本多正信

本多正信/wikipediaより引用

戦国時代

本多正信(家康の側近)は謀臣に非ず 敗者に優しい平凡武将が徳川を支えた

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
本多正信
をクリックお願いします。

 

敗者に優しく、敗者をつくらず、裏方に徹す

正信は、自身のキャリアの影響からか「敗者」に優しかった。

上杉家の重臣・直江兼続から乞われて、正信の次男・政重を養子にやっている。

言わずもがなだが、上杉家は関ヶ原の敗者である。

直江兼続の真価は「義と愛」にあらず 史実に見る60年の生涯まとめ

続きを見る

徳川家と豊臣家の二大閥の間にいた第三勢力の加賀藩も、豊臣家に見切りをつけて徳川家に近づいてきた。

それを取り持って、直江となっていた政重を本多姓に戻し、加賀藩に仕えさせることに成功している。

こうした裏での駆け引きに長けていたため、正信は「謀臣」などといわれるが、苦杯をなめた人生だけに、敗者をできるだけ作らないことに汗を流したと評価することもできるだろう。

慶長20年(1615年)の大坂夏の陣で、豊臣家は滅亡する。

この戦いで豊臣家はもちろん滅んだが、多くの豊臣方の武将はもともと浪人であった。

もしも、この戦いを前に、幕府が上杉や前田を改易に追い込み、大量の浪人を世に放っていたら、彼らが豊臣家についてより大きな犠牲が生まれた「IFシナリオ」も見えてくる。

どこかでガス抜きをする存在が必要だったのではなかろうか。

大坂夏の陣(大阪夏の陣)
大坂夏の陣の全貌がわかる各武将の戦闘まとめ! 幸村や又兵衛の散り際

続きを見る

正信は晩年、家康第一の側近となったとされている。

しかし、石高は2万2,000石止まり。

本人が固辞したからともいわれるが、やはり武功面よりも行政面で優れていたから、戦国期においてはさすがの家康も高い石高で報いることはできなかったのだろう。

徳川家康
徳川家康 史実の人物像に迫る!生誕から大坂の陣まで75年の生涯 年表付

続きを見る

家康は1616年になくなると、それを追うように49日後の6月7日に正信もこの世を去った。

享年79。
京都の本願寺に墓がある。

 

徳川内部の嫉妬からか二代で没落

正信没後、本多氏は長男の本多正純が跡を継いだ。

正純は、父が江戸にいる間も駿府(静岡市)の家康の側近として仕え、家康と父の死後は江戸に移り秀忠に仕えている。

秀忠政権では事実上の筆頭家老。元和五年(1619年)には一気に15万5,000石に加増され、宇都宮城(栃木県宇都宮市)を与えられた。

ところが、である。

そのわずか3年後に改易となり、秋田県の横手に配流され、1638年(寛永十四年)に亡くなった。

徳川家の本多氏は二代で隆盛し、すぐに没落したのである。

しかし、正信の次男・加賀藩本多政重の家は最後まで加賀藩筆頭家老として、役目を全うした。

余談となるが、正信が残したとされる教訓書が『本佐録(ほんさろく)』である。

主君に仕えることの大切さをとく儒教的な内容と、家臣との関係に「情け」を重視することなど、正信らしき配慮から、当人の著とされてきたが、実際の著者は不明だ。

同書にはこんな一節がある。

「百姓は、財の余らぬやうに、不足になきやうに治る事、道也」

「ほどほどがよい」というスーパー平凡人の正信なら言いそうなことだ。

みんなが読んでる関連記事

徳川家康
徳川家康 史実の人物像に迫る!生誕から大坂の陣まで75年の生涯 年表付

続きを見る

徳川秀忠
徳川秀忠(家康の三男)関ヶ原の遅刻は冤罪か?二代目将軍の実力まとめ

続きを見る

今川義元
今川義元が「海道一の弓取り」と呼ばれた実力とは?42年の生き様を見よ!

続きを見る

桶狭間の戦いで信長が勝てたのは必然か『信長公記』にはどう書かれた?

続きを見る

三河一向一揆
徳川家臣団を分裂危機に追い込んだ三河一向一揆~家康はどう立て直した?

続きを見る

松永久秀は爆死に非ず~信長を2度裏切るも実は忠義の智将70年の生涯

続きを見る

天正壬午の乱で大国に囲まれ絶体絶命!真田は危機をどう乗り越えた?

続きを見る

本多忠勝
本多忠勝(徳川四天王)63年の生涯と5つの最強エピソード!年表付

続きを見る

井伊直政
井伊直政(徳川四天王)武田赤備えを継ぎ「赤鬼」と恐れられた42年の生涯

続きを見る

小牧・長久手の戦い
豊臣vs徳川の総力戦「小牧・長久手の戦い」複雑な戦況をスッキリ解説

続きを見る

小田原征伐で秀吉相手に退かず! 北条家の小田原城はどんだけ強いのか

続きを見る

真田昌幸
なぜ真田昌幸は三成に「表裏比興」と呼ばれたか 65年の生涯まとめ

続きを見る

真田幸村(真田信繁)
真田幸村(信繁)史実の人物像に迫る!生誕から大坂の陣まで45年の生涯

続きを見る

直江兼続の真価は「義と愛」にあらず 史実に見る60年の生涯まとめ

続きを見る

大坂夏の陣(大阪夏の陣)
大坂夏の陣の全貌がわかる各武将の戦闘まとめ! 幸村や又兵衛の散り際

続きを見る

文・恵美嘉樹

【参考】
国史大辞典
煎本増夫『徳川家康家臣団の事典』(→amazon
ほか

TOPページへ

 



-戦国時代