海北友松

建仁寺雲竜図

戦国時代

戦国武将の生き方を諦めた海北友松(浅井家の家臣)絵師として名を馳せる

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
海北友松
をクリックお願いします。

 

友松の作品「雲龍図」はもともと建仁寺にあった

絵画の道に生きた友松は、数々の名画を生み出していきます。

でもやはり本望ではなかったのか「オレ、やっぱり芸術家よりも武家として生きたかったよ。年取っちゃったけど、まだどこかにチャンスないかなあ」なんてボヤキが残されています。

未練を抱えていながらも、重要文化財級の絵画を描けたのですから、秀吉の見立ては当たっていたのでしょうね。

そんな友松のお墓は、京都の建仁寺というところにあります。

友松の作品のひとつ『雲龍図』が有名ですね(TOP画像参照)。

ここは教科書や資料集によく載っている『風神雷神図』もあるお寺です。

『風神雷神図屏風』俵屋宗達

建仁寺の『風神雷神図屏風』(絵・俵屋宗達)/wikipediaより引用

ちなみに、友松のお墓の隣には親友・斎藤利三のお墓もあります。

「オレが死んだら、友達の隣に墓を作ってくれ」と言い残していたそうです。雲竜図などの名画は、もしかすると利三供養の意味もあったのかもしれませんね。

本望ではなかったものの、人に見出されて立派な作品を残した友松。

我々凡人から見たら羨ましい限りですが……。

 

みんなが読んでる関連記事

浅井長政(信長を裏切った男)29年の生涯とは?その血は皇室へ続く

続きを見る

小谷城の戦い(信長vs長政)で浅井家滅亡!難攻不落の山城はなぜ落ちた?

続きを見る

織田信長
織田信長 史実の人物像に迫る!生誕から本能寺まで49年の生涯まとめ年表付

続きを見る

お市の方
戦国一の美女・お市の方(信長の妹)が勝家と共に死す~37年の生涯

続きを見る

明智光秀
明智光秀の史実を振り返る!麒麟がくるとは何が違ったか?55年の生涯まとめ

続きを見る

斎藤利三
斎藤利三(稲葉家→明智家)は光秀の右腕として丹波を統治!そして本能寺へ

続きを見る

豊臣秀吉
豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

【参考】
国史大辞典
京都国立博物館(→link
海北友松/wikipedia
ほか

TOPページへ

 



-戦国時代