歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

織田信秀/絵・富永商太

織田家 その日、歴史が動いた

織田信秀(信長の父ちゃん)ってどんな人?斎藤道三や今川義元を相手に大暴れ

更新日:

なんだかんだ言って
【とんびが鷹を生む】
という例って少ないですよね。

歴史を見ると元々デキる親から優秀な子供が生まれるケースの方が多いようで、例えば戦国時代を代表するアノ親子もそう。

天文二十年(1551年)3月3日、織田信秀が亡くなりました。姓名からご推察できる通り織田信長のお父ちゃんです。

息子があまりにもインパクト強いので忘れられがちですが、コアな戦国ファンの間では
「親父の土台がなかったら信長もキツかったんじゃね?」
といわれることが多いようで。

ただいま連載中の『信長公記』でも、ちょいちょい登場しております。

織田信秀に注目してみましょう。

 

17歳で家督を継ぎ、足利将軍にも拝謁

信長の名前が大きすぎるため、まず誤解されがちなこと。
実は信秀の一族は、織田家の本筋ではありません。

本家は守護代(室町時代の役職の一つ)を受け継いでいて、信秀が生まれたのは分家筋です。

17歳で父親の生前に家督を継いでいるので、信秀は若い頃からデキる奴と思われていたのでしょう。

23歳の頃には名古屋城(当時は”那古屋”城)を奪って本拠とし、現在の地名で言えば同じ名古屋市内に古渡城や末森城などを築いてたびたび引っ越しておりました。

よくそんなお金と人手があったものですが、この上さらに朝廷や伊勢神宮などの寺社にも献金をしています。
トーチャンの財テクぱねえ。

ときの将軍・足利義輝にも拝謁。

剣豪将軍と呼ばれた足利義輝/wikipediaより引用

お金と顔を両方売って、いつしか本家よりもよく知られた存在になっていくのでした。

何せ前述の通り、この時期、荒れに荒れていた朝廷にお金を出しているので感謝のされようがハンパなく、織田本家だけでなく、その主君である「斯波家」よりも高い位をもらっているほどです。
父ちゃんが凄いと言われるゆえんがご理解いただけるでしょう。

 

スポンサーリンク

三河の松平へ攻め込んだり、美濃の蝮とやりあったり

信秀の有り余るパワーは、さらに拡大していきます。

弟達に城を与えたりしながら、培った戦力を織田の本家や主君・斯波家の乗っ取りに向かうのではなく、他の地域へ向けました。
この辺がエライというかうまいというか。

お隣・三河で松平清康(徳川家康の祖父)が不慮の死を遂げる『森山崩れ』という事件が起き、その隙をつくため三河に攻め込みます。

家康の祖父・松平清康/wikipediaより引用

しかし、そのことで「東海一の弓取り(武士)」こと今川義元と真っ向kから対立することになりました。

それだけではありません。
お隣・美濃では「蝮」と呼ばれる斎藤道三が下克上を成功させており、新たな敵となりました。

織田家の尾張から見て美濃は北になりますが、こちらでは城を取ったり取られたり一進一退が続くようになります。

その上、家中では長男をうつけ呼ばわりして、アレコレ良からぬことを企み始める輩が出始めるわ、身内の反乱が起きるわ。

信秀にしてみれば、まさに内憂外患といった状況に陥っていきます。
まぁ、半分くらいは自分で種蒔いてる気がしますが。

 

「斎藤家の姫をもらって和睦の道を開け!」

織田家は、東に位置する今川家にも押され始め、何とかして打開を図らねばなりませんでした。

そこで信秀が「信長の爺や」こと平手政秀に命じたのが、
【斎藤家の姫をもらって和睦の道を開け!】
というものです。

要は、縁談ですね。
じいやの頑張りによってこれがうまくいき、斎藤道三の娘・濃姫が信長の元に嫁いでくると、ひとまず美濃方面は片付きました。

斎藤道三/wikipediaより引用

しかし同じ手は今川家に使えず、攻めあぐねていたところ信秀は流行り病で亡くなってしまうのです。

一説には40過ぎてなお、昼も夜もお盛んだったために命を縮めたともいわれますが、はてさてどうだったやら。
確認されているだけで信秀には20人以上の子供がいますので、あながち「ナイナイ(ヾノ・∀・`)」とも言い切れませんね。

なお、信秀の葬儀で「信長が焼香を投げつけた」という有名なエピソードがありますが、これまた『信長公記』に記されていますので、よろしければ以下の記事をご参照ください。

焼香投げつけ、政秀自害~戦国初心者にも超わかる『信長公記』第9話

 

スポンサーリンク

生きていれば天下を目指したのか?

信長の父である信秀は、天下を意識していたのか?

これは想像でしかありませんが、もしも生前、信長に家督を継承させ、そのまま桶狭間まで時代が進んでいたとしたら、少なからず考えたのではないでしょうか。

いったんは揉めた斎藤家と和睦を。
今川家には戦と外交手段を使い分けて対応している様子は、単なる暴れん坊ではない姿を彷彿とさせます。

評判の高い弟(織田信行)ではなく、信長の器を見抜き跡継ぎにしていれば、親子で事にあたった可能性もおありでしょう。

「船頭多くして船山に登る」という考え方もありますが、合理的な性格の信長でしたら、信秀もまたそういう性質であったことが考えられ、なかなか楽しい親子コラボになった気がします。

まぁ、完全に妄想ですけどね。
しかし、戦国好きにはたまらない酒の肴ですよね。

長月 七紀・記

織田信長49年の生涯をスッキリ解説・年表付き!意外に優しき信長の素顔とは?




スポンサーリンク


【参考】
国史大辞典
信長公記
織田信秀/wikipedia

 



-織田家, その日、歴史が動いた
-, , ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.