古代オリンピック

古代オリンピックの想像図(1915年作)/wikipediaより引用

世界史

虫あり酒あり動物の血あり!古代オリンピックは観客も選手も超絶タフネス

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
古代オリンピック
をクリックお願いします。

 

オリーブオイルなしじゃ入浴できない!?

オリーブオイルと聞いて、皆さんは何だと思いますか?

食材というのが一般的な答えになりますよね。

同じ質問を古代ギリシャ人にしたら、全然違う答えが返ってきます。

「入浴に欠かせないよなァ」

「スキンケアに必要でしょ」

現代日本でもオリーブオイルのスキンケア用品がありますが、古代ギリシャの使いっぷりの前ではガキの使い状態。

オリンピック選手の入浴でも、オリーブオイルは欠かせません。

練習で汗を流した選手たちが向かう浴室には、ライオンの頭の形をした蛇口がズラリ。シャワーのように、高い所から流れる水もあります。

ここでまず、髪の毛や全身にすり込むのがオリーブオイルです。

石鹸のかわりに、アルカリ性の粉や灰など「洗うための粉」もすり込みます。

オイルとすり込んだ粉を、ストリギルまたはストレンギスという三角形のヘラでこすり落とすのです。

オリーブオイル抽出用の古代ギリシャ式石臼/wikipediaより引用

こうしてこすり落としたあとは、香料入りのオリーブオイルを、マッサージ師によって全身にすり込んでもらいます。

つまり、オリーブオイルはシャンプーとボディソープ、マッサージオイルを混ぜたようなものでした。

古代オリンピックの選手たちは、汗とオリーブオイルにまみれていたのです。

 

会場は動物の内臓まみれだった!?

古代オリンピックは、スポーツの祭典だけではなく宗教儀式でもありました。

そうなると、神に犠牲を捧げる儀式も開催されるのです。

捧げられたものといえば動物です。オリンピックの会場には、生贄のためのたくさんの牛が列を作って入場してきました。

神殿の祭司が、ゼウスはじめ神像の前で、こうした動物を解体してゆくのです。

オリュンピアのゼウス神殿跡/photo by Roccuz wikipediaより引用

スポーツ会場で動物が大量に解体されるのですから、現代人からすればびっくり仰天。

蠅を追い払うための礼拝も開催されたといいますが、そもそも動物が解体されるならば、そりゃあ蠅も大量に湧くことでしょう。

地面には血が流れ、内臓まみれとなったオリンピック会場。しかし観客は、楽しみにしていました。

「やったぜ、肉が食える!」

庶民にとって肉は高級グルメです。犠牲となった動物の肉は、宴会で観客にふるまわれたのですから、ありがたいものでした。

観客たちは肉を味わい、大いに騒ぎました。

スポーツと肉食ありの宴会があるのですから、ハマる人はハマったことがよくわかりますね。

 

美青年の汗と血! 熱愛のギムナシオン

現代のオリンピックでは、選手村で避妊具が配布されることがあります。

これは古代オリンピックと照らし合わせても、大いにアリの伝統。

観客側の下半身事情からしますと、彼らがどやどやとワインを飲んで騒いでいる横で、娼婦たちも大勢商売のチャンスを待ち受けておりました。

しかし、彼女らにとっても中々厳しい環境であったようで。汗で化粧が剥げてしまったり、稼ぎ時とはいえ、なかなか辛いものでした。

選手たちにとっても、オリンピックはロマンスを得る場所です。

「性欲にかられると運動競技に悪影響がある!」

そう主張し、犬の交尾すら見ないようにする選手も中にはおりました。

しかし、これはあくまで少数派。

当時のスポーツ選手は、全裸で競技をしていました。しかも、古代ギリシャでは若い男性を愛することこそ神聖な愛と考えられていたのです。

古代オリンピック選手は全裸でした/wikipediaより引用

そんな古代ギリシャで、若くて健康、筋肉の引き締まった選手が、ギムナシオン(競技場)に群がるのですから、これはもうたまらないものがあったのです。

古代オリンピック選手は、走る時も全裸です。

何も起きないはずが、ない。

選手とのロマンスを夢見て、ギムナシオンに出入りする美少年たちも出没しておりました。

「幸せな恋人たちはギムナシオンで汗を流し、帰宅すると美しい恋人とぐっすりと安眠する」

そう詩人が表現するほど、ギムナシオンは熱愛の場になりました。

レスラーが競い合うレスリング、殴られて血を流すボクシング競技は、悶える美青年好きを悩殺しまくったようです。

古代オリンピック。

それは流れる選手の汗や血に身もだえし、

「美しいッ、辛抱たまらん!」

と、詩人が悶絶した句を残す場でもあったのです。

いかがでしょうか。

現代人からすれば過酷な観戦状況、動物の内臓まみれという、驚くべき古代オリンピック。

しかし、スポーツ観戦や屋外での飲酒飲食の楽しみ、スポーツ観戦大好き派の情熱は変わりませんよね。

スポーツ観戦は、昔から楽しいものであったのですね。

あわせて読みたい関連記事

カーリングの歴史
カーリングっていつどう生まれた?実は500年の歴史を持つ紳士の競技

続きを見る

スケートの歴史
最初は動物の骨で滑っていたスケート 実は3000年もの歴史あり

続きを見る

ボブスレー・リュージュ・スケルトンの歴史
ボブスレー・リュージュ・スケルトンの歴史~その始まりはスイスから

続きを見る

幻の東京五輪(1940年東京オリンピック)
なぜ幻の東京五輪(1940年東京オリンピック)は中止に追い込まれた?

続きを見る

朝ドラ『エール』モデル古関裕而(こせきゆうじ) 激動の作曲家人生80年

続きを見る

嘉納治五郎
日本柔道の祖・嘉納治五郎がオリンピックに賭けた情熱 77年の生涯

続きを見る

文:小檜山青

【参考文献】
トニー・ペロテット『驚異の古代オリンピック』(→amazon
結城和香子『オリンピック物語―古代ギリシャから現代まで (中公新書ラクレ)』(→amazon

TOPページへ

 



-世界史
-,