日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 鎌倉・室町時代

皇位継承をめぐり暗殺されそうになった伏見天皇 両統迭立(りょうとうてつりつ)からの「浅原事件」とは?

更新日:

歴史というと、どうしてもクーデターや戦争などの派手な出来事に目が行きがちです。
しかし、その一方で「大事件が起こる寸前だった!」というものもままあります。

タイトルに反して歴史が動かなかった出来事も扱う当コーナーでも、たびたびそういった件を取り扱ってきました。本日はその中でも、ガチで危なかった出来事を経験した、とある天皇のお話です。

文永二年(1265年)4月23日は、伏見天皇が誕生した日です。

日本史の授業では武家政権ができてから幕末まで、ほとんど天皇に関することを習いませんが、実はこの方の時代にかなりヤバイ(小並感)な出来事がありました。
まずはその背景から見ていきましょう。

伏見天皇/Wikipediaより引用

 

後深草天皇の持明院統と、亀山天皇の大覚寺統が根源

この頃の皇室は、ちょっとしたお家騒動になりかけていました。
伏見天皇の父・後深草天皇と、その弟である亀山天皇の間で確執があり、鎌倉幕府が間に入ることになります。
そして「お二人とも正当な皇室の方なんですから、ここはひとつ譲り合ってください。お互いのお血筋の方に交互に皇位へついていただきましょう」(意訳)ということになりました。
これが後深草天皇の血筋・持明院統と、亀山天皇の血筋・大覚寺統による「両統迭立(りょうとうてつりつ)」という状態を生み出します。

後世の人間にとっても覚えにくくて大変困りますが、もちろん当時もこの状態は好ましいものではありませんでした。
前述のヤバイ事件も、その関連で起きたものです。

伏見天皇から見た親族関係で、それまでの皇位継承順を見ると、「父→叔父→従弟→自分」となっていました。つまり、伏見天皇の時代は両統迭立の最初のほうだったわけです。

伏見天皇は持明院統ですから、取り決め通りに行くのなら、次は大覚寺統の人を皇太子に指名しなくてはなりません。
が、伏見天皇はそうせず、自分の息子を皇太子にしてしまいます。大覚寺統空見れば、「約束が違うじゃないか!」と思うのも無理のない話です。

しかし、伏見天皇からすれば「元々皇位は原則直系で続いていくものなのだから、自分の息子がいるのに両統迭立なんて状態のほうがおかしい」わけです。両統迭立状態になったのも、元はといえば後深草天皇・亀山天皇両方の父である後嵯峨天皇が亀山天皇を偏愛したからでした。
なんで、こういうのって、いつの時代も絶えないんでしょうね。

伏見天皇も当然、その理由を知っていたでしょう。
となれば、「お祖父様が変なことしたせいで今めちゃくちゃになってるんだから、私の代から元に戻さなければ!」という考えになったとしても、おかしなことではありません。

こうして静かな火花が散る中で、前代未聞の事件が起きます。

伏見天皇が暗殺されかけたのです。

 

スポンサーリンク

「伏見天皇はドコにいる!?」と女官に聞いてる場合じゃない

武装した男たちが御所に押し入り、女官に天皇の寝室がどこか尋ねたのだそうで。
普通、暗殺って、そういうことを下調べしてからやるものだと思うんですが(´・ω・`)

しかし、実行犯が間抜けだったおかげで、伏見天皇は助かりました。
寝室の場所を聞かれた女官が機転を利かせ、全く違う場所を教えて撹乱している間に急いで伏見天皇へ言上し、事なきを得たのです。この事件を「浅原事件」と呼びます。
もし一歩間違っていたら、伏見天皇は「暗殺された天皇」として有名になっていたかもしれません。

また、対外関係においても重大な悪影響を及ぼすところでした。

浅原事件が起きたのは、正応三年(1290年)です。
つまり、モンゴルに攻めこまれた「文永および弘安の役=元寇」が終わってから、そんなに年数が経っていないということになります。
そんな時期に天皇が暗殺され、皇室が二つに割れ、幕府や武士がそれぞれに味方して内乱状態にでもなっていたら、「この前はやられたけど、内乱やってる今なら勝てるに決まってるぜゲッヘッヘ」(※イメージです)とばかりに、三たび元が攻めてくることもありえたでしょう。
ぞっとしない話です。

さすがに、もう一度攻めこまれていたらヤバかったんでは?/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

暗殺された天皇は記録上ただ一人・崇峻天皇

余談ですが、実際に暗殺された天皇というのもいました。

第32代の崇峻天皇で、聖徳太子の叔父さんにあたります。また、推古天皇の異母弟でもありました。
同時代にそういったビッグネームが多いせいなのか、大人の事情によるものか、「史上唯一の天皇暗殺」という大事件の割に、教科書には掲載されていませんね。

暗殺疑惑がある天皇としては、聖徳太子の父である第31代・用明天皇や、天武天皇の孫の第47代・淳仁天皇、明治天皇の父である第121代・孝明天皇などがいますが、証明されてはいません。

だいぶ話がそれてしまいましたので、そろそろ伏見天皇に戻りましょう。

危機を脱した伏見天皇は、当然のことながら背後関係を調べさせました。
下手人は暗殺失敗の後、警護の武士に見つかって自害したのですが、その時用いた刀が公家の三条実盛のものだったことがわかります。
この人が大覚寺統派だったことから、「背後に大覚寺統が絡んでいるのでは?」と思われました。

が、亀山法皇が「私は神に誓って関係ありません」という起請文(神仏に誓いを立てて身の潔白を証明しようとする文書)を出したこと、伏見天皇の後見(実権者)である父の後深草法皇が事を荒立てようとしなかったことで、それ以上の詮索はされずに終わります。

 

側近・京極為兼は二度も流刑に遭っている

伏見天皇としては、頭を押さえつけられたようで気に入らない結末だったでしょうね。

浅原事件から9年後、息子の後伏見天皇に譲位し、院政を行って両統迭立に対抗しようとしましたが、幕府の意向と大覚寺統には抵抗しきれませんでした。

それでも、後伏見天皇(持明院)・後二条天皇(大覚寺)・花園天皇(持明院)と三代の時代を生きて、自分の息子である後伏見・花園天皇のときは院政を執り行いましたので、ギリギリというところでしょうか。
もしもおおっぴらに鎌倉幕府に反抗したり、元寇の恩賞について不満を持っていた武士を味方につけたりしていたら、今度こそ確実な方法で暗殺されていたでしょう。

というのも、伏見天皇の古くからの側近であり、和歌の師でもあった京極為兼(ためかね、もしくはためかぬ)が二回も流刑になっているのです。
為兼は佐渡に流されて一旦帰京を許されたにもかかわらず、十年ほどして土佐へ再び流罪になって、そのまま亡くなっていますから、これは確実に「これ以上逆らうと、どうなるかわかってますよね^^」という空気が漂っていたことでしょう。

為兼の二回目の流罪前に伏見天皇は出家して、後伏見上皇に院政を引き継がせていますので、それがまずかったのかもしれません。ちなみに為兼も一緒に出家しています。

流罪の憂き目に遭った為兼には気の毒なことですが、彼は伏見天皇より11歳歳上な割に、15年も長生きしているので、案外土佐でのびのび過ごしていたのでしょうか……(´・ω・`)

歴史に絶対的な正解はありませんが、何とも後味の悪い話です。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:伏見天皇/Wikipedia 浅原事件/Wikipedia

 




1位 意外と優しい!? 織田信長さん


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


4位 毛利元就の中国制覇物語


5位 伊達政宗さんは史実も最高!


6位 最上義光 名将の証明


7位 最期は切ない豊臣秀吉


8位 史実の井伊直虎とは?


9位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


10位 小野政次 34日間の天下


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-その日、歴史が動いた, 鎌倉・室町時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.