日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

イギリス その日、歴史が動いた

なぜアイルランドとイギリスは不仲? 日本人には理解しにくいお国事情をスッキリ解説

更新日:

歴史に限らず何でもそうですが、物事を見るときには、できるだけ多角的に見なくてはいけません。「正義の反対はまた別の正義」ともいわれますしね。
しかし、世の中には「どこからどう見てもそっちが悪いよね?」というケースが少なからず存在します。歴史においては大体の場合悲惨極まる話ですが……。
本日はその一例に数えてもいいだろうと思われる、とある国同士の因縁に関するお話です。

1922年(大正十一年)12月6日は、英愛条約によりアイルランド自由国が成立した日です。

独立でもなく、現在の国名ともちょっと違うあたりが何とも不穏な空気を醸し出しますね。これにはアイルランドとイギリス(イングランド)の、一筋縄ではいかない関係が影響しています。
本日はこの日に至るまでのアイルランドの歴史とともに、イギリスとの関係をみていきましょう。

 

4世紀にキリスト教 8世紀にはバイキング そして12世紀から……

アイルランドという土地は、他からの干渉を多く受けてきた国といえます。
自発的に関係を持とうとしたよりも、本人たちが望まないような形で影響されてきたケースが多いのです。
4世紀ごろにキリスト教が伝わったときも、8世紀ごろにバイキングがやってきたときも、アイルランドの人々が自ら望んだわけではありませんでした。

その辺までは他のヨーロッパの国々と似たようなものですが、12世紀からイングランドが大きく干渉してきたことにより、歴史的な因縁ができていきます。正確には、「バイキングの末裔であるノルマン人がイングランドを征服し、次の獲物としてアイルランドに目をつけた」というところです。

しかし、侵攻が成功してアイルランドで勢力を持つノルマン人が出てくると、イングランドの王様・ヘンリー2世は心配になります。「こんなに近いところで、強い国ができたらひとたまりもない」と。勝手なものです。
そこで、禍根を断つためにアイルランドのノルマン人へ攻め込みました。もう何が何やら。

アイルランドとイギリス4

 

スポンサーリンク

ヘンリー8世の登場により事態はにわかに動き出す

攻め込まれたアイルランド軍は、ダブリン(現在のアイルランドの首都)以外のところでは勝ち続けることができました。先に居着いていたノルマン人たちが、うまくアイルランドに溶け込んでいたからです。となると、軍としてのまとまりが生まれるのも当然の話。

一方で、イングランド軍の兵からすれば「王様は心配してるみたいだけど、わざわざ戦争なんてしなくてもいいじゃないか。俺達は家族と一緒に穏やかな暮らしがしたいのに」と思うわけです。これでは、戦意に雲泥の差が生まれるわけですよね。
かといってアイルランドの全面勝利で終了! とは決してならず、結局は、ときのイングランド王・ヘンリー2世が直々にやってきた後は徐々にイングランドの支配下に組み込まれていくようになりました。そうこうするうちイングランドでも内戦が多発したことによって、以降200年ほど両国の関係は小康状態になります。
まあ、その間に「ノルマン人がアイルランドに土着しすぎるのはマズイ。地元民との結婚とかアレコレ禁止しよう」という法律ができたりして、国内は穏やかとはいいきれなかったのですが。

次に話がキナ臭くなるのは、ヘンリー8世の時代です。
あの奥さんを殺しまくった王様であり、エリザベス1世の父でもあります。

ヘンリー8世は、世継ぎの男の子を得るために、無理やりカトリックを捨てて英国国教会を作りました。これは、敬虔なカトリックであるアイルランド人や、支配者層のノルマン人にとって許せないこと。反乱を煽る聖職者も表れ、ものの見事に武力衝突があっちこっちで起こります。

数十年後、エリザベス1世が「アイルランドの土地をぶん取ってイングランド人に与える」というカツアゲにしか見えない政策をとったこともあり、この時代にアイルランド人のイングランドに対する印象は悪くなってしまいます。
さらに、エリザベス1世の次の代、いとこのジェイムズ6世の頃には、これ以下にはならないだろうというところまでいきました。

 

スポンサーリンク

チャールズ1世を指示したばかりに結果60万人が亡くなる

ジェイムズ6世はスコットランドの出身なのですが、彼は王位に就くやいなや、「スコットランド人にアイルランドを支配させてうまくいけば、スコットランド・イングランド・アイルランド全てが俺のものになってウマー!」(超訳)と考え、実行してしまったのです。

これもまた、アイルランド人にとっては許しがたいことでした。せっかく王様が変わって土地が戻ってくると思ったのに、また別のヤツらがかすめとっていこうとしているのですから。

しかしイングランドで清教徒革命が起きたとき、アイルランドは大きな失敗をしてしまいます。
この革命をざっくり言うと、「イングランド国王チャールズ1世が清教徒(ピューリタン・キリスト教の中でも潔癖な宗旨を持つ)を弾圧した反動で起きた」ものです。
このとき、アイルランド人達はチャールズ1世を支持していました。チャールズ1世の妃がカトリックだったので、「俺達のことも少しは理解してくれるだろう」と思っていたのです。

が、チャールズ1世を公開処刑した革命軍は、返す刀でアイルランド人を虐殺しはじめます。病や飢饉も平行して起こり、実に60万人ものアイルランド人が犠牲となりました。
これでは、アイルランド人がイングランド人、そしてその後継者であるイギリス人に良い印象を持てないのも当たり前の話です。
アイルランド人も黙って支配されているばかりではなく、フランス革命に習おうとしたこともありましたが、あえなく失敗。
イングランドがイギリスになった後は懐柔策として、イギリス議会にアイルランド人議員の席ももうけられましたが、それだけでは腹の虫が収まるわけもありません。

アイルランドとイギリス3

 

ジャガイモ飢饉が起こっても小麦の輸出を継続させ

そんなところで、もう一度大きな火種……というか、爆弾が投げ入れられます。
1840年代のジャガイモ飢饉です。

歴史の世界でアイルランドの名前を出すとき、クロムウェルによる虐殺事件と並んで欠かすことができない、もう一つの悲劇です。
飢饉自体はジャガイモの病気が原因なので、偶然起きたといえなくもないのですが……それに対するイギリス政府の対策がひどすぎました。

「ジャガイモが食べられなくても、ヨーロッパなら小麦でパンが作れるじゃん。っていうか主食はパンでしょ?」と思いますよね。
しかし、この時期のアイルランドは小麦を作っても、イギリスに輸出する(させられる)ばかりで、自分たちはジャガイモを主食としていました。その主食が食べられなくなっても、イギリス政府は小麦の輸出をやめさせないばかりか、何ら救済策を講じなかったのです。
これ以前の飢饉では、アイルランド内で小麦の流通が図られたというのに、です。

体力のない者から次々と倒れ、少しでも余裕のある者は新天地を求めて海を渡った結果、アイルランドの人口は300万人近く減ってしまいました。うち死者が80万~100万、移民として他の国へ行った人が200万くらいと考えられています。
あまりにも被害が大きすぎて、正確な数字がわからないのです。

 

21世紀になっても当時から増えていないアイルランドの人口

実は21世紀に入っても、アイルランドの人口はジャガイモ飢饉以前の人口を超えていません。
日本最大の飢饉といわれる天明の大飢饉(1782~1788年)でも、ほぼ同じ92万人前後の死者が出たといわれていますが、日本の人口は当時の何倍にもなっていますよね。
気候や他の要因もありますので、単純な比較はできませんが、ジャガイモ飢饉がいかにアイルランドへダメージを与えたかがわかろうというもの。
このためにアイルランドの地元の言葉を話す人も激減してしまい、生き残った人々は仕事を得るために、英語を習得せざるを得なくなりました。

結果としてイギリスの支配力がより強まりましたが、同時に独立を目指す動きも高まることになります。そりゃ、これだけひどい目に遭わされ続けたら、どこの国の人だって黙っちゃいないですよね。
ついでにいうと、ジャガイモ飢饉の時期はヴィクトリア女王の治世の初期に当たります。つまり、アイルランドの人口が激減して悲惨なことになったのと入れ替わりに、「パクス・ブリタニカ」と呼ばれるイギリスの最盛期が始まるわけです。これも、アイルランド人にとっては腹が立つどころじゃないですよね……。

しかし、アイルランドの中にも平和的解決を図る人々と、「暴力を使ってでも独立すべきだ!」とする過激な人々がいたため、なかなか方針がまとまらず、結果として独立が延びてしまいます。
第一次世界大戦の前には、イギリスで「アイルランドの自治を認める」とする法律も作られていたのですが、大戦によって施行が遅れに遅れました。
その間も過激派によるイギリス軍等へのテロやゲリラ攻撃が続き、大戦が終わる頃には、双方ともにすっかり疲弊。そんな中で結ばれたのが英愛条約というわけです。

ところが、です。これもスッキリとは解決いたしません。
「イギリス系住民の居場所として、北アイルランドのうち6州だけをイギリス領のままにしておいてほしい」と提案が出されたことで、火種が残り続けます。
これが現在も続く、俗に“北アイルランド問題”と呼ばれるものです。

イギリス

 

日本にとっては意外に身近な国だった

独立したほうの(南)アイルランドではカトリックが主流なので、当然議会やお偉いさんたちもカトリックが多いわけですが、イギリスの一部である北アイルランドでは、相変わらずプロテスタント=支配層、カトリック=被支配層という状態が続いたことが直接の原因。
例によって平等を求めても改善されないため、やっぱり暴力的手段に出る人々が表れ始めます。
イギリスの警察や軍が鎮圧しようとするも、アイルランド人をブッコロしてしまったために余計反感を買い、泥沼化してしまいました。

たぶん一定以上の世代の方はご記憶かと思うのですが、十年ちょっと前までは、ヨーロッパのニュースというと「またアイルランドのテロか」みたいな状態でしたよね。
その印象が強すぎて、「アイルランドは物騒な国」と思っている方も少なくないのではないでしょうか。2016年にも、銃撃事件が起きてしまいましたね……。

その一方で、日本とはワーキングホリデーの協定国になっているため、若者には少しだけ身近な国となりました。
まあ、経験者の話からすると、日本(というかアジア全般)のことは全く知らない方のほうが多いようですし、やはりイギリスやオーストラリアなどに比べると人気が……なので、まだまだこれから、といったところですが。

実は、日本との関係も悪いわけではありません。
第二次世界大戦中のアイルランドは中立国でしたし、東日本大震災の際も日本赤十字に100万ユーロを寄付してくれています。
ここ数年では要人の往来も盛んになってきていますので、今後一気に距離が近づくこともあるかもしれません。
今はどこもかしこもアヤシイ状況ですから、一か所でも仲良くなれる国ができたら、お互いに安心できますし。

もしもアイルランド人と仲良くなる機会ができたときには、上記の経緯を踏まえ、イギリスの話題だけは本当に避けたほうが良さそうです。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:アイルランドの歴史/wikipedia 外務省

 




1位 意外と優しい!? 織田信長さん


2位 伊達政宗さんは史実も最高!


3位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


4位 毛利元就の中国制覇物語


5位 ホントは熱い!徳川家康



6位 最上義光 名将の証明


7位 最期は切ない豊臣秀吉


8位 史実の井伊直虎とは?



9位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?



10位 小野政次 34日間の天下



武将ジャパン・TOPページへ戻る



-イギリス, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.