食・暮らし

日本の狩猟文化が衰退したのは“税金”のため? 奈良時代の法律で食肉が衰退

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
日本の狩猟文化
をクリックお願いします。

 

最も有名なのが徳川家康でしょうか。

鷹を持つ徳川家康像/photo by 戦国未来

ほかにも織田信長の生涯を記録した『信長公記』でも鷹狩の記述はたびたび登場します(同じぐらい相撲大会も登場)。

奥州から鷹を取り寄せ、家臣たちに配ったなんて話もあるほどです。

信長はプレゼント外交がお好き 武田、上杉、遠くは伊達とも~信長公記126話

続きを見る

蛇足ながら、幕末~明治維新期で有名なのが西郷隆盛でしょうか。

鷹狩ではありませんが、太り過ぎた隆盛に対し、運動不足の解消として医師が狩猟を進めた――という話もあります。

当時は東京都内でも十分に狩りができたんですね。

西郷隆盛49年の生涯まとめ【年表付】誕生から西南戦争での最期まで

続きを見る

さらに明治時代になって武家が表舞台から去った後は、明治天皇の以降で一時鷹匠の育成が試みられたものの、残念ながら根付きませんでした。

明治天皇の功績&エピソードまとめ! 現代皇室の礎を築いたお人柄とは

続きを見る

しかし、その技術は民間の鷹匠に伝えられ、今に至っています。

また、同じ頃に東北のマタギに鷹狩の技術が伝えられたともいわれています。

マタギが凄ぇ理由がわかる!ゴールデンカムイで大活躍の山を知り抜く猟師たち

続きを見る

おそらく東北の大名たちのお抱え鷹匠の技術と、皇室を通して伝わった技術と、両方の系統があるのでしょうね。

最後にもう一つ、特徴的な狩りとしてアイヌの儀式をご紹介しましょう。

 

お好きな項目に飛べる目次

アイヌに伝わる「イオマンテ」

アイヌには、「イオマンテ」という、熊を特殊なやり方で狩る方法がございます。

「イヨマンテ」あるいは「熊祭り」と表記されることも。

通常の狩りであれば、獲物を仕留めてすぐさばいてしまいますが、イオマンテの場合は違います。

まだ春になりきらないうちに、冬眠中のヒグマを探し、冬ごもりの間に生まれた子熊を連れて帰って、人間と同じように育てるのです。

最初は人間の子供と同様に、同じ家で過ごすのだとか。ヒグマに関する諸々の事件を知っていると、とても信じがたい話ですよね。

大きくなってからは、流石に専用の小屋に移すそうですけれども。

そうして一年から数年育てた後、村を上げて盛大な儀式を行い、ヒグマを〆てその肉や毛皮をいただくのだそうです。

これは「カムイ(精霊)がヒグマの姿を借りてやってきてくれたので、しばらくもてなした後、見送りの宴をする」とみなされているのだとか。

そして、ヒグマの肉や毛皮はもてなしの礼に「置いていってくれる」ものなのだそうです。

「一度地上でもてなされたカムイは、再びヒグマの姿で地上にやってきてくれる」

「天に帰ったカムイは他のカムイにも地上の良さを伝え、多くのカムイが肉と毛皮をまとってやってくる」

アイヌの人々はこうした認識でカムイをもてなし、毛皮や肉をありがたくいただくことで、村はどんどん豊かになれる……と信じられていました。

イオマンテで供物を捧げるアイヌの男性たち/wikipediaより引用

こう言うのも何ですが「飼い慣らした動物を数年経ってから〆る」というあたりは、狩りというより畜産に近いかもしれませんね。

縄文時代には、本州でも猪を使って似たような祭祀が行われていたそうですよ。

アイヌの人々も当初は本州から猪を連れて行って、イオマンテの元になるものをやっていたのだとか。

北海道の大型動物といえばエゾシカもいますが、エゾシカはアイヌにとって日常食だったため、こうした儀式の対象とされなかったようです。

北海道から南の狩りとアイヌの狩りではだいぶ異なる性格を持ちますが、「そのときだけでなく、ずっと食料を得られますように」という願いは同じように思えます。

あわせて読みたい関連記事は以下へ

井伊直弼は生まれたときから波乱万丈~桜田門外に散るまで46年の生涯まとめ

続きを見る

「幕末の賢侯」と呼ばれた徳川斉昭はデキる!されど精力的過ぎて問題も多し

続きを見る

鷹狩りの歴史―仁徳天皇に始まり信長・家康も愛した至高の瞬間

続きを見る

信長はプレゼント外交がお好き 武田、上杉、遠くは伊達とも~信長公記126話

続きを見る

西郷隆盛49年の生涯まとめ【年表付】誕生から西南戦争での最期まで

続きを見る

マタギが凄ぇ理由がわかる!ゴールデンカムイで大活躍の山を知り抜く猟師たち

続きを見る

明治天皇の功績&エピソードまとめ! 現代皇室の礎を築いたお人柄とは

続きを見る

日本犬の歴史~純粋な和犬は6種のみ 全国の地犬が絶滅寸前の理由とは

続きを見る

身近だけど意外と知らない薬の歴史~昔から毒にも薬にもなっていた

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
『アイヌ学入門 (講談社現代新書)』(→amazon
国史大辞典
天武天皇/wikipedia
鷹狩/wikipedia
イオマンテ/wikipedia

TOPページへ

 



-食・暮らし
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.