歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

栗山善助/wikipediaより引用

黒田家

栗山善助(栗山利安)の生涯マトメ!親子で軍師官兵衛を救った黒田随一の忠臣

投稿日:

大河ドラマ『軍師官兵衛』で印象的な三人の家臣がいます。

母里太兵衛(演:速水もこみちさん)
・栗山善助(演:濱田岳さん)
・井上九郎右衛門(演:高橋一生さん)

彼ら三人は共に行動し、官兵衛を常に離れない大切な存在でした。

もっとも、知名度という点では母里太兵衛が抜きん出ているかもしれません。
豊臣恩顧の豪傑・福島正則と酒の飲み比べ勝負に勝ち、天下三名槍のひとつ・日本号を手にした――そんなド派手エピソードをお持ちだからです。

しかし、です。
栗山の名は地元福岡では一つ抜きん出ておりまして。

善助が官兵衛を救っただけでなく、息子の栗山大膳は「黒田52万石を救った」として今なお尊敬されているのです。
本日は栗山善助を中心に父子の活躍を見てみましょう。

母里太兵衛/Wikipediaより引用

【関連記事】母里太兵衛

 

16歳で仕官し、17歳で初陣

善助は、天文19年(1550年)生まれとされております。
天文20年説もありますが、いずれにせよ1546年生まれの官兵衛の4~5才歳下となり、相談しやすい側近といったところでしょうか。

呼び名は四郎右衛門、あるいは備後守とも。
播磨国生まれで、栗山氏は代々赤松氏の家臣でした。
ドラマ『軍師官兵衛』では、栗山村出身の農民出身とされています。

官兵衛に士官したのは永禄8年(1565年)のこと。
翌年には17才で初陣を飾っており、さらに永禄12年(1569年)、83石を拝領して馬物具を与えられています。

このころ主君の官兵衛は櫛橋光(くしはしてる)を妻に迎えており、1568年に長男・黒田長政が誕生しておりますので、善助も共に喜んだことでしょう。

1577年に羽柴秀吉(豊臣秀吉)の中国攻めが始まり、官兵衛は姫路城の本丸を提供。
上月城攻めや佐用城攻めを行っておりますが、善助も官兵衛について播磨各地を転戦しておりました。

そのまま秀吉の中国攻めが順調に進めば、もしかしたら善助の名前も大きく注目されることはなかったかもしれません。

というのも天正6年1578年、別所長治が織田信長に反旗を翻し、続けて荒木村重が裏切ったのです。

 

スポンサーリンク

有岡城に幽閉された官兵衛を救い出す

村重の謀反は黒田家にとっても善助にとっても、命運を左右する一大事となりました。

というのも、村重の説得に向かった官兵衛が監禁され、そんなことは露とも知らぬ信長から、黒田家の人質・長寿丸(長政)に対して殺害命令が下されたのです。

黒田家臣団の将来をも左右する大ピンチ。
留守を守る官兵衛の家族や家臣たちは、一致団結して家を守ることを決意しました。

善助も留守職中連署起請文に名を連ねております。

これは言うほど簡単ではありません。
なんせ、ほかならぬ黒田家の主君・小寺政職が織田を裏切って毛利家に従うことを決め、あろうことか官兵衛の殺害依頼を村重に送っていたのでした。
最初から、説得など通じるハズもなかったのです。

結果的に長寿丸(長政)は竹中半兵衛の機転で命を救われ、そして1579年、ついに善助らは有岡城の戦いで勝利。
善助は、官兵衛救出で重要な役割を果たし、天正8年(1580年)には、2百石に加増されました。

黒田官兵衛/wikipediaより引用

その後の善助の活躍は、官兵衛や秀吉と共にあり、
・1580年 別所長治の三木城を陥落
・1581年 吉川経家の鳥取城攻略
・1582年 備中松山城の水攻め
と戦い進み、迎えた1582年、本能寺の変が起きました。

大きなイベント続きで善助のエピソードを目にする機会はありませんが、本能寺の変後の中国大返しで官兵衛は、毛利家を警戒するための殿(しんがり)を務め、明智光秀との直接対決となった山崎の戦いでも戦功を挙げております。
官兵衛の補佐である善助も同様に活躍したことでしょう。

 

朝倉郡に1万5千石の所領

黒田家といえば、母里太兵衛や後藤又兵衛の武勇が知られますが、善助も負けてはいなかったのでしょう。
その後の天正15年(1587年)、九州の陣・耳川の戦いでも活躍。

黒田家が豊前国に入ると、善助の役割は増し、6千石にまで加増、家中を任されます。
頭脳も優れていたとされ、ついに黒田家を代表する重臣になったのです。

官兵衛の隠居後は、長政を支えました。
朝鮮出兵にも従い、「晋州城の戦い」にも参陣しています。

関ヶ原の戦いでは、官兵衛に従い、豊後国に出兵。
西軍・大友義統と戦いました(石垣原の戦い)。
ここでも武功をあげた善助は、戦後、長政が筑前国に移封された際に、朝倉郡に1万5千石の所領を与えられました。

筆頭家老として、名もあれば実もある、そんな活躍ぶりでした。

 

スポンサーリンク

長政の死に伴い、自らは剃髪

1615年に大坂の陣が終わり、徳川の治世がこれから本格化する――という元和3年(1617年)、善助は子の大膳利章に家督を譲ります。
官兵衛は1604年に亡くなっており、それから10数年、長政をよく補佐したのですね。

元和9年(1623年)には、主君である長政の死に伴い、自らは剃髪。
隠居料7百石を拝領しています。

そして寛永8年(1631年)に死去。
享年81という大往生でした。

ドラマでは、濱田岳さんがユーモラスに軽妙さもある人物として演じていますが、史実での善助は生真面目で寡黙なタイプであったとされています。
官兵衛に仕えたころから控えめで生真面目、若い頃から落ち着きのある性格でした。
黒田家臣の中でも第一位の功績があるとされる、人柄も優れた名将です。

そんな彼の跡を継いだ子の大膳には、あまりに理不尽な運命が待ち受けておりました。

 

「黒田騒動」と栗山大膳

善助の息子・栗山大膳利章は、大変な騒動に巻き込まれております。

栗山大膳利章/wikipediaより引用

江戸の「三大御家騒動」ともされる「黒田騒動」です。
※他に加賀騒動と伊達騒動(黒田騒動に代わって仙石騒動を含む場合も)・いずれも大藩のものですね

この騒動は、長政の子・忠之が暗愚であったことが発端です。

長政は生前、大膳に忠之をくれぐれも頼むと言い残しておりました。
責任感の強い大膳は、何としても長政の遺命を守り、忠之を立派な主君とすべく奮闘、諫言します。

しかし、忠之はかえって大膳を疎ましく思う様になったのです。

忠之はおべっか使いの側近で周囲を固め、幕府禁制の大型船まで建造を命令。
幕府からは「水軍力の保有」に繋がるとされ、厳しく禁じられており、もしも発覚したら、謀叛の疑いありで改易されてもおかしくはないほど非常識な行動です。

黒田忠之/wikipediaより引用

その他にも奢侈にふける忠之。
彼はまさに暗君と化してしまいました。

大膳の父であり、黒田家の宿老であった栗山善助が亡くなると、忠之の行動は露骨にエスカレートしました。
目の上のたんこぶである大膳を、なんとしても廃してしまおうと企み始めたのです。

ついに、大膳にも我慢の限界は訪れました。

 

スポンサーリンク

黒田52万石を救った偉人

寛永9年(1632年)、大膳は幕府に「黒田家に、謀叛の疑いあり」と訴えます。

幕府の調査結果は、大膳の錯乱であり、逆恨みと裁定。
兎にも角にも、家臣が主君に反するということを見逃せませんでした。

現代人からすれば悪いのは圧倒的に暗君・忠之ですが、このころ最も重たい罪は主君殺しであり、社会秩序を乱すものとして絶対に許されないものでした。

結果、大膳は盛岡藩南部家へ御預、追放されてしまったのです。

一方の黒田家にはお咎めなし。
御家騒動としては穏便な処置で済みました。

例えばほぼ同時期、暗君に対して家臣が反抗するおうなカタチで起こった「会津騒動」は、加藤家の改易にまで繋がっています。
普通に考えれば黒田騒動も、最悪の結果で終わっていた可能性は否めないでしょう。

大膳が去ったあと、黒田家は家臣の合議制政治が定着し、藩政が抑制されることとなります。

自らを犠牲としてまで藩を救うことになった栗山大膳の行動は、
歌舞伎『『御伽譚博多新織』
森鴎外の小説『栗山大膳』
・内田叶夢監督の映画『黒田騒動』
など、様々な作品にも描かれました。

親子二代揃って主家に尽くし、忠義に溢れた父子。
現在に至るまで、栗山大膳は「黒田52万石を救った偉人」として、地元福岡で慕われているのです。




スポンサーリンク


文:小檜山青

【参考文献】
黒田官兵衛 作られた軍師像 (講談社現代新書)』渡邊大門
黒田官兵衛のすべて』安藤英男
国史大辞典

 



-黒田家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.