織田家

なぜ信長は裏切られ続けたのか『不器用すぎた天下人』を読めば笑えてスッキリ!

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
不器用すぎた天下人
をクリックお願いします。

 

お好きな項目に飛べる目次

不器用って、自信の裏返しかもかもな

本書を読むと、絶妙な喩えのおかげで、四百年以上前の信長像が人間臭く、ちょっとダメなんだなと思えてきます。

されど筆者は極めて真面目に、信長の外交や人付き合いに何が欠落していたか、分析を続けます。

分析の中身は是非とも手に取ってお確かめください。

ざっくりと本書をふまえて私の主観でまとめてしまうと、
『信長は自信がある男なんだな』
ということです。

相手にとって嫌なことをしていて、多少ムッとされても、それに気づくどころか「でも俺相手にこいつが裏切るわけがないよな!」と信じ込んでしまう。

自分や相手との関係に自信がないと、言動の端々をチェックして「嫌われたのかな?」と顔色をうかがうようになるわけですが、信長にはそういうところはないわけです。

信長って結構優しいかも?というのも近年言われていますね。

織田信長は意外と優しい!? 生誕から本能寺まで49年の史実解説【年表付】

続きを見る

本書でも裏切りの第一報を聞いた時に「まさかそんなことないよな!」と驚き、相手の弁解を聞くワンチャンスを与えようとすると指摘されています。

このあたり、自信と育ちのよさがあるのだと思いました。

豊臣秀吉と比較するとわかりやすいかもしれません。

信長と違い、秀吉はコンプレックスの塊とも言え、何かあれば『相手に侮られ、逆らわれるのではないか?』と考えていたのではないでしょうか。

それゆえ、その素振りを見せただけで、ワンチャン与えず処断してしまう、と。

豊臣秀吉 62年の生涯まとめ【年表付き】多くの伝説はドコまで本当か?

続きを見る

ちなみに筆者は、本書の通奏低音としてRADWIMPS「億万長者」をあげています。

本書を読み、信長の一生を思い、この曲を聴くと不覚にもウルッと来てしまいます。

凄く気になるでしょう?
本当に面白いんですよ。

私のレビューはふざけているかもしれませんが、中身は極めて真面目な信長の分析論です。

笑って泣けて、スッキリ!

最新のユニークな信長論を絶対読まないと!

あわせて読みたい関連記事は以下へ

織田信長は意外と優しい!? 生誕から本能寺まで49年の史実解説【年表付】

続きを見る

徳川家康(松平元康)が直面した3度の絶体絶命!75年の生涯まとめ【年表付】

続きを見る

豊臣秀吉 62年の生涯まとめ【年表付き】多くの伝説はドコまで本当か?

続きを見る

浅井長政29年の生涯をスッキリ解説! 血は皇室へ続いた【信長を裏切った男】

続きを見る

武田信玄が戦国最強「甲斐の虎」と呼ばれる理由~知略に塗れた53年の生涯

続きを見る

松永久秀は爆死ではない! 信長を二度裏切ったが実は忠義の智将【年表付】

続きを見る

荒木村重~信長に敵対し自分だけ逃亡した道糞な生き方【戦国逃亡武将譚】

続きを見る

明智光秀55年の生涯まとめ! なぜ織田家の出世頭は本能寺に襲いかかったか

続きを見る

文:小檜山青

織田信長 不器用すぎた天下人』(→amazon link

TOPページへ

 



-織田家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.