伊達家

政宗が東北代表の戦国大名として担がれるのはなぜ?仙台藩vs薩摩藩の影響か

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
なぜ政宗は東北代表の戦国大名に?
をクリックお願いします。

 

外様大名頂上決戦の勝敗は……

こうした外様大名の頂上決戦は、幕末から明治にかけて、残酷な決着がつけられました。

明治維新です。

薩摩藩が維新の覇者として君臨する中。

東北No.1というプライドから「奥羽越列藩同盟」を率いた仙台藩は、西軍相手に大敗を喫してしまいました。

奥羽越列藩同盟
奥羽越列藩同盟は何のために結成? 伊達家を中心とした東北31藩は戊辰戦争に敗れ

続きを見る

敗北した東北地方の人々は、以降、蔑視にさらされ苦しみます。

【白河以北一山百文】

白河の関から北は、何の価値もない荒地ばかりだ。

天下を狙った者もいない。

つまらない土地だ。

そう言われ続け、鬱屈しながら何かを探し求めたのです。

その際、多少クセが強くても、敗北感を払拭してくれるような、爽快で豪快な人物が求められました。

果たしてそんな人物はいるだろうか……?

そう問われて浮上してきたのが、そうです、伊達政宗です。

伊達政宗
伊達政宗は天下を狙っていた?派手な逸話を検証しながら70年の生涯まとめ!

続きを見る

江戸初期から醸成された意地や見栄の土壌は、政宗を担ぐことによって明治以降、再燃していくのです。

 

政宗をプッシュするあまり他が完全雑魚扱い

なんだか話が振り出しに戻るような不思議な気持でありますが、明治期以降における伊達政宗の名前はスター性を有し、なにより奔放で華麗でした。

中央に出ても引けを取らない、いわば一流の役者。

そんな政宗にあやかろうではないか。

実像だってもちろん魅力的ですが、政宗の虚実併せた経歴には、そんな人々の憧れ、願望、ロマンが反映されているのです。

ゆえに「十年、二十年早ければ天下も……」といった話が今なおまことしやかに残されているのでしょう。

現在の人物に喩えるならば、さしずめフィギュアスケーターの羽生結弦選手や、卓球の福原愛選手でしょうか。

東日本大震災で打撃を受けた仙台。

その地のアスリートが、世界を魅了するスーパースターとなり、仙台観光大使もつとめる彼らは、東北の思いも背負っているのです。

◆羽生結弦選手へ第4期仙台観光アンバサダーを委嘱しております/仙台市(→link

しかし、こうした動きには問題もありました。

伊達政宗をプッシュする余り、以下のような誤解を生じさせてしまったのです。

「東北の戦国大名で有名なのは、伊達政宗だけでしょ」

「あとは雑魚。政宗以外、ステータスが残念な奴ばっかり」

最上義光? あのギリニで、伊達政宗を毒殺しかけた奴でしょ? やーねー……」

要するに、東北は政宗以外みんな雑魚に分類される。

そんな辛い現象です。

最上義光
最上義光(政宗の伯父)は東北随一の名将!誤解されがちな鮭様の実力

続きを見る

実際、人気がないせいもあってか。

東北戦国史は書籍も入手しにくい状態が続き、最近やっと改善されつつあります。

戦国武将の評価がころころ変わる
戦国武将の評価はなぜコロコロ変わる?特に鮭様が乱高下しすぎな件

続きを見る

そこで本サイトでは、これから東北戦国史に注目をしたいと考えております。

例えばこれまで、「会津執権」と呼ばれ、蘆名氏を支えた名将・金上盛備(かながみもりはる)や。

金上盛備
伊達vs蘆名のキーマンとなった戦国武将・金上盛備~摺上原に散る

続きを見る

伊達成実片倉景綱

伊達成実
独眼竜を躍進させた猛将・伊達成実の生き様が熱い!御家を出奔した経験もあり

続きを見る

片倉小十郎景綱
政宗の参謀・片倉小十郎景綱は冷徹苛烈な武将?59年の生涯まとめ

続きを見る

あるいは庄内地方で大名クラスの力を有した国衆の大宝寺義氏(悪屋方)など。

大宝寺義氏
悪屋方と呼ばれた戦国武将・大宝寺義氏~自身は滅ぶも「庄内」を残す

続きを見る

個性豊かな武将を取り上げさせていただきました。

今後も定期的に取り揃えていく予定ですので、皆様、今後もご愛顧いただければ幸いです。

あわせて読みたい関連記事

伊達政宗
伊達政宗は天下を狙っていた?派手な逸話を検証しながら70年の生涯まとめ!

続きを見る

片倉重長(重綱)
幸村の娘・阿梅を救った片倉重長にシビれる!大坂の陣100年後に仙台真田氏が復活

続きを見る

真田信之
真田信之が生き抜いた過酷な戦国~昌幸や幸村と別離した才覚とは?

続きを見る

コメントはFacebookへ

殿、利息でござる!
江戸期の限界が見えて勉強になる~映画『殿、利息でござる』レビュー

続きを見る

最上義光
最上義光(政宗の伯父)は東北随一の名将!誤解されがちな鮭様の実力

続きを見る

文:小檜山青
※著者の関連noteはこちらから!(→link

【参考文献】
林哲『芦名四代』(→amazon
林哲『会津芦名一族』(→amazon
野口信一『会津ちょっといい歴史』(→amazon
遠藤ゆり子『東北の中世史4 伊達史と戦国騒乱』(→amazon
高橋 充『東北の中世史5 東北近世の胎動』(→amazon
遠藤ゆり子『戦国時代の南奥羽社会』(→amazon

TOPページへ

 



-伊達家
-

×