メアリー・スチュアート

メアリー・スチュアート/wikipediaより引用

イギリス

スコットランド女王メアリー・スチュアート 英国女王への執着から処刑され

1542年(日本では戦国時代・天文11年)12月9日は、スコットランド女王メアリー1世が誕生した日です。

ほぼ同時代に”イングランド女王”のメアリー1世がいますので、メアリー・スチュアートといったほうがわかりやすいでしょうか。

祖母がエリザベス女王の父・ヘンリー8世のお姉さん、お母さんはフランスの大貴族、もちろん父親はスコットランド王ですから、まぁヨーロッパにはよくある話で各国王侯貴族のハイブリッドです。

その代わり面倒ごとの起こし方もハンパなかったです。

 

生まれながらのスコットランド女王

父王・ジェームズ5世が彼女の誕生直後に逝去。

メアリー・スチュアートは生まれながらにしてスコットランド女王として生きていくことになりました。

物心つく前から周囲のさまざまな思惑によって波乱万丈の生涯を送ることになります。

当時はまだヘンリー8世が存命中で、その息子エドワード6世と婚約するはずだったのですが、母が阻止したため実現しません。

その代わり、母の実家同然のフランス王家と縁を結ぶことになります。

お相手はフランス王太子フランソワ、後のフランソワ2世でした。

そのため一度はフランスに渡りフランス式の教育を受けたのですが、肝心の旦那さんが夭折してしまったため、早々にスコットランドへ帰国します。

二人とも十代半ば、しかも新婚二年目でしたので子供もおらず、メアリー・スチュアートにはフランスに留まる理由がなかったのです。

もしエドワード6世と結婚していたら、この時点で問題がほとんど解決していたかもしれません。

なぜならメアリー・スチュアートの人生のほとんどは、ヘンリー8世の後を継いだエリザベス1世との確執によるドタバタだからです。

女王様同士の対決って書くと字面が何だかアレですね。わからない方はどうぞそのまま純粋でいてください。わかってしまった方も人前で口に出すのはやめましょうね。

 

エリザベス1世との確執

上記の通りメアリーにはイングランド王家の血も入っています。

ゆえに一応は「私は正当なイングランド王なのよ!」と主張する根拠はある。

しかもエリザベス1世のお母さんはヘンリー8世に身勝手な離婚(&処刑)をされていたため、一時期「エリザベスは庶子」とされていました。

庶子には王位や財産の継承をさせないのが当時のセオリー。

この考えでいえばエリザベス1世は正当なイングランド王ではありません。

エリザベス1世/wikipediaより引用

ぶっちゃけ屁理屈ですが、メアリー・スチュアートはそこを根拠として「私が正当な(ry」と言い出すと、意外にも賛同する人がたくさんいました。

今でこそ「エリザベス1世=イギリスを代表する絶対的君主」ですが、当時はまだ王になったばかりで不安定な状態でしたから、いつ引っくり返るかもわからなかったのです。

これまたヘンリー8世が離婚をしたいがためにカトリックと大ゲンカしてしまったのが尾を引いてました。

あれ? なんだかほとんどトーチャンのせいじゃね?

すると……。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >

-イギリス