豊臣家 島津家 まんが戦国ブギウギ

根白坂の戦いで豊臣vs島津!薩摩力を攻略したのは……まんが戦国ブギウギ102話

四国軍を引き連れた仙石秀久島津家久になぎ倒され、ついに全力で九州へ向かった豊臣軍。

仙石秀久が秀吉の下で大出世&大失態! 漫画センゴク主人公64年の生涯とは?

続きを見る

島津家久は四兄弟最強! 大軍を次々に撃ち破った軍神41年の戦歴が凄まじい

続きを見る

長宗我部信親の哀しき最期「オレは戸次川の戦いで討死する」【戦国討死譚】

続きを見る

黒田官兵衛や弟・豊臣秀長を頼りに兵を進めさせながら、豊臣秀吉も彼の地へ乗り込んだ。

御自ら島津を倒すため――。

否。

彼の目には、織田信長も所望してやまなかったという茶器の名物が映っていたのであった。

黒田官兵衛は本当に秀吉の軍師と呼べるのか?59年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

秀吉を支えた偉大過ぎるNO.2豊臣秀長(羽柴秀長)天下統一への功績とは

続きを見る

 

お好きな項目に飛べる目次

難攻不落の城

◆茶器大好きの信長が所望し、あと一歩で入手できたという「楢柴肩衝(ならしばかたつき)」。

あり得ない価格で元の持ち主から強奪&所持していた秋月種実は、信長の茶器好きもキッチリ継承した秀吉に狙われてしまいます。

織田信長は意外と優しい!? 生誕から本能寺まで49年の史実解説【年表付】

続きを見る

信長の愛した茶器&茶会 どんな名物を所持し、配下の者に与えていたのか?

続きを見る

しかも益富城が燃やされ、翌日になって完全復活!

いったい何があったんじゃ???

秀吉軍は、九州上陸最初の城攻略で見せしめの意味合いも強く、兵の士気も恐ろしく高かったようで、秋月はすっかり意気消沈とあいなってしまうのでした。

 

一夜城演出

◆墨俣城に始まり、小田原攻めでも突然城を登場させたとして有名な秀吉の築城術ですが、今回の益富城にも一夜城のトリックが繰り出されておりました。

現在、墨俣城については、あくまで伝説であり、ただの作り話として認知されています。

※ただし『明智軍記』には別の一夜城の記載があったりします(江戸時代の小説ですが)

秀吉が築いた「一夜城」は墨俣城ではなく「伏屋城」だった!? 明智軍記第8話

続きを見る

豊臣秀吉 62年の生涯まとめ【年表付き】多くの伝説はドコまで本当か?

続きを見る

むろん、だからと言って秀吉の名声が落ちるワケではなく、逆にその凄さを際立てているのかもしれません。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-豊臣家, 島津家, まんが戦国ブギウギ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.