織田信忠/wikipediaより引用

織田家 信長公記

父・信長から嫡男・信忠へ 豪勢な贈り物の真意は? 信長公記156・157話

天正五年(1577年)12月10日。

織田信長は三河の吉良(愛知県西尾市)で鷹狩をするため、安土を出発しました。

吉良とは、あの吉良上野介義央と縁の深い土地柄で、『信長公記』では以前にも一度、この地で鷹狩をした記録が残されています。

信長が吉良で鷹狩したのは天皇へ鶴を献上するため?信長公記142話

続きを見る

※左から(すべて黄色)安土城・佐和山城・岐阜城・清州城と来て、紫色が吉良

 

秀吉に褒美を与えよ

鷹狩に向かう信長はことのほか上機嫌でした。

かなり過酷な運動になるはずですが、信長にとっては現代のゴルフ感覚だったんですかね。

鷹狩りの歴史―仁徳天皇に始まり信長・家康も愛した至高の瞬間

続きを見る

というのはさておき、なぜ信長の機嫌が良かったのかと申しますと、このころ羽柴秀吉豊臣秀吉)の播磨攻略が首尾よく進んでおり、

「秀吉が帰ったら、この乙御前(おとごぜ)の釜を褒美として渡すように」

と言付け、それから吉良へと出かけているのです。

「乙御前の釜」というのは固有名詞ではなく、「乙御前」という「形状」を指します。

全体的にふっくらとした形の釜で、下に向かって広がった形状の「尻張釜」や、浅く広い「平釜」と比較するとわかりやすいでしょうか。

「布団釜」という、平釜と乙御前の中間のような形もあります。

茶道の大家・千利休が平釜を好まなかったため、この時代の茶釜はふっくらした形状のものが流行ったようですね。

少々余談になりますが、利休は茶釜に限らず、”ふっくらした形””や”黒色の茶道具”を好んでいたと思われます。「利休好み」とされる名物に、そうした特徴のものが多いからです。

後々かの有名な”黄金の茶室”を作った秀吉と比べると、趣味のベクトルが真逆に近かったであろうことがうかがえますね。

豊臣秀吉 62年の生涯まとめ【年表付き】多くの伝説はドコまで本当か?

続きを見る

信長はというと、茶道具や芸術品については自分の好みではなく、

「名物と呼ばれており、世間的に価値が高いと認められているかどうか」

を重んじていた節があります。

秀吉や利休とはまた違った視点が感じられます。

織田信長は意外と優しい!? 生誕から本能寺まで49年の史実解説【年表付】

続きを見る

モノひとつからしても、それぞれの価値観がうかがえて興味深いですね。

 

この日の獲物は雁や鶴

閑話休題。

この日、信長は佐和山に泊まりました。

垂井を経由して12日に岐阜に到着し、翌日は滞在しています。

年末には織田信忠が安土へ行き、そのまま正月を迎えています。

織田信忠(奇妙丸)信長の長男は家督を譲られるも光秀に命を狙われて

続きを見る

この岐阜滞在のときに、出発の日時やその準備に関する指図などをしたのかもしれません。

14日に信長は清洲に到着し、15日に吉良で鷹狩を行いました。

この日の獲物は雁や鶴が多かったとあります。

後の節によると、生け捕りにした鶴も複数いたようで、この点は次々回に登場します。

19日に岐阜へ帰還しましたが、その道中で過失を犯した者を信長が手討ちにしたとか。

手討ちになった者の名前も、それ以外の情報が全く書かれておらず……一体、何があったのでしょう。

20日も岐阜に滞在していたようで、安土へ帰ったのは21日のことでした。

 

「初花」の茶入や「松花」の茶壺など

そして話は『信長公記』巻十のラスト、天正五年(1577年)暮れへと向かいます。

大晦日も近い12月28日。

信忠が岐阜から安土へ参上し、丹羽長秀の屋敷を宿所としました。

織田信忠(奇妙丸)信長の長男は家督を譲られるも光秀に命を狙われて

続きを見る

丹羽長秀は信長に最も信頼された織田家重臣の一人~その生涯65年まとめ

続きを見る

信長は寺田善右衛門という者を使者として、信忠へ名物の数々を贈ります。

「初花」の茶入

「松花」の茶壺

「平沙落雁図(へいさらくがんず)」(絵画)

「竹の子」の花入れ

釜を吊る鎖

藤波某旧蔵の釜

曲直瀬道三旧蔵の茶碗

内赤の盆

茶道具、及び床の間などに飾る芸術品といったところですね。

平沙落雁図は中国の画家・牧谿(もっけい)作といわれている名画です。

元は足利将軍家に伝来したものでしたが、松永久秀の手に渡り、その後信長が手に入れたと考えられています。

牧谿作の国宝「煙寺晩鐘図」(畠山記念館蔵)/wikipediaより引用

曲直瀬道三は、当時の名医として知られた人物。

曲直瀬道三(戦国No.1名医)の患者が凄い! 信長、元就、正親町天皇など

続きを見る

正親町天皇毛利元就を診察したこともあり、皇族や公家・武家との交際手段として茶道も嗜んでいたようです。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-織田家, 信長公記

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.