まんが日本史ブギウギ

第三次信長包囲網の敵は毛利・上杉・本願寺! まんが日本史ブギウギ165話

天正3年(1575年)に織田徳川と武田が、真正面からぶつかった【長篠の戦い】。

長篠の戦いで信長の戦術眼が鬼当たり!真の勝因は土木工事? 信長公記121話

続きを見る

鉄砲隊や別働隊を巧みに使い、武田騎馬隊を自陣へ誘い込んだ信長の戦術眼が鬼アタリします。

武田四天王の山県昌景や馬場信春、あるいは真田兄弟など、主要人物たちを完膚なきまでに倒したのです!

しかし……。

それは同時に【第三次信長包囲網】へと繋がる薄氷の一歩でもありました。

足利義昭の呼びかけもあり、この戦いは石山本願寺だけでなく、毛利家、上杉家を中心とした諸大名へ拡大。

足利義昭(覚慶)61年の生涯! 信長と共に上洛し京を追われてどうなった?

続きを見る

マンガ「日本史ブギウギ」第165話のスタートです!!

 

お好きな項目に飛べる目次

本願寺挙兵

◆本願寺勢力とは元亀元年(1570年)から激しい戦いが始まっておりました。

特に同年から多大な被害を受けてきたのが長島一向一揆。信長の親族や家臣たちが数多くなくなっています。

長島一向一揆で信長が宗徒2万人を虐殺! 徹底的に潰したのは何故か?

続きを見る

そんな因縁の相手・石山本願寺とは和睦や戦を繰り返し、この天正3年(1576年)に蜂起したときは、すぐに織田家も包囲に取り掛かりました。しかし……。

 

雑賀衆

◆和歌山県に本拠地を持ち、傭兵などで戦国期に多大な影響を与えたのが【雑賀衆】です。

塙直政は討ち取られ、明智光秀も大ピンチに陥ります。

明智光秀
明智光秀の史実を振り返る!麒麟がくるとは何が違ったか?55年の生涯まとめ

続きを見る

 

信長流

◆後続の味方を待ちきれず少数で大軍を打ち崩した織田信長

まるでマンガですが、実際に、自ら先頭に立って戦うシーンが見られるのが信長さんです。

著名なところでは【桶狭間の戦い】もその一つですね。味方(敵を欺くため?)には籠城と思わせておき、今川軍が動くや突如城を飛び出し熱田神宮へ。

桶狭間の戦いで信長が勝てたのは必然か『信長公記』にはどう書かれた?

続きを見る

そこで味方が到着するのを待ち、今川義元へ襲いかかり、史上最大の下剋上を成功させたわけです。

今川義元
今川義元が「海道一の弓取り」と呼ばれた実力とは?42年の生き様を見よ!

続きを見る

そして今回もまた……。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-まんが日本史ブギウギ

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)