秦檜

秦檜/wikipediaより引用

中国

ヤツは売国奴か平和主義者か? 南宋の秦檜と岳飛は今も評価が揺れ動き

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
秦檜と岳飛
をクリックお願いします。

 

和睦ってそんなに悪いことだろうか?

しかし、秦檜については見方を変えれば「そこまで悪くない」とも言えるわけです。

最初はスパイとして金との和睦路線を望んだのかもしれませんが、本当に心の底から「和睦しかない」と思っていた可能性もありますよね。

捕虜の時代、金の国力を見る機会はあったわけですから。

無実の罪で岳飛父子を処刑に追い込んだことは、確かに悪事です。

ただし、これには中国王朝の宿命的事情もあります。

中国史をみていくと、滅亡にはいくつかパターンがあります。

・権力を持ちすぎた家臣や、軍事勢力が力を持ちすぎて、崩壊する(漢、魏、唐)

・異民族の侵攻によって崩壊する(宋、明、清)

「狡兎死して走狗烹らる」(ずる賢い兎が死んでしまったら、猟犬もいらなくなるから食われてしまう=敵が滅んだら、功績ある将軍も粛清対象になる)

そんな言葉もよく言われることです。

政権内に強すぎる勢力、特に軍事的な力を持つ者がいると、謀叛を起こして王朝をひっくりかえしかねないわけです。

異民族を倒す力も必要だけど、その力が王朝の存在をおびやかすようになったら、始末せねばならない。そんな難しいパワーゲームをしなくてはいけなかったのです。

もし秦檜による和平路線が頓挫し、金と戦い続けていたらどうなったのでしょうか。

度重なる戦乱で国土は荒廃し、もっと酷いことになっていたかもしれません。

将軍のうち誰かが野心を燃やし、宋を滅ぼしていたかもしれません。

確かに屈辱的な和睦ではありました。

しかし、金と南宋が元に飲み込まれるまでの一世紀の平和を、秦檜は作り出したと言えなくもないでしょう。

逆に争い続けたまま元の時代を迎えることになっていたら、どれだけの惨状があったことか。

小説や講談での秦檜は、極悪非道の男とされました。

その一方で、歴史家たちから定期的に「冷静に考えてみれば、秦檜ってそんなに悪くないんじゃないの」と再評価される人物でもあるのです。

 

好戦的な岳飛か、老獪で和平主義者の秦檜か

この傾向は、現代の中国においてもそうなるでしょう。

かつては敵対した満州民族も、今では中華人民共和国を構成する少数民族のひとつです。

そうなったからには、ことさら敵対したかのように描くのは難しくなりつつあり、ドラマや小説でも気を遣った描写となっています。

さらに外交情勢を見ますと……何かと好戦的な別の超大国に対して、余裕があって平和を好む大国としてふるまうのが、国家的な建前となっているように思えますね。

となると、お手本とすべきは、好戦的な岳飛か、老獪で和平主義者の秦檜か。

さて、どちらがふさわしいでしょう?

無実の罪で岳飛父子を処刑したことについて、秦檜は弁解しようがありません。フィクションの中では陰険な男として、これからも描かれてゆくことでしょう。

ただし、国の舵取りの見本としては、その評価が変わる可能性は否めない。

現実的な和平主義者として、彼の外交手段は高い評価に値する日が来ても不思議ではないでしょう。

みんなが読んでる関連記事

中国史に必ず登場する「宦官」の実態! 特に腐敗がヤバイのは明王朝です

続きを見る

中国最悪のペテン政治家は王莽? 前漢を滅ぼし「新」を建国→即終了

続きを見る

なぜ中国王朝では人類史に残る【大量死】が何度も起きてきたのか?

続きを見る

呉三桂
女のために「国」を捨てた明の将軍・呉三桂~今なお裏切り者と罵られ

続きを見る

東坡肉(トンポーロー)
エンジョイ流刑! 天才・蘇軾(そしょく)66年の浮草人生に憧れます

続きを見る

始皇帝~史実の生涯50年を最新研究に基づきマトメ!呂不韋や趙姫との関係は

続きを見る

安禄山と安史の乱
安禄山と「安史の乱」楊貴妃との赤ちゃんごっこが戦乱へ 数千万人が死す

続きを見る

注目度高まる古代中国の実態とは『周―理想化された古代王朝』著:佐藤信弥

続きを見る

文:小檜山青

【参考文献】

『裏切り者の中国史 (講談社選書メチエ)』(→amazon

TOPページへ

 



-中国