織田家 まんが日本史ブギウギ

第三次信長包囲網はなぜ瓦解した?織田の僥倖 毛利の誤算~日本史ブギウギ167話

長篠の戦いに勝利し、武田勝頼に痛打を与えた織田信長

それでも四面楚歌である状況に変わりはなく、

・上杉
本願寺
・毛利
・武田
・松永
・宇喜多
・波多野
・赤井

など名だたる大敵に囲まれ、例えば上杉謙信相手には【手取川の戦い】で大敗を喫するなど、いわゆる【第三次信長包囲網】に苦しんでいた。

しかし、局面は急変する。

上杉謙信の死で北陸方面の懸念が薄まり、一気にパワーバランスが崩れていたのである。

信忠(信長の嫡男)が戦功重ねる一方秀吉はピンチに!まんが日本史ブギウギ166話

続きを見る

手取川の戦いでは戦線を離れてピンチに陥った豊臣秀吉も、戦功挽回のため中国進出を本格化させ、信長包囲網に参加する大名、武将たちの間にも綻びが出始め――マンガ「日本史ブギウギ」第167話スタート!!

 

お好きな項目に飛べる目次

支城攻略

◆三木城の別所長治に裏切られ、再興を願って奮闘していた山中鹿介山中幸盛)は戦死。

山中鹿介(山中幸盛)は戦国一の忠義者! 七難八苦に立ち向かった生涯とは

続きを見る

一時は中国攻略に暗雲立ち込めた豊臣秀吉は三木城を包囲します。

 

海上ルート

荒木村重が信長を裏切り、毛利へ。

荒木村重~信長に敵対し自分だけ逃亡した道糞な生き方【戦国逃亡武将譚】

続きを見る

毛利家の補給を頼ろうとしますが、かつて織田水軍に圧勝した毛利水軍(with村上水軍)は、逆に大敗してしまいます。

鉄に覆われた鉄甲船に【焙烙玉】という必殺の武器が通用しなかったのです。

信長考案の鉄甲船! 鉄に覆われた巨大船が毛利・村上水軍を破った!?

続きを見る

戦国時代に船を鉄で覆う(鉄甲船)なんて可能だったのか?

というと、記録自体もかなり怪しいもので、存在はあやぶまれるところですが、船の一部を覆うなどしても効果があったのかもしれません。

いずれにせよ補給路を断たれた、荒木村重は追い込まれます。

 

輝元上洛?

◆毛利は天下を目指さない――。

そんな方針の前に、上洛を促す足利義昭の声は届きません。

足利義昭(覚慶)は信長と共に上洛し、対立! 京を追放された61年の生涯

続きを見る

しかしそれが……。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-織田家, まんが日本史ブギウギ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.