北条氏康/wikipediaより引用

北条家

北条氏康の関東制覇!謙信や信玄と争った57年の生涯【戦国北条五代記】

更新日:

【越後の龍】が上杉謙信ならば、【甲斐の虎】が武田信玄

では【相模の獅子】は誰ですか?

と問われて即答できるのは、よほどの戦国ファンかゲーム好き、あるいは北条マニアでしょう。

そうです。
この相模の獅子とは、北条氏康のこと。

謙信や信玄、あるいは今川義元といった戦国スタープレイヤーたちと真っ向から戦い、北条氏の勢力を関東一円へと拡大させた文字通りの獅子であります。

その出自も華麗なもので、祖父の北条早雲(伊勢宗瑞)、父の北条氏綱から武名を引き継いでおり、氏康は如何にしてさらなる高みへと上り詰めたのか。

57年の生涯を追ってみましょう。

 

北条氏康――早雲の血を継ぐ戦国エリート

北条氏康は永正12年(1515年)、後北条氏二代目・北条氏綱の息子として生まれました。

母は氏綱の正室である養珠院殿。
それよりも著名なのは祖父の北条早雲(伊勢宗瑞)でしょうか。

北条早雲(伊勢宗瑞)64年の生涯をスッキリ解説!幕府のエリートが大名になる

相 ...

続きを見る

氏綱の嫡男だった氏康は、早くから後継者として育てられました。

幼名は伊豆千代丸です。
当初の名字は、かつて父と祖父が名乗っていた「伊勢」という名字であったことも確認できます。

大永3年(1523年)までに氏綱が「北条姓」に改めた経緯については、以下、北条氏綱の記事に詳しくありますが、息子の氏康はこの時点で北条姓を名乗らず、「伊勢伊豆千代丸」として文書に名が残されました。

北条氏綱55年の生涯をスッキリ解説!関東へ躍進だ【戦国北条五代記】

関 ...

続きを見る

氏康が姓名を改めたのは元服した頃だったと考えられています。
歴代の北条当主同様に「新九郎」という仮名と、「氏康」という実名が与えられたのです。

ここから、いよいよ北条氏康の名が、歴史の表舞台へと姿を見せるようになりました。

 

初陣から厳しい戦いに駆り出され

彼の初陣は享禄3年(1530年)。
扇谷上杉朝興が重臣を武蔵国府中に派遣してきた際、これを迎え撃つ戦に出陣したものであるとされます。

良質な史料で確認ができず、江戸時代の軍記物が伝える話ですが、当時の社会や軍事情勢を考えれば氏康の初陣タイミングも扇谷上杉氏の南下も妥当であり、おおむね事実と考えてもよさそうです。

仮に氏康の初陣が事実であるとすれば、彼は16歳にして大将という役割を任され、加えて扇谷上杉氏を首尾よく撃退するという戦果を収めたことになります。

初陣は、基本的に「縁起を担ぐ」狙いがあります。
ゆえに次期当主レベルの若武者であれば、勝利濃厚な戦場に送り出されることが多かったものです。

氏康の初戦はとてもラクな相手とは言えず、早くから能力を期待されていたフシがあります。

また、天文4年(1535年)ごろ、今川氏親の娘である瑞渓院と結婚し、姻戚関係の構築で【北条―今川】ラインのさらなる強化を目指しました。

ところが、です。
この後に今川家では家督継承をめぐる内乱が勃発。

花倉の乱で義元&雪斎コンビが福島家をぶっ壊す! そして今川家を相続だ

天 ...

続きを見る

勝利者となった今川義元の方針によって天文6年(1537年)以降は敵同士となってしまいます。

それでも氏康は瑞渓院を離縁せず、そんな彼の「期待」に応えてか、後継者の北条氏政だけでなく多くの子供たちを生みました。

戦国期における「理想の妻」とは「血をつなぐために多くの子(特に男子)をなせる人物」であり、この価値観から言えば大名の正室としてこれ以上ない女性であったといえるでしょう。

 

「氏綱が死んだ!」周囲敵だらけの家督継承

天文6年(1537年)ごろから氏綱とともに政務への関与もみられるようになった氏康。
徐々に後継者として領国支配の一翼を担うようになりました。

その4年後の天文10年(1541年)に氏綱が死去すると、正式に家督を継承し、いよいよ北条氏三代目としての活動が幕を開けます。

彼が当主の座についた天文10年頃は、氏綱の活躍によって北条氏が名実ともに関東最大の戦国大名へと成長していく一方、急速な発展の代償として領域周辺には向かうところ敵ばかり、という情勢にありました。

特に懸念だったのが扇谷上杉氏・山内上杉氏との対立。

これまで父・氏綱によって辛酸を舐めさせられてきたは彼等は、
「氏綱が死んだ!このチャンスを逃すわけにはいかない!」
とばかりに、早速、北条家の拠点へ攻撃を開始します。

氏綱死去の三か月後、関東の重要拠点である河越城と江戸地域へ進軍されましたが、これをなんとか撃退。
その後も両上杉氏との戦いが続いていきます。

 

古河公方までもが攻め込んできた

むろん北条氏康の敵は、両上杉氏だけではありません。

天文14年(1545年)には成田氏の本拠である忍城を奪取するなど、首尾よく軍事行動を進めていましたが、やがて対立していた今川氏から河東地域への侵攻を受けてしまいます。
さらに今川氏と同盟関係にあった武田氏も同地域へ攻め込み、危機的状況を迎えてしまうのです。

氏康はやむなく最前線の吉原城を放棄。
伊豆の国境付近である長窪城までの後退を余儀なくされました。

そこへ再び襲いかかってきたのが例の両上杉氏。
彼らは大軍を率いて河越城(埼玉県川越市)を包囲し圧力を加えます。

しかも、こうした上杉氏の動きに反応したのが、関東屈指の名門・古河公方足利氏の当主・足利晴氏でした。

北条氏康は、河東地域と河越地域の二面で大軍を迎え撃つという非常に不利な状況へと追い込まれてしまうのです。しかし……。

まだ若い当主・氏康は慌てませんでした。

「同時に作戦を展開することは不可能である」
とすみやかに判断すると、今度は和睦や停戦に向けた動きを模索します。

まずは、現状、対立関係にはありながら、実は長年協力関係を構築していた今川氏との和睦を受け入れました。

和睦というよりは、敗北に近い案ですね。
「北条氏は駿河から明確に撤退する」という取り決めでした。

次に、これまで庇護してきた足利晴氏に目を向けます。

 

快挙! 河越夜戦

晴氏とは義兄弟でもある氏康。
「もう一度北条に協力してほしい」と翻意を促すのです。

しかし、これを挽回のチャンスと判断した晴氏は河越城の包囲を継続し、依然として大軍に包囲され続けました。

河越城を守っていたのは「地黄八幡」と称される猛将・北条綱成(つなしげ)たちです。
彼らは、数万の大軍に囲まれる圧倒的不利な状況にもかかわらず粘り強く戦い抜いており、氏康としては一刻も早く後詰(救援)に向かいたかったところでしょう。

懸念していたのは背後の今川です。
前述の通り、一度は敵対しながらも、再び同盟関係を結ぶことに成功させると、氏康は早速、河越城内の綱成らと連携をとります。

そして8万とも言われる大軍へ奇襲を仕掛けるのでした。

世に名高い【河越夜戦】です。

一説に――1万vs8万――という凄まじい劣勢を氏康は跳ね返し、北条氏はここで圧倒的な勝利を得ます。

戦の経過や展開についてはハッキリしない点も多く、詳しい解説は以下に譲りますが、この戦によって氏康が得た戦果は非常に大きかった。

1万vs8万で劇的逆転!河越城の戦い(河越夜戦)の北条がスゴすぎる

東 ...

続きを見る

例えば

◆重要拠点である河越地域の維持

◆上杉朝定の戦死による扇谷上杉家の滅亡

◆山内上杉氏に対する軍事的優位性の確立

などによって、北条氏の優位と関東上杉氏の衰退を明確にしたのです。

いわゆる「選択と集中」ですね。

確かに、河東地域の放棄は口惜しいものがあったでしょうが、関東平野の重要拠点を押さえた方が広域エリアを安定させられる。
河越の支配を成し遂げた氏康の手腕には、目を見張るものがありました。

 

関東上杉氏を殲滅

河越夜戦の結果、関東中央部での拠点を強化した氏康は、扇谷上杉氏の残存勢力と山内上杉氏への攻勢を強めます。

以下の地図をご覧ください。

北条氏綱時代の関東諸勢力/photo by 野島崎沖 wikipediaより引用

この地図は、父・北条氏綱時代の諸勢力図で、まだ河越城や岩付城(埼玉県さいたま市)などは両上杉氏の勢力下にありました。

河越城を中心に支配強化を果たした氏康は、この一帯の支配強化と、地図には無いさらに北方面への侵攻を模索します。

しかし、その矢先のことでした。

氏康が里見氏と抗争を繰り広げている隙を突かれ、旧扇谷家臣の太田資正が武蔵松山城(埼玉県比企郡)と岩付城を奪取。
資正は岩付城へ入り、武蔵松山城には上田朝直という人物が据えられます。

一進一退とはこのこと。
正念場であるこの局面で、氏康は上田朝直に対し調略をしかけ、あっさり武蔵松山城を奪い返します。

一方、勢いで城をせしめた太田資正は万事休す。

天文17年(1548年)のはじめに岩付城も再び北条氏の手に渡り、氏康は、旧扇谷上杉領を完全に掌握するのでした。

 

上野の奥へ進むとその先は……

扇谷上杉氏の殲滅を果たした氏康は、続いてもう一つの山内上杉氏攻略を本格化させます。

圧倒的な軍勢を背景として、山内上杉方の勢力であった小幡氏や藤田氏を離反させ、自身の配下に収めると、天文19年(1550年)には山内上杉氏のお膝元である西上野(群馬県)へ進軍。
秋の収穫を略奪するなどして、国力を徹底的に疲弊させます。

そしてそのまま、彼らの本拠である平井城(群馬県藤岡市)へ攻め込むほど奥地までの侵入を果たしていました。

凄まじいほどの進軍速度です。

氏康は、ここでいったん兵力を整え、いよいよ天文21年(1551年)、本格的な制圧作戦をスタートさせます。

まずは山内上杉氏が武蔵国に構えていた唯一の拠点である御獄城(埼玉県児玉郡)を攻め、見事に同城を落としました。
城には上杉憲政の嫡男である、まだ幼い龍若丸がおりましたが、非情にも氏康は処刑します。

この果断な処置は、北条氏にとっては正解でした。というのも……。
※続きは次ページへ

次のページへ >



-北条家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.