織田信秀/絵・富永商太

織田家 その日、歴史が動いた

織田信秀(信長の父ちゃん)は財テク名人で似た者親子!道三や義元相手に大暴れ

更新日:

なんだかんだ言って
【とんびが鷹を生む】
という例って少ないですよね。

歴史を見ると元々デキる親から優秀な子供が生まれるケースの方が多いようで、例えば戦国時代を代表するアノ親子もそう。

天文二十年(1551年)3月3日、織田信秀が亡くなりました。姓名からご推察できる通り織田信長のお父ちゃんです。

息子があまりにもインパクト強いので忘れられがちですが、コアな戦国ファンの間では
「親父の土台がなかったら信長もキツかったんじゃね?」
といわれることが多いようで。

ただいま連載中の『信長公記』でも、ちょいちょい登場しております。

今回は織田信秀の功績・人柄等に注目してみましょう。

 

信長祖父の信定時代から財テクが効いた

信長の名前が大きすぎるため、まず誤解されがちなこと。
実は信秀の一族は、織田家の本筋ではありません。

本家は守護代(室町時代の役職の一つ)を受け継いでいる”織田大和守家”で、信秀が生まれたのは分家筋の”織田弾正忠家”です。

17歳で父親の生前に家督を継いでいるので、信秀は若い頃からデキる奴と思われていたのでしょう。

23歳の頃には名古屋城(当時は”那古屋”城)を奪って本拠とし、現在の地名で言えば同じ名古屋市内に古渡城や末森城などを築いてたびたび引っ越しておりました。

よくそんなお金と人手があったものですが、これは信秀の父・信定(信長にとっては祖父)時代からの財テクが効いています。
信定は門前町である津島の地に目をつけ、ここを手に入れて莫大な利益を得ていました。

門前町というのは、その名の通りお寺や神社の前の町。
神社の場合は”社前町”ともいいます。

参拝客を相手に、いろいろな商人が集まり、その評判でまた人の往来が増し、賑わっていくパターンが多いですね。
現代の感覚でいえば、観光地みたいなものでしょうか。

津島の場合は川が近いこともあり、水運も盛んでしたので、当時の尾張基準ではかなりの賑わいだったと思われます。

領国経営にしろ戦にしろ外交にしろ、お金がなければ始まりません。
信秀・信長が生まれた勝幡城も、津島で得た利益を元に信定が建てたものでした。

 

スポンサーリンク

寺社や将軍とのお付き合い

さらに、信秀自身もこれまた門前町である熱田を手に入れて、さらに財源を得ました。
元々は弱小である織田弾正忠家が、本家・主君である織田大和守家や周辺の大名に対抗していくために「金」という武器を手に入れたわけです。

漫画作品などで信長が「永楽通宝」の旗を使ったことがクローズアップされたりしますが、父の代からそこを重要視していたのですね。

といっても、お金で無理やり傭兵を雇うとか、そういう意味での乱暴はしていません。
朝廷へ伊勢神宮などに修繕費用を出して、主君を飛び越えて中央に顔を売っていくのです。

信秀が行ったとされる献金をざっとまとめますと。

・天文十年(1541年)
伊勢外宮に銭七百貫文献上

・天文十二年(1543年)
「内裏築地修理料」として四千貫文を献上

・天文十六年(1547年)
禅居庵摩利支天堂(京都市東山区・建仁寺の塔頭寺院)を再建
※天文十一年(1536年)の「天文法華の乱」で焼失していたもの


こんな感じになります。

延暦寺と日蓮宗のしょーもないガチバトル「天文法華の乱」で京都の街は大焼失

さらに信秀は、ときの将軍・足利義輝にも拝謁。

こうして信秀は、いつしか本家よりもよく知られた存在になっていくのです。

剣豪将軍と呼ばれた足利義輝/wikipediaより引用

何せ前述の通り、この時期、荒れに荒れていた朝廷にお金を出しているので感謝のされようがハンパなく、大和守家どころか、その主君である尾張守護の「斯波家」よりも高い位をもらっているほどです。

「信長の父ちゃんが凄い」と言われる理由がご理解いただけるでしょう。

 

公家との交流もマメにこなし

また、信秀はお金だけでなく、きちんと公家と交流して、信頼関係を築く努力もしていました。
話が少々前後してしまいますが、ご勘弁を。

家督相続から数年後の天文元年(1532年)、主君である織田達勝や、同輩にあたる小田井城の織田藤左衛門と、信秀は争っていました。
その講和のため、天文二年(1533年)に公家の飛鳥井雅綱(あすかい まさつな)を招いたことがあります。

飛鳥井家は先祖・難波頼輔が蹴鞠の名手だったことから、代々蹴鞠をお家芸とする公家です。
現代でも、飛鳥井家の屋敷跡に白峯神宮が作られ、蹴鞠から転じてサッカー、そして球技やスポーツ全般にご利益があるとして信仰を集めていますね。

このときの客人の一人であり、この後も信秀や信長と深く交流する山科言継(やましな ときつぐ)の日記『言継卿記』によると、信秀はまず7月8日に勝幡城で蹴鞠会を開き、7月27日には清州城でも連日蹴鞠会を行っていたのだとか。
見物人も数百はいたそうなので、当時としては結構盛り上がって楽しい見世物だったのでしょう。

となると、庶民としては
「こんな楽しいものを見せてくださる信秀様はいい方だ」
と思うわけです。

 

スポンサーリンク

信長が使った「勅命による講和」

人心を得られれば、巡り巡って商売も戦もしやすくなっていきます。

また、皇室にパイプを作れば、いざというときに「勅命による講和」を引き出すことも不可能ではありません。信秀自身はこの手を使ったことはないのですが、信長が後々何度か用いていますね。
信秀にどの程度、皇室や公家を重んじる気持ちがあったのかはわかりませんが、そうした深謀遠慮があったことは間違いないかと。

ちなみに、信秀が公家との交流を深め始めたのと、信長が生まれたのはほぼ同時期にあたります。
※信長は天文三年(1534年)5月生まれ

それまでも側室の子(織田信広など)はいましたが、正室との子が生まれるのに合わせて、信秀は次世代のことを考えるようになっていたのかもしれません。
「早めに次世代のことを考えて備える」あたりも、信長と似通ったところがあります。

山科言継としても、朝廷の財政難を救うためにわざわざ地方周りをしていた人なので、信秀のようにきちんとした扱いと献金をしてくれる大名の存在は、ありがたかったでしょう。
信長の時代になっても、言継とのお付き合いは続いています。

 

三河の松平へ攻め込んだり、美濃の蝮とやりあったり

八面六臂な信秀の有り余るパワーは、さらに拡大していきます。

弟達に城を与えたりしながら、培った戦力を織田の本家や主君・斯波家の乗っ取りに向かうのではなく、他の地域へ向けました。
この辺がエライというかうまいというか。

後々、信長の時代に織田大和守家vs斯波家のイザコザが起きたとき、偶然他の場所にいて助かった斯波家のお坊ちゃんが、信長のところへ逃げてきています。

信長はこのお坊ちゃんこと斯波義銀をお神輿にして、また戦略を練っていきました。




スポンサーリンク


もしトーチャンの時代に斯波家ともめていたら、この展開はなかったでしょう。
※続きは次ページへ

次のページへ >



-織田家, その日、歴史が動いた
-, , ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.