日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

やっぱり天才!? 織田信長の生涯とは

まんが戦国ブギウギ 徳川家 豊臣家

やっぱり秀吉が上手…… 小牧長久手の戦いを終わらせた織田のバカ大将なりよ 【戦国boogie-woogie vol.95】

更新日:

 

本能寺の変が起きてから、京都・山崎で明智光秀を討ち、賤ヶ岳で柴田勝家を倒した秀吉。
次々に織田家の権力を集約していく中で、最大の障壁となったのが徳川家康だった。
1584年3月、そんな両者は初めて激突する(羽黒の戦い)。
後に秀吉側からは森長可や池田恒興などが戦死者するなどの犠牲を出しながら、しかし、両軍は決して大戦に発展することはなく、そのまま半年が過ぎていった。
一体、この戦(いくさ)は、誰がどう終わらせるのか――。
小牧長久手の戦い、いよいよ最終回!

 

【毎週・月曜日連載】 過去の連載全話を最初から読む

長島に向けて、全軍、進めェェエエ工!

20151219アニィたかはしさん4コマ漫画1
◆滝川一益を蜂起させて家康の背後を衝こうとするなど、なりふり構わなかった秀吉は、遂に方角を南へ向けました。
その先にいるのは、この合戦の総大将でもある、アノ御方。
信長の子どもたちの中でも、とりわけ御馬鹿で知られる・・・。

 

スポンサーリンク

それって主催者発表なりか?

20151219アニィたかはしさん4コマ漫画22
◆勝手に伊賀を攻めてボコられたり、家臣を疑って殺したり。
色々とおバカさんで知られてきた織田信雄さんですが、その痛さを最大限に発揮したのはこのときだったかもしれません。
目先の恐怖に負け、家康を放置して和睦――。
まぁ、だからこそ世紀の凡将扱いされているのかもしれませんが、結局、この方1630年まで生き永らえますので、本当の勝者だったのかもしれません。
キレッキレの秀吉と最後までガチでやりあってたら、殺されても不思議じゃなかったですしね。

 

雪深い北陸の山を越え三河まで……その思い込みが……

20151219アニィたかはしさん4コマ漫画3
◆秀吉と家康の講話により、困ったのが北陸で張り切っていた佐々成政さん。
末森城の戦いでは前田利家に跳ね返されてしまいましたが、「まだまだやったるわい!」とばかりに富山と岐阜の間にある雪深い山を越え、家康に面会します。
しかし、あえなく却下――。
信雄が折れ、家康も合戦を続ける理由がなくなり、少し考えればコレ以上は無駄な粘りだとわかりそうなものなのに、成政さんの熱い心がそれを許しません。
そして、その思いは一歩間違えると・・・。

 

讒言の恨みは黒百合に託されて

20151219アニィたかはしさん4コマ漫画4
◆成政の側室・小百合は、他の女性たちの嫉妬を買い、成政に(別の男と浮気をしていたと)讒言されたとも言います。
成政は、その激しい性格から、この讒言の裏を取ることもせず、小百合を成敗。その際、小百合は黒い百合が佐々家を滅ぼすという言葉を残したという逸話もございまして・・・。
いずれにせよ、黒い花なんて不気味でしかありませんよね。
ここでは茶々の心の歪みのほうが気になっちゃいますが(´・ω・`)

 

(来週へ続く)

漫画・アニィたかはし
【毎週・月曜日連載】 ほかの連載全話を最初から読む

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

戦国ブギウギの書籍版です!

最新研究に基づく織田信長の生涯まとめ!【入門編】


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!


武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-まんが戦国ブギウギ, 徳川家, 豊臣家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.