トラファルガーの海戦/Wikipediaより引用

フランス

トラファルガーの海戦~英国ネルソンタッチでナポレオンが壊滅した日

投稿日:

どんな英雄にも、一度や二度の失敗はあるものです。
むしろ、失敗をバネにして大成功を収めた人物こそ「英雄」と呼ばれるようになるのでしょう。

本日はヨーロッパにおける英雄が、最初につまづいたときのお話です。

1805年(日本では江戸時代・文化二年)10月21日は、ナポレオン戦争における最大の海戦・トラファルガーの海戦があった日です。

ナポレオンのイケイケドンドン時代における数少ない大敗として有名ですね。

フランス史、そして世界史の中でも、フランス革命からナポレオン戦争、そして共和制移行までのあたりはかなりややこしいので、先にナポレオン戦争がどんな流れだったのかをざっくりまとめてみました。

 

【ナポレオン戦争 12のポイント】

以下、フランスから見た
「勝利」
「敗北」
でまとめて参ります。

①1796年~翌年 第一次イタリア遠征&第一次対仏大同盟
当時オーストリアの支配下だった北イタリアにフランス軍が介入し、勝利

②1798年~1801年 エジプト・シリア戦役
ロゼッタストーン他お持ち帰り&遺跡調査

③1798年 第二次対仏大同盟

④1799年 ブリュメール18日のクーデターでナポレオンが独裁権を握る

⑤(一時休戦の後、再び戦争開始)

⑥1804年 帝政開始

⑦1805年 第三次対仏大同盟
トラファルガーの海戦で敗北 ←今日ここ
アウステルリッツの戦い(三帝会戦)で勝利

⑧1806年~翌年 第四次対仏大同盟
プロイセンに勝利、大陸封鎖令(ベルリン勅令)を発布

⑨1808年~1814年 スペイン独立戦争
ナポレオンが無理やり自分のニーチャンを王位につけようとして戦争開始・敗北

⑩1809年 第五次対仏大同盟
オーストリアに勝利、賠償金でホクホク
ナポレオン、ジョゼフィーヌと離婚

⑪1812年 ロシア戦役
夏に出発したのに、てこずっているうちに冬が来て自滅

⑫1813年 第六次対仏大同盟
諸国民の戦い=ライプツィヒの戦い、ナポレオン戦争最大の戦闘

「○次対仏大同盟」というのは、その都度フランス以外のヨーロッパ諸国が結んでいた軍事同盟と思っておけばとりあえず良いかと。
各国入り乱れすぎてこんがらがるんですよね(´・ω・`)

本当はこの後「百日天下」や復帰戦などもあるのですが、実質的には諸国民の戦いまでがナポレオン戦争だと思うので、とりあえずこの辺で。
ざっくりのはずなのに長すぎますしね。

では、トラファルガーの戦いのお話を始めましょう。

 

大英帝国前日でもイギリスには精鋭艦隊がいた

破竹の勢いでヨーロッパの表舞台に躍り出たナポレオンでしたが、それは陸上でのこと。
海を渡るにあたって、ほとんど戦争に負けたことのない国が行く手を阻みます。

イギリスです。

当時のイギリスはまだ「大英帝国」と呼べるほどの植民地は持っていなかったものの、海軍にはホレーショ・ネルソン率いる精鋭が揃っていました。

ネルソン提督英海軍が世界最強!カリスマ&勇敢さに男も女も惚れてまうやろ

提 ...

続きを見る

上のまとめでは省略しましたが、ネルソンはエジプト方面でもフランス軍を破ったことがある名将です。

ナポレオンからすれば、海においてはイギリスに頭を押さえつけられているような感じであり、ネルソンは因縁の相手だったということになります。どうにかしたいと思いますよね。

そこで、当時フランスの支配下にあったスペインと連合艦隊を作り、イギリスの本拠・グレートブリテン島上陸のため、戦いを挑んだのが【トラファルガーの海戦】です。

数で言えば、仏西連合艦隊のほうが上でした。
しかし、戦とは、数だけで決まるものではありません。
特に、個々人が勝手に動けない海上では、指揮官の能力がものをいいます。

イギリスの指揮官は上記の通り、既にフランスを破ったことがあるネルソンでした。
対して仏西連合艦隊は、互いの国の指揮官同士の連携が取れていなかったのです。

そんな状態では、いくら数で有利であっても勝てませんよね。

 

横っ腹から凸って大打撃! これがネルソンタッチだ!

イギリス本土上陸のため北上する連合艦隊に対し、ネルソンは自軍艦隊を二手に分け、横っ腹から突撃をキメるという大胆な策に出ます。

これは現在「ネルソン・タッチ」と呼ばれている戦法で、「タッチ」なんて生優しいものではありませんでした。

連合艦隊は撃沈1隻・戦死4,000・捕虜7,000という大損害を出して大敗しています。

しかも捕虜の中に、総指揮官のヴィルヌーヴ提督まで含まれていました。
絵に描いたような見事な完敗です。

フランス・スペイン連合艦隊(青)の脇腹をイギリス艦隊(赤)これがネルソンタッチだ!/photo by Pinpin wikipediaより引用

しかし、イギリス艦隊もタダでは済みませんでした。
このように鮮やかな戦術をキメたネルソンが、狙撃兵の銃弾により戦死してしまったのです。

一説には、4つの勲章をつけた状態で戦場にいたために居場所がバレてしまい、狙撃しやすくなってしまったともいわれています。

とはいえ、他のお偉いさんたちも似たような格好をしていたそうなので、狙撃した側としては「とりあえずあの辺の誰かが指揮官だから撃っとけ!」程度の認識だったのでしょうね。

でなければ、ネルソンほどの英雄を狙撃した人物の名が残らないわけはありません。
もっとも、ネルソンを狙撃したであろう人物が載っていた船は次の日に沈んでしまったので、記録のしようもなかったでしょうが。

しかし、この大敗により、ナポレオンはイギリス侵攻を諦め、陸戦に専念するようになりました。

それによってロシア戦役までは快進撃が続くので、長期的に見れば負けと言いきれないところもあります。
一回の勝ち負けで人物や物事を評価するのは短絡的ですしね。

長月 七紀・記

【参考】
ナポレオン・ボナパルト/Wikipedia
トラファルガーの海戦/Wikipedia
ナポレオン戦争/Wikipedia

 



-フランス
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.