歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

秦檜を描いた小説の挿絵/wikipediaより引用

中国

秦檜と岳飛の評価は変わる? 南宋と金を結んだ政治家は売国奴か、それとも平和主義者か

更新日:

日本史でも世界史でも。
歴史には取扱の難しい人物というのがおりまして。

存命中、あるいは長いこと最低最悪の人物だと評価されていたのが、再評価されたり。
反対に、英雄視されていた行動が今の基準で考えるとテロ行為になってしまったり。

中国史であれば、それに該当するのが南宋の秦檜(しんかい)岳飛(がくひ)ではないでしょうか。

売国奴として唾棄されてきた秦檜は、今の基準で考えたら最善の妥協案を取ったと思われるふしがあります。
一方で愛国将軍・岳飛は、理想主義で無謀な策を採っており、必ずしも讃美できかねる人物ではないと評価の下方修正されたり。

この二人は、政治状況で評価が変わる、取扱注意人物なのであります。

 

疑惑の帰還「生きとったんかワレ!」

1126年、宋に激震が走りました。
女真族の金が宋に侵攻し、徽宗、欽宗以下皇帝の一族が、満州へと連れ去られてしまったのです。

これ以降、華北を失った宋では、残された人々が南に移り、難を逃れた高宗が即位。
南宋が始まります。
同事件は「靖康の変」と呼ばれました。

満州へ連れ去られたのは皇族だけではありませんでした。
金相手に時に強硬策も辞さない、御史中丞の秦檜も、王夫人ともども北へ連行されてしまったのです。

時は流れて1130年。
その秦檜と王夫人が突如、南宋に帰還します。

「生きとったんかワレ!」
南宋の人々はびっくり仰天。

戻った秦檜の言い分はこうです。
「いやぁ、やむなく金の将軍・撻懶(ダラン)に仕えてたんですけどね、南に遠征するっていうんで一緒に来たんですわ。で、これなら戻れそうだと思って、見張りの者を殺して、妻ともども逃げて来たわけですよ~」

えっ、ホントに? そんなうまい話あるの?
当時の人々も当然疑いました。

 

スポンサーリンク

帰るや否や皇帝に和睦を勧め始めまして

秦檜の友人が頑張って弁護したため、高宗に面会できることになりました。

そこで秦檜はこう切り出します。

「陛下、天下で大事なのは平和ですよ。南は南、北は北。勝ち目のない戦はもうやめて、和睦に尽くそうではありませんか」

これを聞いて周囲の人々は驚きました。
かつては金に強硬策をとっていたのに、なんという変わりようでしょう。

どうやら秦檜は撻懶と裏で手を組んでいたようなのです。
撻懶も南進の限界を感じており、互いにこのあたりで手を打とうとしたのでしょう。
現実的な策ではあります。

捕らわれている間、金の軍事力をじっくりと目の当たりにした秦檜は、到底勝ち目はない、和睦こそ国のためだと痛感したに違いありません。
高宗は、秦檜の和睦案に心が傾いてゆきました。

秦檜は、自分をかばってくれた友人までをも追い落とし、宰相の座に就きます。
権力欲がそうさせたのか、権力にしっかりとしがみついてでも和睦したい気持ちがそうさせたのか。

なんと19年も宰相をつとめるのですから、実力はあったのでしょう。

 

「中興四将」が目障りに

当時、南宋には四人の名将がいました。

・岳飛
・張俊
・韓世忠
・劉光世

中興四将(左から岳飛・張俊・韓世忠・劉光世 ※弓を持っているのは従者)/wikipediaより引用

貧しい出自からのし上がり、自ら集めた義勇軍を率い、果敢に金軍と戦う彼らの人気は絶大なものがありました。武功も素晴らしいものがあります。

しかし、だからこそ目障りということもあるのです。
和平策を目指す秦檜にとって、好戦的な四将は邪魔者です。

1140年、ついに秦檜の悲願である金との和睦が目前に迫りました。
そうなれば四将がともかくうるさい。

劉光世は病死していました。
張俊は秦檜の意見に理解を示しています。
韓世忠もやむを得ないと妥協しそうな気配です。

しかし、最後の一人の岳飛は別です。

岳飛/wikipediaより引用

秦檜はそこで岳飛とその養子である岳雲の罪を捏造して、謀叛の罪で死罪に追い込みました。
四将の一人である張俊も、この捏造に一枚噛んでいたとされます。

韓世忠はあまりのことにショックを受け、「一体岳飛が何をしたのですか?」と秦檜に問い糾します。

彼は一言だけ返事しました。
「莫須有(あったかもしれない)」
「たった三文字で、天下の人々が納得するとお思いか!」

韓世忠はそう怒りをぶつけると、以降、政治からも軍事からも一切手を引き、世捨て人になってしまうのでした。

こうして岳飛父子の命と、多額の賠償金を引き換えに、南宋は金と和睦を結びました。

そのあと死に至るまで、秦檜は政敵を排除し、自らを悪く書いた文書は廃棄し続けます。
子孫は歴史文書管理係につけ、彼のしたことを隠蔽させるようにしたとされます。

しかし、そんな努力も虚しく……。
「なんて酷い奴なんだ、秦檜!」
「秦檜だけは絶対に許さんぞ!!」

後世の人々は、無実の岳飛を死に追いやり、女真族相手に屈辱的な和睦を結んだ秦檜に憎悪をぶつけ続けることになるのでした。
岳飛が関羽と並ぶ武神として敬愛された一方で、秦檜は憎しみの対象となったのです。

曹操あたりは「敵だけど強い」部分もあります。
が、秦檜の場合憎悪を全力でぶつけてよい対象とされ、かなり酷い扱いを受けています。

秦檜と王夫人が跪く像。唾棄してもよいものとされてきました/wikipediaより引用
photo by helennawindylee originally posted to Flickr as 油條

※ドラマ版『岳飛伝 THE LAST HERO』公式サイトでも秦檜は悪そうに描かれております

一方、こちらは杭州の岳飛廟。関羽と並ぶ武神として扱われております/wikipediaより引用 photo by Peter Potrowl

 

スポンサーリンク

和睦ってそんなに悪いことだろうか?

しかし、秦檜については見方を変えれば「そこまで悪くない」とも言えるわけでして。

最初はスパイとして金との和睦路線を望んだのかもしれませんが、本当に心の底から「和睦しかない」と思っていた可能性もありますよね。
捕虜の時代、金の国力を見る機会はあったわけですから。

無実の罪で岳飛父子を処刑に追い込んだことは、確かに悪事です。
ただし、これには中国王朝の宿命的事情もあります。

中国史をみていくと、滅亡にはいくつかパターンがあります。

・権力を持ちすぎた家臣や、軍事勢力が力を持ちすぎて、崩壊する(漢、魏、唐)
・異民族の侵攻によって崩壊する(宋、明、清)

「狡兎死して走狗烹らる」(ずる賢い兎が死んでしまったら、猟犬もいらなくなるから食われてしまう=敵が滅んだら、功績ある将軍も粛清対象になる)
という言葉もよく言われることです。

政権内に強すぎる勢力、特に軍事的な力を持つ者がいると、謀叛を起こして王朝をひっくりかえしかねないわけです。
異民族を倒す力も必要だけど、その力が王朝の存在をおびやかすようになったら、始末せねばならない。
そんな難しいパワーゲームをしなくてはいけなかったのです。

もし秦檜による和平路線が頓挫し、金と戦い続けていたらどうなったのでしょうか。
度重なる戦乱で国土は荒廃し、もっと酷いことになっていたかもしれません。
将軍のうち誰かが野心を燃やし、宋を滅ぼしていたかもしれません。

確かに屈辱的な和睦ではありました。
しかし、金と南宋が元に飲み込まれるまでの一世紀の平和を、秦檜は作り出したと言えなくもないでしょう。
逆に争い続けたまま元の時代を迎えることになっていたら、どれだけの惨状があったことか。

秦檜は小説や講談では極悪非道の男とされました。
その一方で、歴史家たちから定期的に
「冷静に考えてみれば、秦檜ってそんなに悪くないんじゃないの」
と再評価される人物でもあるのです。

 

好戦的な岳飛か、老獪で和平主義者の秦檜か

この傾向は、現代の中国においてもそうなるでしょう。

かつては敵対した満州民族も、今では中華人民共和国を構成する少数民族のひとつです。
そうなったからには、ことさら敵対したかのように描くのは難しくなりつつあり、ドラマや小説でも気を遣った描写となっています。

さらに外交情勢を見ますと……何かと好戦的な別の超大国に対して、余裕があって平和を好む大国としてふるまうのが、国家的な建前となっているように思えますね。

となると、お手本とすべきは、好戦的な岳飛か、老獪で和平主義者の秦檜か。
さて、どちらがふさわしいでしょう?

無実の罪で岳飛父子を処刑したことについて、秦檜は弁解しようがありません。
フィクションの中では陰険な男として、これからも描かれてゆくことでしょう。

ただし、国の舵取りの見本としては、その評価が変わる可能性は否めない。
現実的な和平主義者として、彼の外交手段は高い評価に値する日が来ても不思議ではないでしょう。

文:小檜山青




スポンサーリンク


【参考文献】

 

-中国

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.