ウィリアム・ホガースの「ジン横丁」/wikipediaより引用

イギリス

飲んだくれイギリス人とジンブームの闇~なぜかストロングゼロ文学とダブる

近年、人気となっているアルコール飲料があります。

サントリーのストロングゼロ

「ごん、お前だったのか。いつもストロングゼロをくれたのは」 “飲む福祉”ストロングゼロ文学が盛り上がる - ねとらぼ 
「ストロングゼロ」がTwitterで話題に 悩みもすべて忘れられる?

Twitterで【#ストロングゼロ文学】というハッシュタグ(検索で探しやすくするため)をつけ、ストロングゼロを呑んだときの自分の様子を著名な作品にあわせてパロディにしたり、自分ならではの文章を書いたり。

要は、飲みながら「言葉遊び」をするわけで、なかなか達者な作品にもお目にかかるのですが、手放しで喜べるものでもないのかなぁ、と。

なぜならそこには
「安い、度数が高い、飲みやすい、どこでも買える! パッパラパーとした酔っ払い方が手っ取り早くできるストロングゼロは、現実逃避に最適や!」
というディストピア感溢れる盛り上が含まれているからです。

安酒でブラックな労働環境や過酷な人生を吹き飛ばすのは、何も21世紀日本だけの話ではありません。

飲んだくれのイギリス人――。

本稿では、ストロングゼロ愛好家も同情と共感を寄せてしまうような、そんな事例を取り上げたいと思います。

 

ヨーロッパにおける英国のイメージは……

イギリス人というと、どんな像を思い浮かべますか。
アメリカ人は、キザな英国紳士像を思い浮かべるそうです。

※アメリカ人の思い浮かべるイギリス人↓

 

一方、ヨーロッパの人々は「飲んだくれて暴れる奴ら」になるそうで。

映画『トレインスポッティング』では、絶望的な社会状況の中、酒とドラッグとバイオレンスに溺れるしかねえべ、と自暴自棄になったスコットランドの若者を描き、大ヒットしました。

18世紀、飲んだくれのイギリス人を表す一枚/wikipediaより引用

これは現代だけではなく、昔から「やたら飲んだくれて暴れるイギリス人」というイメージがありました。
ヴィクトリア女王と王配アルバート夫妻が生きていた時代は、そうしたイメージ改善に努力したあとが見られますが……まあ、彼らは二人とも血統的にはドイツ人ですし。

・フランス人は、ワインを飲み談笑する
・ドイツ人はビールを飲み、寝てしまう
・イギリス人は、粗悪なジンを飲み喧嘩をおっぱじめる

実は、そんな印象は昔から根強いのです。

 

職場ですら飲んだくれるイギリス人

ここで、日本と異なる酒の感覚についてふれておきます。

ヨーロッパ人はアルコールへの耐性がアジア人より強い傾向にあります。
酒量も多めです。
新鮮な水が手に入らないこともあり、酒は嗜好品というよりも生活必需品とみなされていました。

例えばナポレオンも青年時代は貧しく、食事はパンとビールしか摂取できませんでした。

金がないのに何故ビールを飲むのか。疑問に思うかもしれませんね。
これはビールが「液体状のパン」とされ、栄養摂取できるものとしてとらえられていたからなのです。

6000年もの歴史あり!ビールは最初「液体のパン」と呼ばれていた

続きを見る

そんな状況ですから、勤務中への飲酒にも寛容。
出勤ルートにビール売りがずらっと並ぶのも、イギリスでは珍しい光景ではありませんでした。

勤務前にビールを一杯、休憩にまた一杯、ランチで一杯、午後休憩にまた一杯……。
18世紀までは、そんな労働者がいても、さしてとがめられない、そういう状況であったのです。

うらやましいとみるか、そんなことで仕事になるか、と眉をひそめるか。

 

18世紀イギリスの「ストロングゼロ」はジンだった

そんな酔っ払い天国イギリスに、革命的な安酒が登場しました。
18世紀、度数の高いジンが売り出されると、たちまちブームが起こったのです。

「ジンしゅごい! 度数が高くて手っ取り早く酔っ払える!」
「ジンで酔っ払うと何もかもどーでもよくなっちゃう……」
「ジンさえあれば悩みもなくちゃっちゃう、イヒヒ」

労働者たちはジン売りに群がりました。
何せビールより素早く酔えて、何もかもどうでもよくなってアッパラパーになれるのです。

急速に広まるジンブームは、社会問題と化しました。

その様子を描いた絵画が、諷刺画家ウィリアム・ホガースの「ジン横丁」です。

ウィリアム・ホガースの「ジン横丁」/wikipediaより引用

絵の右端にはあばらが浮いた男。
中央には酔っ払って我が子が転落しても気づかない母親。
背後にもジン中毒のあまり生きる屍状態の人々が描かれます。

一方、この絵と対になるのが「ビール通り」です。

ウィリアム・ホガースの「ビール通り」/wikipediaより引用

こちらは皆楽しそうで平和的な光景。
ビールは健康的な飲料扱いでした。

 

産業革命でますます悪化するロンドン

ジンブームのあたりから、イギリスでは飲酒の弊害が問題視されるようになっています。

しかし、心ある人がジンに対して警戒心を抱いたところで、事態は悪化するばかり。
産業革命が起こるとロンドンの水質はますます悪化し、人々は水ではなくアルコールを口にせざるを得なくなります。

さらに工業化で労働時間が増えると、人々の気分もすさみ、
「もう酒でも飲まないとやってらんない!」
とやけになる人も増えるのです。

当時のロンドンは地獄のような街並みです。

汚い街の中で暮らし、毎日自宅と職場の往復。楽しみは酒だけ。そんな悲しい人生を送る人が多かったのでした……。

産業革命の闇が異常に深い大英帝国ロンドン~悪臭漂う街で子供たちはドブさらい

続きを見る

ストレスの多い職場で、強烈なアルコール飲料が配布されることもありました。

例えば英国海軍水兵です。

人がゴミのようだ!った英国「救貧法」実際にあった地獄のブラック労働とは

続きを見る

「グロッグ」というラムベースのカクテルがあります。

これは、元々は英国海軍で壊血病予防のために水兵に支給していたアルコール飲料です。
現在のレシピはレモンジュースを使いますが、もともとはライムジュースを加えていました。

水兵がグロッグを飲む一方で、士官たちは優雅にワインを飲んでいました。
彼らは食事が上等ですので、壊血病にはそもそも罹患しにくい状態でした。

水兵はグロッグを飲んで酔っ払いながら仕事しても、処罰はされません。
その状態でマストにも登ったりしたのですから、なかなかの度胸です。

むしろいつ何時死ぬかわからないような職場では、常時酔っ払ってアッパラパー状態の方がいろいろと好都合であったのかもしれません。

グロッグが配給される様子/wikipediaより引用

辛い仕事を酔っ払うことで耐えるしかない労働者たち。

嗚呼、なんとも悲しいことではないですか。

 

コーヒや紅茶は? 庶民の手には届かない

嗜好品としては、コーヒーや紅茶もありました。

ただし、庶民がガブ飲み出来るようになったのは、コーヒーが1820年代、紅茶が1840年代からのこと。
それにアルコール分もないわけです。

現実逃避したい人にとっての解決策は、やはり安酒なのでした。

しかし金持ちは、そんな労働者の辛い日常生活を知りません。
「ジンは下劣、不道徳な酒だ」
「ジン? 労働者階級が飲む安酒でしょ」
そんなふうにジンに眉をしかめながら、自分たちはフランス産のワインといった高級酒で乾杯していたのです。

意識の高い人々は1830年代に「アンチスピリット運動」を展開します。
しかし既にお気づきのように、この問題の本質は、ジンにあるのではありません。

労働者を安酒へと走らせる、劣悪な労働環境です。

ジンのイメージが改善するのは20世紀以降。
様々なカクテルに使われるようになってからのことであります。

 

庶民の憩いの場はやっぱり「パブ」だった

そんな酒好きのイギリス人にとって、重要な社交場が「パブ」でした。

『ショーン・オブ・ザ・デッド』というイギリス舞台のゾンビ映画では
「アメリカ人はショッピングモールに立て籠もるけど、俺らはパブを目指すだろ!」
と主人公たちはパブを目指しておりますね。

 

『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』という映画では、宇宙人侵略による世界滅亡の危機が迫る中、主人公はパブでビールを飲み歩きます。

どんだけパブ好きなんだよ、イギリス人。
と、ツッコミたくもなりますが、彼らのパブ好き、酒癖の悪さは歴史が深すぎるんですね。

パブが登場するのは、18世紀から19世紀にかけて。ジンブームや産業革命の頃でした。
ではそれまで酒場がなかったかというと、そうではありません。

・イン(宿屋):16世紀から
・タヴァーン(酒場):13世紀から
・エールハウス(エールビールを売る店):16世紀に急増
・ジンショップ(ジンを売る店):18世紀以降
・ビールハウス(ビールを売る店):1830年代以降

ややこしいですかね。
読者の皆さんの中で、ファンタジー小説や漫画を創作される方がおられましたら、酒場の看板には「イン」か「タヴァーン」がよろしいでしょう。
「パブ」では中世らしくありません。

 

RPGが酒場で仲間を集める理由も

さて、パブという名は「パブリックハウス(公共の家)」の略です。
酒を飲むわけではなく、様々な役割を果たしてきました。

かつての「イン」は宿場としても機能しました。
旅の途中で休む人々に、酒と食事と宿泊場所を提供していたわけです。

しかし、パブの時代となると鉄道の発展により、そうではなくなっています。

パブは集会所としての役割を果たしました。
照明、新聞、暖房のあるパブは、立ち寄って皆で会合を開くのにはうってつけのわけです。
庶民の社交場として、パブは機能していたのです。

なぜRPGが酒場で仲間を集めるのか疑問に思ったことはありませんか?
酒場は社交場であるからなのです。ゾンビ襲来から逃げてパブに逃げ込むのも、理にかなった行動と言えるかもしれません。

社交の場としてのパブ全盛期は、19世紀でした。
生活が変化すると、以前ほど人はパブに向かわなくなります。

博物館、図書館、遊園地、動物園、映画館、喫茶店……そうした場所と娯楽が増えるにつれ、パブだけが人の居場所ではなくなったのです。

 

酒以外の娯楽が増えた方がよいのでは

どんな街にも教会とパブはある――かつてはそう言われたイギリス。しかし、転機を迎えています。

全国でパブは減少傾向にあります。
ビールの消費が減少し、宅飲みが増え、パブ需要が急激に減りつつあるのです。

パブといえば煙草の煙がつきものでしたが、世界的な流れで禁煙の店も増えつつあります。
不景気や酒税増税の影響も、人々のパブ離れに拍車をかけています。

個人経営が立ちゆかなくなり、大手チェーンに買収される店も増えてきました。
「最近のパブはチェーンばかりで、個性がなくってねえ」
そう嘆く人々も多いとか。

パブ全盛期には酒量が社会問題になり、パブがその一因として敵視されていました。
しかし現在、減少傾向にあるというのは寂しい話ではあります。
イギリス人のライフスタイルの変化ですかねえ。

ここで思い出していただきたいのが、ジンブームの頃の悲惨な労働者の姿です。
安酒に逃げるしかなかった彼らよりも、酒以外の娯楽が増えて、そちらに消費できるようになった現代イギリス人の方が豊かな生活なのではないでしょうか。

ジンブームはそう示しているように思えるのです。

 

コロナ禍下でパブはどうなるのか?

2020年、世界的なコロナ禍はイギリスをも襲いました。

チャールズ王太子、ジョンソン首相が感染したことは、衝撃的なニュースに他なりません。

エリザベス女王(エリザベス2世)在位68年の英国女王が歩んできた激動の生涯

続きを見る

そんな中、パブもまた苦境に立たされています。

客の距離を取るため、なんと電気柵を設置する店まで登場したとか。

◆イギリスのパブ内に電気フェンス 酔客の社会的距離を確保(→link

隣の人とは1メートル距離を開け、音楽もひっそりと流すだけ。

盛り上がって笑いあいながら話すこともできないし、スタッフとの接触も最低限にしなければいけない。

注文はオンラインでもできるっていうけど……。

出会った相手を覚えていて、その行動を確認しないと感染した場合に困る。出会った人と一晩だけ楽しんで飲むなんて、もうできない。

こんなことでパブに行く意味あるのかよ!

そんな悩みに、イギリスも直面しています。

そもそもパブには、コロナ対策が難しい要素が揃っていたのでした。

◆酒を提供する場です

理性が吹っ飛び、コロナのことすら考えられなくなる客は当然出て来ます。

◆ソーシャル・ディスタンスがなかなか取れません

社交の場ですから、そこは苦しい。距離を開けて楽しめと言われてましても。

◆密集しています

これは従来から指摘されるパブの欠点。なまじ歴史が長いだけに、段差があり、狭い店も多いもの。バリアフリー対応ができないことは弱点として指摘されていました。天井が低い店も多く、距離を取ることもなかなかできないのです。

◆経営が苦しいことは指摘されておりまして……

伝統のあるパブが潰れて、大手チェーンだらけになってしまう。そんな悩みは指摘されていたことなのです。

このままでは閉店するパブが続出する――そう戦々恐々としているんですね。

パブとはイギリスの歴史そのもの。最古の部類のものとなれば十字軍百年戦争に向かう前の兵士が、ビールを飲んだ店もあるわけです。

数百年の歴史とされますが、「パブ」という名称や概念ならばそうでも、それ以前の旅館や酒場としてまで遡ればもっと古い。

パブは、歴史の目撃者でもあります。

味わいのある看板や店の名前も愛されてきました。

中には「バケツ一杯の血亭」という名前のものまであります。血の入ったバケツにショックを受けるおじさんの看板ともども、愛されているお店で、なんでも過去にあった殺人事件を元ネタとしてるとか、していないとか……。

グレンコーのパブには「行商とキャンベルはお断り」という看板があります。

グレンコーの虐殺】の悲劇を伝えているのです。

安心させて殺す「グレンコーの虐殺」が凶悪すぎ!レッド・ウェディングの元ネタ

続きを見る

ただ酔っ払いが集まってウェイウェイしている場所ではなく、立派な歴史的な遺産です。

地球の裏側で、酔っ払いたちが困っているだけ。そんな他人事でいてよいのでしょうか。歴史的存亡をかけた攻防であり、学べることもあると認識する必要があるのではないでしょうか?

パブをどうするのか?

どう守るのか?

この歴史的な戦いを、今後も見守りつつ応援したいと思います。

 

文:小檜山青

【参考文献】

角山 栄 (編集),‎ 川北 稔 (編集)『路地裏の大英帝国

 



-イギリス

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.