日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 鎌倉・室町時代 諸家

千葉常胤と末裔たち 試合に負けて勝負に勝った一族の行く末とは?

更新日:

 

千葉県に勢力を築いた千葉常胤 月星紋がカッコエエ

一般的に、歴史上で人気のある人物は、戦に強いとか、わかりやすく成功した人ですよね。
こfれが歴史に強く興味関心のある方だと、ちょっと変わった逸話がある人なども注目度が高まるでしょう。
戦国武将で代表例を挙げるとすれば、前者は豊臣秀吉、後者では伊達政宗や真田幸村、島津義弘などですかね。まあ、戦国武将の場合はそれぞれに熱狂的なファンがいますけれども。
今回はそうした英雄視されるタイプではありませんが、ある意味勝ちを収めた、とある一族のお話です。

建仁元年(1201年)3月24日は、千葉常胤(つねたね)が亡くなった日です。

その名の通り、現在の千葉県に勢力を築いていた家ですが、世間一般の知名度は決して高いとはいえません。
そもそも千葉氏とはどんな一族なのか? その点からざっくりとお話していきましょう。
本題とは関係ありませんが、千葉氏の紋「月星」がなかなかカッコイイです。ぶっちゃけ今の千葉県のロゴよりこっちがいいとか……ゲフンゴホン。

千葉氏の月星/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

石橋山の戦いで敗れた源頼朝が助力を求む

千葉氏の始まりは、平忠常の子孫・常長が現在の千葉市緑区に本拠を築いたことだとされています。
その後、一族が下総(現・千葉県北部)に進出していき、やがて千葉氏と上総氏の二つの家に分かれました。

千葉氏は現在の千葉市中央区亥鼻(いのはな・当時は”猪鼻”)に館を築き、本拠を移しています。
ちなみに、現在ここにある「千葉城」「猪鼻(亥鼻)城」は昭和になってから千葉市郷土館(現・千葉市立郷土博物館)として作られたものなので、当時の遺構ではありません。※TOP画像が千葉城
まあ、鎌倉幕府以降戦乱が絶えず、さらに地震雷火事(親父)が揃い踏みの関東で、平安頃の遺構が残る……というのは、そもそも無理ゲーですよね。それに、この手のものを木造で再現しようとすると、とんでもないお金がかかるので仕方ありません。

上総氏とは同族でありながら枝分かれしたという経緯上、両者は争いが多く、また佐竹氏とは相馬御厨(伊勢神宮に寄進した荘園で、現在の茨城県~千葉県にあったところ)を巡って対立しました。
こうしたジタバタの中、頼朝が治承四年(1180年)に平氏打倒に向けて挙兵。緒戦の「石橋山の戦い」で敗れ、頼朝が安房にやってきた時、協力を求めたのが当時の千葉氏当主・常胤でした。
おおざっぱにいうと、この時点では「都での争いに敗れて降ってきた御曹子が、地元の有力者の力を借りて盛り返そうとした」という構図でしょうか。

千葉常胤/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

一ノ谷の戦いや九州で武功を挙げ東北にも所領を得た

実は、源氏と千葉氏にはここまでの間にいくつかの接点がありました。
常胤の父・常重と頼朝の父・義朝は、以前相馬御厨を巡る争いで関わったことがあります。
また、保元の乱(後白河天皇vs崇徳上皇のアレ)でも常胤は義朝についていましたし、平治の乱で義朝方が敗死した後は、常胤が義朝の大叔父の息子・頼隆を養育しています。
頼朝がこの辺の経緯を知っていたかどうかは分かりませんが、どちらにしろ浅からぬ縁がある家同士ということになります。

こうして源氏についた常胤は、現在の市川市国府台を拠点にしていた平家方の代官を討って、本格的に源氏軍の一員となりました。
しかし、その間に千葉氏の本拠を平家方の藤原親政に襲われていたりするので、最終的に常胤が勝ったものの、肝をつぶしたでしょうね。

常胤の源氏方内部での立場は、あくまで御家人の一人というものでした。源範頼軍に属して一ノ谷の戦いや九州での緒戦で武功を挙げています。
京の警護や奥州合戦へも参加しており、その褒美として東北で幾つかの領地を得たとされています。

また、頼朝が千葉方面から葛西家の拠点である武蔵に入るとき、船を用立てたのが千葉氏・上総氏だったとか。
これが縁となったのでしょうか、常胤と葛西清元・清重親子とは親交があったらしく、香取神宮造営でも協力したようです。
当時の推定図からすると、常胤の地元・千葉と鎌倉の町の作りが似ている(北端に寺社があり、そこから南北に大きな道を作っている)ことから、常胤が鎌倉建設に献策したのではという説もあるとかないとか。

この辺を総合して考えると、頼朝から見た常胤は「派手な功績はないが、そつなくいろいろな仕事がデキるヤツ」といった印象だったのかもしれません。

 

その後の千葉氏は幼主が続いて困難まみれ

鎌倉幕府ができてからの常胤について特筆すべき点はないようで、建仁元年(1201年)になくなったときは、84歳での大往生ということだけがわかっています。
しかし、その後の千葉氏は難しい状況に追い込まれていきました。

常胤の息子の時代には、鎌倉幕府二代将軍・頼家の誕生祝いをするなど密接な関係にありながら、その後、千葉氏には幼主が続き衰退していくのです。
やがて常胤の弟・常秀の系統が主流になりました。が、北条氏に敗れ、千葉氏を含めた房総平氏(平忠常の子孫・清盛とは関係ない)の多くが没落していきます。

元寇の際は当主・頼胤が討ち死にしてしまい、嫡男・宗胤が九州に出向くというトラブルが起きました。
しかも「その間、国元の仕事はどーすんだ!?」→「弟さんの胤宗様にやってもらおう!」というイヤな流れになり、「新当主vs新当主の弟」という観応の擾乱みたいな対立が起きます。
外国に攻め込まれてるときに悠長なものです。まあ、当時の千葉からすれば、九州も外国みたいなものですけどね……。

そのまま南北朝時代に入ると、胤宗の系統が宗家となり、宗胤の系統は九州に残って血を繋いでいくことになります。
千葉に残った宗家のほうも、応仁の乱の12年前に起きた享徳の乱(足利将軍家vs足利関東公方家の争いに関東の諸大名が絡んで長引きまくった戦)で滅亡同然になりました。
筆頭家老・原家が強大化したものの、太田道灌らが千葉氏の嫡流である実胤・自胤を擁立して下総に侵攻。傍流に当たる千葉輔胤らが一時は追い返しながら、輔胤も現在の千葉市に居続けることはできず、佐倉市・酒々井町あたりに移動しました。

 

散り散りになっても生き残った!

その後も、互いに千葉氏の正当な嫡流を名乗りあって内紛が続き、最終的に輔胤の子孫が千葉氏の嫡流扱いとなりました。
どんどん嫡流から離れていってる気がしますけど(´・ω・`)

戦国時代になると北からは佐竹氏と小弓公方(千葉を本拠にしていた足利家の分家)、南からは里見氏の脅威にさらされます。
千葉氏は後北条氏と姻戚関係になって領地を保ったものの、安定したわけではなく、当主が続けて暗殺されるなど、またしても混乱に陥りました。
よくこんなに頻繁に乱れていて、家名が残ったものです。

そうこうしている間に秀吉の小田原征伐が始まり、後北条方だった千葉氏も所領を没収されました。
その後は一族散り散りとなり、東北から関東にかけてそれぞれ歴史の中に埋もれていったのですが……中には庄屋や豪農として、庶民よりは少し上の立場で落ち着いた者もいたとか。

「戦に勝つ」ことではなく、「何がどうなっても生き残る」ことを勝ちだとするのならば、千葉氏は勝者に分類されるでしょうね。

長月 七紀・記

小田原征伐をスッキリ解説! 北条家が強気でいられた小田原城はどんだけ強かった?

スポンサーリンク

参考:千葉常胤/wikipedia 千葉氏/wikipedia

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-その日、歴史が動いた, 鎌倉・室町時代, 諸家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.