真柄直隆

馬上で長い太刀を振り下ろそうとする真柄直隆(姉川合戦図屏風)/wikipediaより引用

信長公記 浅井・朝倉家

越前の戦国武将・真柄直隆が忠勝と一騎打ち!太郎太刀の長さは2m超

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
真柄直隆
をクリックお願いします。

 

今度は徳川の匂坂三兄弟と死闘

周囲の様子から敗勢を悟った直隆は、忠勝との決着を諦め、自ら殿(しんがり)を買って出ました。

殿とは、撤退する軍の最後尾で支えること。

危険かつ手練でなければ難しいとされる戦いです。

その途中、直隆は、徳川家の匂坂(さきさか)三兄弟とも再度死闘を演じたといわれています。

怪力ももちろんですが、スタミナがすごいですね。

※『明智軍記』では「身長196cm・体重252kg」という記述(ただし書物そのものが信ぴょう性低い)

とはいえ、やはり直隆も人間。

しばらくした後に疲れ果て、「今はこれまで、我が首を手柄にせよ」と自ら太郎太刀を投げ捨てると、匂坂三兄弟に首を差し出したといいます。

これまた潔いといいますか。

実に戦国武将らしい価値観ですね。

他に、徳川家臣の青木一重が直隆の息子とされる真柄隆基を、竹中重治(半兵衛)の弟・竹中重矩が遠藤直経を討ち取った――と信長公記には書かれています。

織田・徳川軍の挙げた首は、1100ほどあったとか。

味方の被害も大きかったため、楽勝ではありませんが、大勝といっていいでしょう。

 

浅井の重臣・磯野員昌を攻略だ

勢いに乗った織田・徳川軍は小谷城まで5.5kmほどのところまで追撃しました。

が、小谷城そのものは一朝一夕には落ちない堅城のため、追撃をいったん中止。

近隣の横山城(長浜市)を攻略して、城番に木下藤吉郎(豊臣秀吉)を入れています。

そして7月1日。

今度は佐和山城(彦根市)に籠もっていた浅井方の武将・磯野員昌(いそのかずまさ)を攻めました。

磯野員昌
磯野員昌は織田家vs浅井家のキーマン 近江を代表する勇将の生涯

続きを見る

ここも容易には落ちませんでした。

しかし、鹿垣(ししがき・獣に対する垣・囲いのこと)を設置するなどして包囲を続けた結果、翌元亀二年(1571年)2月に降伏させます。

こちらは丹羽長秀が城番を務めることになっていますので、包囲中の責任者も彼だったのでしょう。

丹羽長秀
信長に友と呼ばれた織田家の重臣・丹羽長秀 その生涯65年まとめ

続きを見る

磯野員昌は、姉川の戦いで、信長本陣めがけて「姉川十一段崩し」という猛攻をしたといわれる勇将です。

何か?というと、信長本陣の前に構えていた十三段の備えのうち十一段まで崩した――というものですね。

織田軍にとっては、首の皮一枚で繋がっているような状態に感じられたでしょう。

このときは美濃三人衆が信長救援に動き、さらには「徳川軍が織田軍側に進んできている」という知らせが入り、浅井軍も撤退しております。

前述、本多忠勝と真柄直隆の一騎打ちを止めさせた、タイミングですね。

徳川軍が側面攻撃に成功して、朝倉軍を後退させていたのです。

 

ルートを確保すると早速京都へ

しかし、この磯野員昌の「十一段崩し」は、江戸時代の書物が初出なので、やはり創作の可能性は否めません。

員昌自身の武勇を誇張するためか。

あるいは家康やその家臣団の優秀さを強調するためか。

いずれかの狙いが含まれていそうですが、全く根拠のないものから創作するのも難しいですし、員昌が勇猛であったことは事実と見ても良さそうです。

こうして、岐阜と京都を行き来するルートはほぼ万全になった織田軍。

7月6日に信長は、御馬廻衆だけを連れて上洛し、将軍・足利義昭に状況を報告しています。

その後、上方での政務を片付け、7月8日に岐阜へ帰還しました。

信長の処理速度はいつも半端ないですが、それについていく御馬廻衆もなかなかのフットワークですね。

大勝を収めたものの、浅井・朝倉両氏との戦いはまだまだ続きます。

それ以外の大敵も迫っておりました。

あわせて読みたい関連記事

姉川の戦い
織田徳川vs浅井朝倉となった「姉川の戦い」は実質引き分けだった?

続きを見る

金ヶ崎の退き口
信長最大のピンチ【金ヶ崎の退き口】とは?生還できたのは久秀のお陰?

続きを見る

本多忠勝
家康を天下人にした本多忠勝の最強エピソード!どうする家康山田裕貴

続きを見る

榊原康政
徳川四天王・榊原康政にはどんな功績がある? 家康と歩んだ生涯59年

続きを見る

磯野員昌
磯野員昌は織田家vs浅井家のキーマン 近江を代表する勇将の生涯

続きを見る

丹羽長秀
信長に友と呼ばれた織田家の重臣・丹羽長秀 その生涯65年まとめ

続きを見る

信長公記をはじめから読みたい方は以下のリンク先へ。

信長公記

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
太田 牛一・中川 太古『現代語訳 信長公記 (新人物文庫)』(→amazon
日本史史料研究会編『信長研究の最前線 (歴史新書y 49)』(→amazon
谷口克広『織田信長合戦全録―桶狭間から本能寺まで (中公新書)』(→amazon
谷口克広『信長と消えた家臣たち』(→amazon
谷口克広『織田信長家臣人名辞典』(→amazon
峰岸 純夫・片桐 昭彦『戦国武将合戦事典』(→amazon

TOPページへ

 



-信長公記, 浅井・朝倉家

×