ナポレオン最初の妻であるジョゼフィーヌ/Wikipediaより引用

フランス

ジョゼフィーヌとは? ナポレオンが惚れて愛して別れてやっぱり愛した女

更新日:

1763年(日本では宝暦十三年)6月23日、ジョゼフィーヌ・ド・ボアルネが誕生しました。

ナポレオン1世の最初の奥さんです。

「ナポレオンの寝室にチーズを持って行ったら、寝ぼけたナポレオンが『ジョゼフィーヌ勘弁してくれ』と言った」なんて逸話があるため「体臭どんだけwwww」なんて爆笑されることもあります。

が、実はそれ以外にもエピソードに事欠かない女性でした。

というかこの時代のフランス人、今ほど頻繁に入浴しないわアレやらソレを道端に捨てるわで、ニオイのことは彼女に限った話ではありません。
ともかく、まずはナポレオンと出会うまでの話から始めましょう。

 

息子と娘を授かりながら4年で離婚

ジョゼフィーヌは当時フランスの植民地の一つだった西インド諸島に生まれました。
貴族の家系ではありましたが、浪費振りがすさまじく、名ばかりの身分で、生活は楽ではなかったようです。

そして16歳のときボアルネ子爵という貴族と結婚。
息子と娘を一人ずつ授かりましたが、夫婦仲は決して良好ではなく、たった四年で離婚してしまっています。

この子供たちは後々ナポレオンと義理の親子になり、特に娘のほうは凋落後も最後まで尽くしてくれたので、この結婚も無駄ではなかったのですけどね。

ちなみにナポレオンは実の血縁者とはあまりうまくやれず、あっちこっちで対立していたりします。

血縁関係で政治をどうにかしようとする例は数多いですけれども、血が繋がっているいる肉親よりも赤の他人のほうがうまくいったというのは皮肉なものですね。
この辺が失脚や”百日天下”の理由でしょうか。

 

だんなのラブレターを公開して笑う

話をジョゼフィーヌに戻しますね。

そんなわけでナポレオンとの結婚は初婚ではなかったジョゼフィーヌ。

ナポレオン/wikipediaより引用

かなり強引に口説かれて結婚したからか。
はたまたフランス貴族の「愛人がいてナンボ」という価値観からか。
彼女は次々に浮気を繰り返しました。

イタリア出身で一応カトリックを信仰していたと思われるナポレオンの家族はこれが許せず、かなり険悪な状態だったようです。

ナポレオン本人は惚れた弱みがあるからかあまりキツく言えず、遠征中も熱烈なラブレターを送ったりしていて、ジョゼフィーヌは「ウチの旦那ウケるんだけどwwww」(超訳)と笑いながらその手紙を友人達へのネタとして見せていたとか。

皇帝(まだ即位してないけど)涙目。
もう谷崎潤一郎の世界ですね。

しかし、ナポレオンのエジプト遠征中にとある美男子と浮気してしまったことから、二人の関係は変化し始めます。

 

「浮気はやめてって言ってるじゃないかああああああ!」

このときもナポレオンは
「浮気はやめてって言ってるじゃないかああああああ!今度こそ兄貴に離婚手続き進めてもらうからね!><」(超訳)
という手紙をジョゼフィーヌに送っています。

が、その手紙を載せた船がイギリスのホレーショ・ネルソン率いる艦隊に捕まってしまいました。これだけでも血の気が引くには充分な話ですよね。

さらにあろうことか、ラブレターが新聞のネタになるという大惨事が起きます。
ただ恥ずかしいだけならまだしも、既に英雄視されていたナポレオンにとって「妻の浮気も止められない情けない男」として話題になってしまったことは大きな屈辱になったでしょう。

ついでに言うと、ネルソンは後々トラファルガーの海戦でフランス軍を打ち破っているので、ナポレオンにとってはまさに鬼門というか疫病神というか天敵というか。

この一連の騒動で本当に離婚寸前まで行ったジョゼフィーヌでしたが、ここにきてやっとナポレオンのことを「ひょっとしてイイ男なんじゃない?」と見直し始めます。

どう考えても遅い。
知り合った当初のナポレオンの迫りようが尋常ではなかったので、「あの人が私に冷めるなんてことあるわけないでしょ?」とでも思っていた節があります。

男性には「より多くの子孫を残すため、さまざまな女性に気が向きやすい」という習性があるんですけどねえ。

「英雄色を好む」もこのせいなんでしょうね。
こればっかりは本能だからしょうがない。

 

フランス皇后になるも離婚 しかしそこから友情が芽生える

そして文字通りの”英雄”はついにフランス皇帝として即位。
ジョゼフィーヌもその妻として皇后の座に就きます。

ナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠/wikipediaより引用

が、しばらくしてこの夫婦関係は終わりを迎えます。

結婚から14年経ち、さらに初婚では息子も娘も産んでいたのに、ナポレオンとの間には子供ができなかったというのが大きな痛手でした。

ナポレオンのほうも他の女性との間に息子を授かっているので、なんとも不思議なものです。
どっちかに明確な理由があればまだわかるんですけどねえ。

そしてナポレオンはオーストリア・ハプスブルク家からマリー・ルイーズという女性を新たな皇后に迎えます。

マリー・ルイーズ/wikipediaより引用

自分の留守中ジョゼフィーヌに浮気されまくったからか。
ナポレオンはマリー・ルイーズに対してかなり甲斐甲斐しく接したとか。

でもこの人にも最終的には見放されてしまうんですよね……聞いてるこっちが泣けてくる(´;ω;`)

 

お互いの最期の言葉は…彼と彼女のこと

こうなるとジョゼフィーヌはさぞ不幸な最期を迎えたんだろう……と思いきや、案外そうでもありません。

理由は主に三つあります。

一つは、離婚後も「皇后」の称号を持ち続けたこと。
当然ナポレオンの承認がなければできませんし、パリ郊外に城を与えられていたので不自由な生活ではなかったと思われます。

二つめは、離婚後も「話し相手」としてナポレオンとは親しかったということ。
マリー・ルイーズが嫉妬するほどだったといいますから、これが見放された理由かもしれません。
何やっても裏目に出るナポレオンが本気で可哀相になってきます。おっと目から汗が。

最後に、二人とも今際の際にはお互いの名を呼んでいたということです。

ジョゼフィーヌのほうが先に亡くなっているのですが、最期の言葉は「ボナパルト、ローマ王、エルバ島……」だったとか。
ナポレオンは当時最初の失脚をしており、エルバ島というのはその流刑先ですので、気にかかっていたのでしょう。

そしてジョゼフィーヌの死から七年後にナポレオンも二度目の流刑先・セントヘレナ島で亡くなりました。
彼が最期に呟いたのは「フランス、陸軍、陸軍総帥、ジョゼフィーヌ……」だったそうです。

お互いの名が最初と最後というあたりに、二人の性格もしくは男女の差が現れているようで興味深いところですが、どちらにしろ愛着があったことは間違いないでしょう。

よしながふみ先生の「大奥」における女家光と有功のように「一時期は男女の関係であったけれども、後には愛情を超えた友情や信頼関係ができていた」ということでしょうかね。

「お爺ちゃんお婆ちゃんになっても手を繋ごうね」というのも良いですが、こんな夫婦像も理想の一つではないでしょうか。
でも浮気はダメゼッタイ。

長月 七紀・記

【参考】
『50のドラマで知るヨーロッパの歴史-戦争と和解、そして統合へ』(→amazon link
ジョゼフィーヌ・ド・ボアルネ/wikipedia

 



-フランス
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.