まんが日本史ブギウギ

戦国時代へ逆戻り!島原でキリスト教徒が蜂起した! まんが日本史ブギウギ187話

武家諸法度』の改定や【参勤交代】の制度化。

あるいはキリスト教禁止の徹底など、江戸時代の基礎固めをさらに進めたことで知られる徳川家光――。

その政治体制は最後の【武断政治】として知られますが

文治政治と武断政治の違いをわかりやすく! なぜ幕府は切り替えたか?

続きを見る

実際、家光の時代には、戦国時代の総決算とも言えるような大事件が勃発しておりました。

それが……【島原の乱】!

何かとお騒がせな家光本人のキャラだけでなく、世間も大騒ぎだった江戸時代序盤――マンガ「日本史ブギウギ」第187話のスタートです!

※文中の記事リンクは文末にもございます

 

お好きな項目に飛べる目次

参勤交代

◆東海道で江戸城を目指すとき、最終的な玄関口となるスポットが池上本門寺でした。

googlemapで確認しますと

本門寺~江戸城間は徒歩で約3時間(約15km)ですので、確かにちょうどいい距離感ですね。

ちなみに同寺には著名人の墓が非常に多く、現地を訪れると何かと驚きに出会えます。

参勤交代と大名行列が超わかる! 期間は? 妻子は? 経済的負担は?

続きを見る

加藤忠広は、あの加藤清正の息子ですが、本門寺には何かと縁が深く、清正の供養塔があります。

加藤清正(秀吉子飼いで人気No.1)が熊本城を築き最期にナゾの死を迎える

続きを見る

 

スカウト

春日局と言えば、あの明智光秀家臣・斎藤利三の娘だったことだけじゃなく、徳川家光の乳母としてもよく知られておりますね。

男色に耽り、女性嫌いだったという家光を教育したのも彼女だとされていますが……。

春日局(明智家重臣の娘)の波乱万丈~夫と別れて徳川に仕え家光の乳母に

続きを見る

斎藤利三
斎藤利三(稲葉家→明智家)は光秀の右腕として丹波を統治!そして本能寺へ

続きを見る

 

島原の乱

◆【島原の乱】というと世間的には「キリシタンの反乱」というイメージが強いものですが、「いやいや普通の一揆だよね」という見方も強まっています。

なんせこの一揆には約28,000人もの住民たちが参加しており、さすがに全員キリスト教徒とは考えにくいんですね。

浪人連中も戦場にいたと言いますし、からこそ一揆軍もそこそこ戦えたのではないか?という話です。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-まんが日本史ブギウギ

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)