天下一の名香として知られる蘭奢待/wikipediaより引用

織田家 信長公記

麒麟がくる登場の蘭奢待(らんじゃたい)とは?信長や明治天皇も切り取った香木

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
蘭奢待(らんじゃたい)
をクリックお願いします。

 

東大寺へは使者を派遣している

このように非常に貴重な蘭奢待

朝廷と概ね良好な関係だったと思われる信長でも、勅許を得るまでには時間がかかったようです。

3月26日になって、ようやく公家の日野輝資・飛鳥井雅教が勅使となり、蘭奢待が収められている東大寺へ切り取り許可の綸旨が伝わりました。

当時の手紙には次のように記されています。

「就信長南都下向之儀 蘭奢待拝見之望被申入之処」

【意訳】ついに信長が奈良にやって来た。蘭奢待を見たいと申し入れしてきた

そして翌27日。

信長は奈良の多聞城へ移動し、蘭奢待を持ってこさせて切り取ることにしました。

なぜ直接東大寺へ出向かなかったのか?

というと、正倉院には蘭奢待の他に、聖武天皇や光明皇后に関する品をはじめとした品が多く納められていて、「そんな場所に立ち入るのは畏れ多い」という理由だったようです。

そのため蘭奢待を運ぶ特使として、複数の武将を東大寺へ向かわせています。

顔ぶれがまた豪華なものでした。

・塙直政
・菅屋長頼
佐久間信盛
柴田勝家
丹羽長秀
蜂屋頼隆
荒木村重
・武井夕庵
・松井友閑
津田信澄

織田家の二大家老である信盛と勝家だけでなく、古参の長秀や頼隆、親族の信澄、文化人の夕庵や友閑などが勢揃い。

当時の情勢を考えれば、少々豪勢すぎるほどです。

以下の話(『信長公記』106&107話)で見た通り

信長の決断 もう一つの明智城が武田軍に攻められたとき~信長公記107話

続きを見る

信長に従った前波吉継が自害!そして越前一揆が始まった~信長公記106話

続きを見る

織田家では、少し前に北陸や美濃で騒動が起きたばかりですから、特使をやらせるより、そちらに備えさせたほうがよさそうな人物もいますよね。

実は皇室や公家、寺社に対して礼節を欠くことがなかった信長なりの対応。

この一件からも垣間見えます。

 

先例に倣い一寸八分を切り取った

3月28日の辰の刻(午前8時頃)に東大寺の蔵が開かれ、信長の特使たちは、長持に入った蘭奢待を多聞城へ運び入れました。

信長は先例に倣い、蘭奢待を一寸八分(約5.5cm)ほど切り取らせます。

東大寺側の記録では「一寸四方(一辺が約3cmの正方形)を二個切り取った」となっており、少々異なりますが……合計すれば、大きさに大差ありませんね。

信長はこの後、自分が切り取った蘭奢待の一部を正親町天皇に献上していますので、その分を称して「二箇所切り取った」と記録したのでしょうか。

ちなみに、正親町天皇に献上されたほうは、その後、毛利輝元などに分け与えられています。

「人からもらったものをさらに別の人に」というのは、現代人からするとなんだか微妙な気持ちになるかもしれませんが、皇室や公家の間ではよくあることだったようです。

明治時代の女官の追想録にも「贈答品は”贈った”という事実が大事なので、いただいた絹などをそのまま他の人に贈ることもあった」という記述があります。

閑話休題。

信長は、このとき供をした御馬廻衆にも「後々の話の種に、見ておくがいい」といい、蘭奢待を見ることを許したとか。

なんだか尊大にも見えますが、天皇の勅許がなければ見ることもできないようなものなので、ここは優しさといっても良さそうです。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-織田家, 信長公記

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)