そして武装化は進む

こんな感じで名僧を育て上げた延暦寺は、次第によからぬ傾向も現れ始めました。

最澄の弟子だった円仁派と円珍派が仲間割れしてしまった上に、実力行使のために武装化を図っていくのです。
彼らはやがて僧兵となり、延暦寺の性格を大きく変えてしまいました。

もちろん真面目に修行や学問に励んでいた僧侶もいたのですが……。

琵琶湖から見た比叡山/photo by Rock.jazz.cafe wikipediaより引用

最澄が亡くなって200年ほど後には、当時、実質的な権力を握っていた白河法皇からも疎んじがられます。

「賀茂川の水と、双六の賽、そして山法師だけは私にもどうにもできない」(意訳)
と言われたんですね。

なんせこの頃の延暦寺の僧侶はひどかった。
気に入らないことがあると文字通り神輿(みこし)を担いで突撃してきて、自分たちの要求を押し通すのです。

武力をほとんど持たない朝廷としては機嫌を取るより他にナシ。
水戸黄門の印籠みたいなもので「神仏の意向が目に入らぬか!!」というわけでした。この時点で仏罰不可避のヨカーン。

数多の名僧を輩出すると同時に、武装化が進んでいたというのは、なんとも摩訶不思議ですね。

 

足利将軍だけでなく有力武家の細川も凸!

こうして延暦寺は八坂神社や北野天満宮などの著名な神社、さらには鴨川の西岸までをシマを拡大。
朝廷に対する不入権(使者の立ち入りを拒否する権利)まで得て、まるで外国の大使館のような状態になっていきました。

平家政権時代にも、延暦寺が絡んでいたと思しき事件はちらほらあります。
しかし、武家でさえ(一応)はばかる「朝廷すら屁の河童♪」という態度の延暦寺ですから、彼等と真っ向から戦おうとする人は長らく現れません。

そんな中で、延暦寺と戦った人が意外にも室町幕府から現れました。

六代将軍の足利義教です。

足利義教/wikipediaより引用

義教は「くじ引き将軍」という不名誉な二つ名で有名ですが、失われつつあった幕府の威光を取り戻すため、いろいろなことをやっていました。
その一環として、延暦寺を何とかしようとしたのです。

実は、義教自身が将軍になる以前は、延暦寺のトップ(天台座主)だったので、
「元上司の言うことなら、さすがに素直に従うだろう」
と考えたのかもしれません。

が、そううまくはいきませんでした。
武力対決になった上に山ごと焼くわ、主要人物の首をはねるわ、その抗議のために延暦寺で焼身自殺をする僧侶が二十四人も出るわ……。

そんなこんなで、さらに延暦寺の武装化が進んでしまい、勢力を削ぐことはできませんでした。

天下争乱の「応仁の乱」が起きたときも、攻め込んだ武将がいます。
管領家の一人・細川政元です。

結局、政元も抜本的解決を図ることはできず、延暦寺もさらなる防備という名の武装化を進めたことでしょう。

そしてその次に対決したのが、皆さんご存知の織田信長です。
一体どんな顛末だったのでしょうか。

 

武装解除を事前に3回も促した信長はむしろ優しい?

「信長+延暦寺=全山焼き討ち・老若男女皆殺し」
そんなイメージがあると思います。

が、義教や政元の手口を知ると、むしろ事前に三回も武装解除を勧めていた信長が優しく見えてきますね。

信長の比叡山攻めについては以前も取り上げているので、よろしければこちらもどうぞ。

えっ、信長は比叡山を焼いてない!? 比叡山延暦寺焼き討ち事件の真相とは?

& ...

続きを見る

信長の焼き討ちについては、
「京都からでも比叡山が焼かれるのが見えた」
という記録があることから、残虐なイメージがより際立っているのでしょう。

しかし、延暦寺と御所を中心とした市内って、むしろ「何かあったときに見えないほうがおかしい」距離なんですよね。

現代なら車で一時間もかかりませんし、直線距離なら10kmくらい。
しかも比叡山のほうが高い位置にあるので、延暦寺である程度火が出れば、京の街中から見えるのは当然という気もします。

おそらく義教のときも政元のときも見えていたでしょう。

 

皮肉なことに戊辰戦争では寛永寺が焼かれ

ともかくこの事件で徹底的にやられた延暦寺は、本来の役目である学問と信仰に立ち返ります。

建物については豊臣秀吉徳川家康、そして江戸時代に入ってからは三代将軍・徳川家光によって再建。
幕府が江戸に置かれたことや、天海によって上野に「東叡山」を称する寛永寺ができたことによって、しばらくの間、歴史の表舞台から遠ざかります。

そのおかげで戊辰戦争でも焼かれずに済みました。
寛永寺は上野戦争でほとんど焼けてしまっているので、皮肉なものです。

昭和三十一年(1956年)、重要文化財だった建物が全焼するという災難に見舞われながらも、近年では他宗教(仏教・キリスト教・イスラム教・ヒンドゥー教・シーク教・儒教)とのサミットを行うなど、新たな役割を自認するようになりました。

また、平成六年(1994年)には「古都京都の文化財」として他の寺社などとまとめて世界遺産に認定され、文化的な存在感を強めています。

さすがにもう武装勢力化する可能性も必要性もないでしょう。
このまま最澄が思い描いていたであろう姿を保っていただきたいですね。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
延暦寺/wikipedia

 



-鎌倉・室町時代, 寺社・風習, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.