歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

源為朝/wikipediaより引用

源平 その日、歴史が動いた

源平時代の最強武士は源為朝でOK?身躯2m超・暴れん坊の豪快伝説とは

投稿日:

嘉応二年(1170年)3月6日は、源為朝(ためとも)が自害したとされる日です。

名字でわかる通り源氏の一員で、しかも源頼朝源義経兄弟には叔父に当たる人物です。

それがなぜ?
1170年という早い段階で、自ら命を絶つことになったのか(生年は1139年)。

見て参りましょう。

 

五人がかりで引くような強弓を一人で使いこなす

為朝は、頼朝たちの父・源義朝の弟にあたります。

この人はまず、外見的に大きな特徴をもっていました。
なんと身長2mを超す大男だったのです。

真偽の程はともかく背丈は相当大きかったのでしょう。顔立ちは「切れ上がった目の男」だったといいますから、戦場でも鬼のように目立ったハズです。

彼も武士ですから、ただ単に身体がデカイだけで名を残したわけではありません。
五人がかりで引くような強弓を一人で使いこなすほどの豪腕で、左腕が右腕より12cmも長かったとか。

テニスをやっている人は利き腕が長くなるというから、そんなに強い弓ならなおさらでしょうね。

 

スポンサーリンク

父・為義に疎まれて……13才で勘当だと!?

しかし、この恵まれた体格や膂力は、父である源為義にも脅威に映りました。
為朝は13歳の時、勘当されて九州に追放されてしまいます。この辺具体的な記録がないようなのですが、いったい何をしたんですかね。

追放されておとなしくなるかと思いきや、今度は「鎮西総追捕使」を自称し、九州の豪族に隅から隅までケンカを売って、しかも勝ってしまうという暴れぶり。

経緯はともかく、九州を平定したのはスゴイですよね……。
戦国時代ですと、父に勘当されて九州も含めて全国を転々とした水野勝成徳川家康のイトコ)が思い出されるでしょうか。

これだけ聞くととんでもない暴れん坊ですが、その一方で、佐賀県の黒髪山にはこんな伝説があります。

この山には角が七本ある大蛇が潜んでいて、あるとき為朝がこれを退治したのだそうです。
退治した証拠として、為朝は大蛇の鱗を三枚剥がして牛に運ばせたが、鱗があまりにも大きく重かったため、牛が行き倒れて死んでしまいました。
牛を哀れんだ為朝は、牛を手厚く葬ってやり、その場所が現在「牛津」という地名で呼ばれている所だ……というものです。

例によって、この伝説そのままのできごとがあったかどうかはわかりませんが、為朝にも優しい面があったということでしょうね。そういうことだと思っておきましょう。

 

保元の乱では父・為義と共に崇徳上皇方につく

ともかくこの暴れぶりが問題にならないわけがなく、豪族たちから朝廷に訴えが出て「言いたいことがあるなら出頭しな^^」(超訳)と命じられてしまいます。これにはおとなしく従いました。

崇徳上皇vs後白河天皇の争いである保元の乱のときも、父・為義とともに崇徳上皇方についているので、しばらく上方にいたと思われます。

一方、長兄である義朝は後白河天皇方につきました。
兄弟で対立するのは源氏のお家芸なのか……とツッコミたいところですが、関が原と同じく、保元の乱は一族の中で敵味方に分かれた人が多かった戦なので、このときばかりは源氏だけともいえません。

為朝は豪腕を生かして守りにつき、軍議でも「九州での経験上、夜襲が最も効果的だと思います」と積極的に意見を奏上しました。

しかし、同じ上皇方のお偉いさんである左大臣・藤原頼長に「夜襲なんて野蛮すぎwww 国を巡る戦いでそんなことできるわけないっしょw 興福寺の僧兵が加勢してくれるって話だから、合流までおとなしく待ってろ」(超訳)と言われてボツになってしまいました。

 

スポンサーリンク

あの清盛も「どんなバケモノだ!」と震え上がる

果たして、崇徳上皇と頼長がこもる白河北殿に義朝が夜襲を仕掛けてきます。

公家たちは慌てて為朝の機嫌を取り、対処してもらうために官位を与えようとしますが、為朝ははねつけました。
それでいて武働きはちゃんとしていて、ぶっとい矢で敵を打ち抜いてビビらせています。

その矢を天皇方が持ち帰ると、清盛は「こんな矢を放てる為朝とはどんなバケモノなのだ」と震え上がったとか。
後々怖いもの知らずな言動をする清盛も、この頃はそんな可愛げがあったんですね。

平清盛/wikipediaより引用

その嫡子・平重盛は奮起して戦いを望んだのですが、清盛が必死に止めたのだとか。他の人は為朝に挑んで見事返り討ちに遭っているので、清盛の判断は正しかったといえます。

為朝は、自分の元部下で義朝についた鎌田政清も、容赦なく斬り込みをかけて追い返しました。

 

兄・義朝の兜を狙って弓を放つ

政清は逃げ帰って義朝に救援を頼みます。
義朝は戦況を聞き、「馬上なら関東の武士が上手(うわて)のはず」と意気込んで、騎兵200を率いて弟と戦いました。

このときの言い合いがいろんな意味で面白いです。

義朝「陛下の勅命があるから退散しろ」
為朝「こちらは院宣を受けているのだ」
義朝「兄に弓を引くか」
為朝「父(為義)に弓を引いているのは兄上だ」

まさに「ああ言えばこう言う」状態。源氏って……(´・ω・`)

二回も言い返されて義朝も辟易したらしく、そこでいったん口喧嘩は終わりましたが、数で劣る為朝軍は次第に押され始めます。そこで頭である義朝を威嚇しようと考え、為朝は義朝の兜を狙って弓を放ちました。

矢は見事兜に刺さりますが、義朝はひるみません。
ここでも義朝は「噂通り乱暴なやつだ」と罵り、為朝は「お望みとあらば、もう一度どこにでも当ててみせましょう」と挑発し返したそうで。子供かっ!

口では為朝が勝ちました。
しかし、後白河天皇に火攻めの許可を得た義朝は火をかけ、白河北殿は大炎上。上皇方は大混乱に陥り、武士たちも散り散りになります。上皇と頼長が脱出できたのは不幸中の幸い……と言っていいんですかね。

為義は息子たちとともに東国で再挙しようとも考えたそうですが、諦めて頭を丸め、降伏を選びます。長男の情けに賭けたようなのですが、その期待はあえなく裏切られました。




スポンサーリンク


一方、為朝は「いや、兄上は自分たちを助けようなんて思わないだろう」と主張していたんですけどね。

次のページへ >



-源平, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.