日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

意外と優しい!? 織田信長さん

その日、歴史が動いた 徳川家 江戸時代

世界一の日光杉並木を作った知恵伊豆の養父・松平正綱 1万2000本を私財で植樹

更新日:

 

有名すぎるものって意外と作者が知られていなかったりしますよね。
食べ物の発祥なんかはまさにそうじゃないでしょうか。特に発酵食品の場合、「○○の材料を放置してたらよくわからないけど美味しくなってたので、似たような環境を再現してたくさん作るようになりました」なんて話が多いですしね。
食べ物ではありませんが、本日はそんな感じのお話です。

慶安元年(1648年)6月22日は、松平正綱が亡くなった日です。

「何かそんな名前の人、いたようないなかったような……」と思った方もいらっしゃるかもしれません。

とういのも実はこの人、「知恵伊豆」こと松平信綱の養父。もともと信綱と同じ大河内家の出身で、叔父・甥の関係なので、全く血縁がないでもないのですが。この辺はいかにもお家大事な江戸時代っぽいですね。

 

家康の側近を務め、秀忠の治世でも重宝されたが

正綱は、11歳のとき家康の命令で三河長沢(現・愛知県豊川市)の長沢松平家へ養子に入りました。
20歳になってから家康の側仕えを務めるようになり、板倉重昌(勝重の次男)らとともに、時代の閣僚として経験を重ねていきます。

そして江戸時代に入ってからは、秀忠の下で大名に取り立てられました。
秀忠の娘・和子が入内するときには京都へのお供を務めたこともあり、信頼のほどが伺えます。

が、世代が変わり、家光の世になると、古くから仕えてきた分だけ大きくなった正綱の権勢は、周囲から煙たがられるようになってしまいました。家康が亡くなってから、駿府衆と呼ばれていた他の家康側近の武士はほとんど引退していたので、「なんで正綱だけ未だに残ってるんだ」と見られてしまったのです。
また、家光も家光で「予は生まれながらの将軍である」というくらいの勝気な人ですから、このじいやがだんだん疎ましくなりました。

上記の通り、正綱の養子である信綱は家光自ら「わが左手」と賞するほど重用されたにもかかわらず、です。正綱も信綱も真面目に仕事をしていたというのは同じですから、ただ単に性格が合わなかったのかもしれませんね。

しかし、引退後の正綱の功績として忘れてはならないものがひとつあります。

 

スポンサーリンク

総計35.41km! 世界最長の並木道はこうして作られた

家康が亡くなった後、正綱は埋葬場所や遺産の管理などこれまた地味……もとい、派手ではないにしろ重要な仕事を任されていたのですが、その後、日光東照宮や日光杉並木を作っているのです。
ものすごく単純にいえば、日光名物として知られるもののうち、何分の一かは正綱が大きく関わっているということになりますね。

日光杉並木はいくつかのルートがありますが、総計35.41kmというのは世界最長の並木道だそうです。ギネスブックにも登録されているとか。すげえ。
また、ここの杉の木は総計1万2000本以上植えられているのですけども、これほとんど正綱個人のお金で植樹したんだそうですよ。
私財を投じてジーチャンのお弔いをしてくれたんですから、家光ももう少し正綱に優しくしてやればよかったでしょうにね。

もしかして、「(義)親子二代とも重用すると他からのやっかみを買うから、とりあえずお前は引っ込んだフリをしてろ。代わりに権現様の供養として並木道を作ってくれ」とか言われたんでしょうか。
それだったら粋な計らいなんですけど、さすがにないですかね。家光ってそういう「公にしないけど細かいフォローを入れる」のが得意そうな気がするのでつい。

世界一の杉並木/NIKKO FANより

 

毎年100本ほどの杉が早い寿命を迎えている

経緯はともかく、その後も江戸時代の間は日光奉行という役人が代々守り続け、明治政府が「神道を整備するから、ついでに神社の周りの木も切って木材にするぞゴルァ」と言い出したときには地元の官民が一体となって大反対し、今日まで残されているというわけです。
関東だと箱根にも似たような杉並木がありますが、そちらは同じタイミングでかなり伐採されてしまったそうで……やっぱり住民だけが反対してもうまくいかないんですね。

ただ、日光のほうも自動車の排気ガスやら近隣の開発によって根が傷んでいる木も多数あるらしく、毎年100本前後の杉が本来よりもずっと早く寿命を迎えてしまっているのだとか。
このペースだとあと100年程度で消滅の懸念があるとのことで、早急な対策が求められています。
ワタクシも車でしか通ったことがないので、人様のことは言えないのですが……。

せめて三つあるルートのひとつだけでも、徒歩・自転車専用にしたり、夜間通行止めにしたりできないんですかね。不便だから無理か。

あとは乗用車の通行を禁止する代わりに、人力車の車夫さんを呼ぶとかどうでしょうか。外国の方にもウケそうですし、杉への負担も減るし、人力車の文化も残るし、日本人にとっても「古き良き日本」を味わえていいんじゃないかと思うんですが、いかがでしょう日光市さん。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

スポンサーリンク

参考:松平正綱/Wikipedia NIKKO FAN

 

 



意外と優しい!? 織田信長さん


毛利元就はナゼ一代で中国地方の覇者となれた?


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!



武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-その日、歴史が動いた, 徳川家, 江戸時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.