日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

意外と優しい!? 織田信長さん

週刊武春 合戦

明智光秀の必殺戦法「殺し間」火縄銃での実現は可能なのか?漫画『センゴク』

投稿日:

鉄砲の弾道を交差させ、敵を殲滅させる殺し間

掛け網(手描きの絵画技法)を多用し、戦国時代の雰囲気を高いレベルで再現している『センゴク』。
膨大な資料を丁寧に検証して、ほぼ史実準拠のストーリー進行というスタイルのなか、ひときわ異彩を放っていがのが明智光秀と、その必殺戦法「殺し間(ころしま)」であろう。

細長い地形の両側に鉄砲の射手を配置。
弾道が交差するように狙いを定め、誘い込んだ敵の部隊を一斉射撃で壊滅に追い込むという、恐ろしい戦法である。

マンガではあるが、山崎の合戦ではかつてこの作戦を目の当たりにしていた秀吉軍がその配置を警戒し、軍全体の士気が下がるほどの脅威とされていた。

しかし、である。
長篠の合戦における織田信長の「三段撃ち」でさえ疑問視される昨今、火縄銃による「殺し間」がそれほどの脅威になりうるのか?

 

スポンサーリンク

第一次世界大戦の頃に考案されていた現代でも恐ろしい戦法

実はこの「殺し間」は「十字砲火」というれっきとした戦法の一つであり、第一次世界大戦の頃に考案されていた。現代でも攻略困難な恐ろしい戦法である。
なんせこの大戦で、ドイツ軍はたった2丁の機関銃で、ロシア兵の死体の山を築いたほど。
なるほど「殺し間」も理論的にはありえそうだ。

が、ひとつ考えなければならないことがある。なぜ、「十字砲火」という戦法は、第一次世界大戦まで登場しなかったのか。
実は、この作戦を成功させるためには連射機能が必要となる。それを可能にした「機関銃」が投入されたのが第一次世界大戦の頃だったのだ。

では、もう一度、明智光秀の「殺し間」に注目してみよう。
火縄銃では、機関銃のように連射できない代わりに、射手を大勢配置している。片側にざっと20人~30人並べ、約60発の一斉射撃が可能だ。
急所に当たる可能性は、高く見積もって60%くらいだろうか。致命傷を与えうるのはざっと40人弱。まぁ充分と言えば充分だが、正直微妙な数ではある。

例えばドイツ軍の機関銃MG42は一分間に1500発、つまり一秒で30発の発射ができる。2丁あれば一秒で火縄銃の「殺し間」と同じだけの弾丸をバラまける。
もちろん機関銃は、着弾を見ながら照準を変える事も出来るので、ホースで水を巻くように、侵入した敵兵をほぼ殲滅することも可能だ。

一方、火縄銃の「殺し間」では、射手は敵の進行方向に対して斜めに発砲しなければならない。進行方向手前の射手は敵軍をかなりやり過ごしてからの発砲となる。
さらに射線上の奥には味方兵がいるので、もしも流れ弾がそれたりすれば、「ヘタな鉄砲味方に当たる」危険性すら高い。

やはり無理なのか? 先込め式単発銃による十字砲火はやっぱりキツいのか…。と、思ったら実行可能そうな場所があった。
それは城である。堡塁を組み合わせて十字砲火可能にした星形要塞、日本では「五稜郭」に代表されるタイプの城である。これなら両側から常に「殺し間」をキープすることは可能だ。
十字砲火は、機関銃の登場により活用され始めたのが第一次世界大戦以降で、戦法としては、それより昔にあった。

つまり、明智光秀の「殺し間」はあった、という可能性はゼロではない。

文・アニィたかはし



スポンサーリンク

スポンサーリンク

アニィたかはしの連載全話を最初から読む

 

お好きな大河ドラマ作品を選べる!





意外と優しい!? 織田信長さん


毛利元就はナゼ一代で中国地方の覇者となれた?


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!



武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-週刊武春, 合戦

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.