最上家

上杉家vs最上家に伊達家も参戦で激アツ~東北の関ヶ原・慶長出羽合戦とは?

更新日:

慶長五年(1600年)9月8日は「東北の関が原」と呼ぶにふさわしい【慶長出羽合戦】という戦が始まった日です。

この戦いは、関が原本戦に負けず劣らずドラマチックな展開ですので、ごたくは述べずさっそく本題に入りましょう。

なお、関が原の局地戦をまとめた以前の記事と併せてご覧いただくと、より全体像がつかみやすいかもしれませんのでリンク張っておきますね。

小山評定で敵味方が決定!関が原の東軍西軍メンツを整理してみました

慶 ...

続きを見る

 

上杉征伐を準備していた勢力がどうなったのか?

この戦は、小山評定の後に起きました。
徳川家康と他大多数の大名が西上を決めた直後のことですね。

もともとは上杉景勝&直江兼続中心の上杉征伐のため、家康は東北の諸将を集めていましたが、家康自身の転進により「ハイ解散」状態になってしまいました。
その後どうなったか?

特に状況がシリアスだったのが上杉家(福島県会津地方・山形県庄内地方)と領地を接している最上家(山形県山形市)です。

上杉家にとっては最上を攻略すれば後顧の憂いがなくなるため、この二つの家にとってはむしろ「ここからが本番」という感じだったのです。

一時は戦闘を回避する試みもされましたが、決裂して結局戦になりました。

 

各地で最上軍が奮闘を重ね

上杉軍は米沢・庄内から最上の本拠地・山形城を攻めるべく、直江兼続を大将として侵攻を始めます。
徳川家康に【直江状】を送り、今回の戦を演出した人です。

当初、最上側はあちこちの城に戦力を分散していたため、不利なことを誰もがわかっていて、討ち死に覚悟で戦に臨んだ家臣もたくさんいました。

いきなり緊張感ピリピリな展開。
例えば、畑谷城(現・山形県東村山郡)という城では、最上義光が撤退命令を出していたにもかかわらず、500人程度の兵で抵抗を続けて最後には自害した武将がいました。

慶長出羽合戦については双方の兵数がはっきりしていないのですけれども、城方の倍近い上杉兵を道連れにしたとか。

一方、上山城というところでは、城外の軍とうまく連携して上杉軍を打ち破った最上家家臣もいました。

これは結果的に、慶長出羽合戦のハイライトである「長谷堂城の戦い」において、上杉軍の戦力低下の役割を果たすことになります。
真田昌幸が上田城で徳川秀忠を足止めしたように、ここでは最上軍が上杉軍の一部を押しとどめたということですね。

他にも、一揆を利用して上杉軍に抵抗した将もいます。
これはさすがにうまく行きませんでしたが、いずれにせよ、日頃の人望や忠誠心が伺える話ですね。

一揆勢を踏み潰した上杉軍は、士気を大いに上げながら山形城の手前にある長谷堂城の攻略を始めました。
ハラハラしてきましたね。

 

政宗も参戦して

一方、最上義光の甥である伊達政宗(実母・義姫が義光の妹)は、この前の7月に奪った白石城(宮城県白石市)を返すことを含め、上杉家と一時和睦を結んでいました。

しかし、長谷堂城を落とされれば本拠・山形城が危うくなる状況。
義光は嫡男を使いを出して救援を求めます。

このときのえげつない話が片倉景綱の話です。

片倉景綱(片倉小十郎)59年の生涯をスッキリ解説!政宗の参謀はコワモテ兄さん

伊 ...

続きを見る

片倉小十郎景綱は「政宗様の母の実家・最上家を上杉につぶしてもらったらむしろうまくない?」ニヤリと提言するのです。
これ、義光が知ったらキレて援軍を断ったかもしれませんね。

側近の冷徹すぎる策を却下した政宗は、叔父・留守政景を救援に向かわせました。さらには茂庭綱元という古くからの側近も出陣させ、別方面から上杉軍を攻めさせるようにもします。

 

「長谷堂城」の戦い最中に「西軍敗れる」の報

この間、上杉軍は一気呵成に攻め立てようと攻勢を強めました。
が、最上軍は地の利を生かして頑強な抵抗を続け、おおいに打ち破ります。

謙信亡き上杉軍とはいえ、踏んできた場数を考えれば決して弱い軍ではありません。つまりは最上義光たちが大いに健闘していたのですね。

上杉軍は、最上たちを一筋縄ではいかないと見て、稲の刈り取りやpgr的な挑発といった狼藉も行っています。

しかし、これも最上側に「笑止」の一言で済ませられてしまって失敗に終わりました。
こういうのって相手が気にしなかった場合、めっちゃ恥ずかしいですよね。

そうこうしているうちに留守政景が到着し、義光も城を出て決戦を挑むべく布陣。
9月29日に上杉軍は長谷堂城へ総攻撃をかけるのですが、逆に上泉泰綱という武将を討ち取られてしまい、戦線は膠着するかに見えました。

しかしこのタイミングで【石田三成敗北】の報が、最上・伊達・上杉すべてに届くのです。

石田三成41年の生涯をスッキリ解説!関ヶ原まで豊臣を背負った忠臣の再評価

怜 ...

続きを見る

 

勝敗については微妙な終わり方

上杉家が三成と結託していたかどうか。
ハッキリとはわかりませんが、上杉は撤退を決め、最上・伊達軍が追撃にかかるという攻守逆転の構図になります。

「フィクションだろwww」って言いたくなるくらいドラマチックな展開ですね。

最終的に、双方多くの犠牲を出し、勝敗についてはどっちとも言い切れないところがあります。

上杉軍は撤退に成功しましたし、最上軍にとっては本拠の防衛に成功したことになるからです。
両方とも得たものはあまりないですけれども、最上は一度奪われた城の奪還にも成功していますしね。

その後、家康は双方の戦いぶりを褒めました。

ただ、兼続は子供がいなかったために直江の血筋は絶えていますし、最上家も義光の死後に別の理由で改易されています。

さらに、上杉家は大幅に減封されてしまいましたし、伊達家ではいわゆる「百万石のお墨付き」を(政宗の別件の陰謀が失敗したせいで)反故にされて、前田家や島津家の後塵を拝することになりました。

こう見ると「ひょっとして家康が東北に大大名を生み出さないために、ある程度予測して仕組んだんじゃ……」なんて気もしてきますね。

まぁ、家康とて三成相手に勝てる保証なんてありませんでしたし、たまたまでしょう。

ともかく慶長出羽合戦だけでも一本の長編ドラマや映画が作れそうなこの一件。
より細かくアプローチした記事が以下のものになります。

よろしければ併せてご覧ください。

「北の関ヶ原」こと慶長出羽合戦で見える!兼続・義光・政宗たちの戦略戦術

『 ...

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『戦国武将合戦事典(吉川弘文館)』(→amazon link
慶長出羽合戦/wikipedia

 



-最上家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.