日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 諸家

国宝・松江城の人柱(美少女が埋められた)伝説 と堀尾吉晴・忠氏親子の無念

更新日:

 

月並みな言い回しですが、人生、本当に何が起こるかわからないものです。
ほんの些細なあやまちが取り返しのつかない事態を引き起こしたり、約束もしていないのにたまたま入ったお店で知人と出くわしたり、パンをくわえた転校生と角でぶつかったり……。
まあ最後のはさておき、戦国時代なんてまさに「その発想はなかった」な出来事が山のようにある時代ですよね。
本日はそんなトラブルにやたらと見舞われた? とある大名のお話です。

慶長十六年(1611年)の6月17日は、堀尾吉晴という大名が亡くなった日。昨日チラっと出てきた、「三中老」の一人ですね。

彼は尾張を統一した頃の信長に仕え、その後、秀吉について出世していった武士の一人です。
元々は尾張の土豪だったそうですから、秀吉とはほぼ同じ出自でもあり、ウマがあったのかもしれませんね。

堀尾吉晴肖像画/Wikipediaより引用

 

山崎の戦い・天王山の死闘で明智方の将を討ち取る

堀尾吉晴は、もちろん武働きもきちんとこなしておりました。

信長の稲葉山城攻めで裏道への道案内役を務めたことを皮切りに、秀吉の出世のたびに加増を重ね、山崎の戦いでは先手の一員として参加。天王山の奪い合いで明智方の将を討ち取るという大功を挙げ、翌年1万7000石の大名になります。

加増のたびに全く違う場所に行っていたため、なかなか落ち着いて内政に取り組むことはできなかったようですが、秀吉からの扱いはかなり良いものでした。

俗に「三中老」と呼ばれる五大老と五奉行の仲裁役を任されているのも、秀吉が晩年まで信頼しきっていたからでしょう。この役職名については実在したかどうかがアヤシイともいわれていますが、彼らがそういった仕事をしていたことはおそらく間違いないと思われます。

秀吉さんとは昵懇の仲でした/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

関ヶ原直後、死傷事件に巻き込まれて17ヶ所の負傷

そんなわけで家康とも顔見知りだった吉晴は、秀吉の死後、徳川につきました。といっても関が原の頃には隠居しているんですけどね。このとき隠居料の越前府中を家康からもらっているというのがミソです。

関が原の直前、家康が会津へ向かうときには、家督を譲った息子・忠氏とともに浜松で家康を接待しています。
吉晴としては戦についていくつもりだったようですが、さすがの家康も隠居した人間を会津まで連れて行くのは気が引けたのか、「息子だけついてくればおk。吉晴は越前に戻れ」として、忠氏が従軍することになりました。

ところが、帰国の途についた吉晴にとんでもないトラブルが降りかかります。

三河池鯉鮒(ちりう、現・愛知県知立市)というところで他の大名と宴会をしていたところ、そのうちの二人が口ゲンカになり、一方がもう一方を刺し殺すという事件が起きてしまったのです。吉晴はどちらでもありませんでしたが、17ヶ所(!)負傷しながらも、加害者をその場で成敗して事を収めました。
被害者が家康の親戚だったため、西軍に抱き込まれて暗殺をたくらんだのでは……ともいわれていますが、それなら第三者がいるような場所ではやりませんよね。

先の事件が関が原の年の7月のことだったため、しばらくの間吉晴は療養に入りました。本人としては関が原本戦に参加できないのがよほど悔しかったようで、密かに近江や北陸の情報を家康に書き送っていたともいわれています。ヤル気ありすぎ。

ちなみに忠氏は、会津まで家康についていった後、そのまま本戦にも参加しました。大きな武功をあげることはできませんでしたが、家康からはほめられて出雲松江に24万石という大幅な加増を受けています。
そのぶん吉晴の隠居料は召し上げられてしまっていますけれども、これだけあれば親子それぞれの家臣を養うにも十分ですから、特に不服を申し立てたりはしなかったようです。

 

スポンサーリンク

城の縄張り位置を巡って親子どっちも引かず

吉晴と忠氏は比較的仲の良い親子だったらしく、松江に移ってからは協力して内政にあたっています。
唯一、モメたのは城を建てる場所でした。

当初、堀尾親子はかつて尼子家の本拠だった月山富田城に入ったのですが、ここは領地の北寄りすぎる上に、「天空の城」と呼ばれるほど峻険なところだったため、もっと開発がしやすいところに新しく城を建てることになります。もちろん幕府にはきちんと届出済みです。

が、どこに建てるかという点に関してだけは二人とも意見を譲らず、もめにもめたのです。場所が決まってなくても許可取れるってところが厳しいんだかテキトーなんだかわかりませんね。

トーチャンは「せっかく建てるんだから、将来人が増えたときのことを考えて広い場所がいいだろ!」と言い、息子は「父上のお考えはもっともですが、そこは広すぎてお金がかかりすぎます!」と反対していたのだそうで。
どちらも一理あるだけに、話し合いが困難を極めたことは想像に難くありません。

 

神社の神域に立ち寄った直後、忠氏が急死

忠氏は困り果て、領内のあちこちを見回って、新城にふさわしい場所を探すことにしました。多分、父の推す場所よりはお金がかからず、それでいて広さも十分な場所を求めていたのでしょう。

そして視察の最中、神魂神社(かもすじんじゃ)という神社に立ち寄ったのですが、これがよくありませんでした。といっても、お参りをしたのが悪いわけではありません。
神主に「ここの奥にあるあやめ池を見せていただきたい」とお願いしたのがマズかったのです。現在は自然観察園になっているそうですが、当時は神域ということで立ち入り禁止になっていました。

そのため神主は一度断ったのですが、忠氏はどうしても見たいと言って聞きません。平和な時代の殿様ならともかく、戦国時代の人がただの物見遊山にそこまで執着するとも考えにくいですし、もしかしたら「城の場所について、神のご意見を伺いたい」とでも思っていたのかもしれませんね。

その辺のところはわかりませんが、とにかく忠氏はしつk……熱心だったようで、神主は根負けしてあやめ池への案内を務めました。が、やはり畏れ多いと感じたのでしょう。途中まで案内したものの、そこから先は忠氏を一人で行かせたそうです。
そして忠氏は無事あやめ池を見ることができた……のですが、皆の待っている神社まで戻ってきたときには、顔が紫色になっていたとか。
多分、見ちゃいけないものとか聞いちゃいけないものに接してしまったんでしょうね……。仏様は三回まで許してくれますが、神様は「はいアウトー!(デデーン)」的な感じで罰を当てることもありますから。最近だと伏見稲荷神社がヤバイという話がツイッターで話題になってましたね。

 

吉晴が孫の忠晴の後見人となり、藩を一時

忠氏は何とか月山富田城まで戻ってきたものの、そのまま床に就き、27歳という若さで父に先立って亡くなりました。
新城の場所でもめていなければ、息子がこんなにも早く死ぬことはなかったかもしれないと思うと、吉晴も後悔したでしょうね。

その後、吉晴は忠氏の忘れ形見である忠晴を後見して、松江藩を治めます。城は結局、忠氏が最初に選んだ亀田山に築かれました。これが現在の松江城で、山陰地方で唯一の現存天守でもあります。
残念なことに、吉晴は城が完成する直前に亡くなってしまっているのですけれども、この場所に決めたのは、息子への罪滅ぼしや鎮魂の意味もあったのでしょうね。

ちなみに、吉晴は秀吉時代に「アイツは仏様みたいに温厚だな」ということで、通称とあわせて「仏の茂助」といわれていたのですが……上記の諸々を見るとあんまりそう思えないのはワタクシだけでしょうか。

吉晴とは直接関係ないのですけども、松江城の工事に関しては人柱伝説がいくつかあるため、やっぱり物騒なイメージのほうが強い気がします。
時代的に、工事がうまくいかないから人柱を……というのはわからなくもありませんが、松江城の場合経緯がヒドイ上に複数あるあたりがなんとも。
完全に余談ですが、まぁ、もののついでですからお話しておきましょう。

 

地中から、槍の刺さったドクロが出てきた!?

ひとつは、「盆踊りの日、参加者の中で一番美人かつ踊るのが上手だった少女が、何も知らないうちにさらわれて埋められた」というものです。せめて事情くらい話してやれと。
しかも「城は完成したが、城主親子が急死し、その後改易になった」「天守からすすり泣きが聞こえるようになった」「城下で盆踊りをすると城が揺れるようになった」という本当に笑えない三重苦つきです。

もうひとつは、吉晴の旧友を名乗る虚無僧がやはり人柱になったというものです。
工事がうまくいかない箇所の地面を掘ってみたところ、槍の刺さったどくろが出てきたので、虚無僧が祈祷を行って鎮めようとしました。が、余程恨みが強かったのか、この僧の腕(口?)が悪かったのか、やはり工事はうまくいきません。
仕方がないのでやはり人柱を……ということになったわけですが、当然のことながら名乗り出る者はおらず、見かねた虚無僧が「私の息子を仕官させてくれるのなら」という条件で犠牲を引き受けました。

が、工事は再開できたものの、やはり堀尾家は断絶・改易になった……という話です。
ちなみに、「尺八を吹いていた虚無僧を捕まえて人柱にしたら、その後尺八の音が聞こえてくるようになった」という話もあります。

桜に彩られた松江城は美麗そのものですが……photo by akaitori@flicker

桜に彩られた松江城は美麗そのものですが……photo by akaitori@flicker

 

人柱の伝説は多々ありますが、ここの場合は話の共通点がなさすぎて事実だったのかどうかが全くわかりませんね。
中間を取ると「盆踊りの時期に尺八を吹いていた美人の尼さんが、何も知らされずに人柱になった」みたいな感じになっちゃいますし。それはそれでありそうだから困る。
しかも松江城の向かいに小泉八雲の家があるというのがもう、箔がつきすぎてコメントしづらい(´・ω・`)

というか鳥取城の赤松広英(過去記事:天空の城「竹田城」の主は家康の勘気くらって切腹【その日、歴史が動いた】)といい、松江城といい、中国地方とお城が絡むと幽霊が出なきゃいけない法則でもあるんですか何それ怖い。

長月 七紀・記

TOP画像:Kuruman@flicker

参考:堀尾吉晴/Wikipedia 松江城/Wikipedia

スポンサーリンク

 
戦国武将・時代が驚くほどよくわかる記事マトメはコチラ!

戦国記事スペシャル640

 

 




1位 意外と優しい!? 織田信長さん


2位 伊達政宗さんは史実も最高!


3位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


4位 毛利元就の中国制覇物語


5位 ホントは熱い!徳川家康



6位 最上義光 名将の証明


7位 最期は切ない豊臣秀吉


8位 史実の井伊直虎とは?



9位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?



10位 小野政次 34日間の天下



武将ジャパン・TOPページへ戻る



-その日、歴史が動いた, 諸家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.