織田信光

織田家

信長を支えて最期は不審死~織田信光「小豆坂の七本槍」と称された叔父

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
織田信光
をクリックお願いします。

 

信長から「尾張半国」を約束される

このままではマズい……。

大膳も、そう考えたのでしょう。

しかし、切羽詰まるとロクな考えは浮かばないもの。あろうことか大膳は、織田信光への接近を試みるのです。

「信光殿よ。信友殿と並んで守護代になってみませんか?」

守護代のポジションという人参をぶら下げ、信長から信光を引き離そうとしました。この一件は、信長の後ろ盾である信光が、いかに敵対勢力にとって脅威であったかを示しています。

そしてこの提案を受けた信光。

「守護代か。なるほど、悪くないな」と彼の言葉に従い、守護代の一角と相成りました。

えっ? 兄の遺言で託されたうえに、争いで優位に立つ信長を裏切る?

そう思われるかもしれませんが、この誘いで【信長―信光】の関係が揺らいだわけではありません。むしろその逆。

二人は

「せっかく清須城に入れるのだから、この機会に(城主の)信友を追い込んで、城を奪ってろう」

というように意気投合したのです。

もちろん信光に何の恩賞がないワケではありません。

「コトが成った暁には、尾張の半分を分割して支配する」という条件で話はまとまり、準備は万全に整っていきます。

一方、計略を仕掛けたつもりの坂井大膳。

策士、策に溺れるとはこのことで、最大の敵を自ら城内に引き入れてしまうのでした。

 

衝撃! 突如、家臣に殺害されてしまった信光

清須城に入った織田信光は、早速動きました。

信友を自害に追い込んだばかりでなく、有力家臣であった大膳を見事に清須城から追放するのです。

こうして城を占拠した信光は、事前の打ち合わせどおり信長に清須城を譲り、自身は那古野城へと入りました。

ちなみに、大膳は今川氏の元へ落ち延びたとされますが、その後の消息は不明です。

当時の信光は、それはもう得意絶頂であったことでしょう。

信長の権力確立に尽力したことで、自身の立場も安泰。

さらに「尾張の分割支配」も約束していたわけですから、完全な勝者になる……ハズでした。

結論から言えば、彼の人生はその半年後に唐突な終わりを迎えることになります。

天文23年(1554年)、信光は家臣・坂井孫八郎によって殺害されてしまうのです。

殺害の動機についてハッキリと分かっているわけではありません。

『甫庵信長記』という史料によれば「孫八郎と北の方(信光夫人)が密通していたことが原因」と書かれています。

ただ、この史料は『信長公記』に比べると信ぴょう性に欠ける代物であり、ましてや「色恋」が理由というのは話として出来すぎている気がしてなりません。

別の可能性を考えていきましょう。

 

信長黒幕説の真偽

これまで信長にとって欠かせない後ろ盾であった織田信光。

清須勢力を打倒した後、その価値は低くなっています。

なんせ「尾張支配の約束」を果たせば領土を半分譲らねばならず、外交方針や合戦で意見が違えば、信長の行動を大きく制約する障害にさえなり得ますし、再び国が分裂する危険性も高い。

戦国大名にとって「権力の一元化」は生死にかかわる問題です。

信長側の視点から信光の存在を考えたとき「このタイミングで死んだことは、かなりの幸運であった」と言えるかもしれません。早すぎもせず、遅すぎもしない絶妙な頃合いと申しましょうか。

しかし、人の死期というのもは、そうそう都合よく訪れるものであはりません。

となれば、当然ながらこんな説が浮かんで参ります。

「孫八郎が信光を殺したのは、信長が命じたからではないか?」

いわば「黒幕説」ですね。

ただし、信ぴょう性の低い軍記物(小説)などを含めても、「信長黒幕説」を裏付ける史料は存在しません。

「黒幕」は表に出ないからこそ黒幕。好き好んで暗殺の指示を記録に残しておくはずがありません。

それでも史料無くして史実を語ることはできませんから、妄想の域を出ないのです。

信長のように歴史に名を残す偉人というものは、往々にして「冗談かと思うようなラッキー」に恵まれるもの。

信光の死も「暗殺を疑われるほど絶妙なタイミングで亡くなっただけ」なのかもしれません。

いずれにせよ織田信光というマイナーな武将が、信長の尾張統一に貢献していたことは間違いないでしょう。

あわせて読みたい関連記事

尾張統一
14年も費やした信長の尾張統一 1552~1565年の軌跡を年表と共に辿る

続きを見る

織田信長
史実の織田信長ってどんな人?生誕から本能寺まで49年の生涯まとめ

続きを見る

平手政秀
平手政秀(信長の傅役)が自害したのは息子と信長が不仲だったから?

続きを見る

織田信秀
史実の織田信秀(信長の父)は経済も重視~今川や斎藤と戦い続けた生涯

続きを見る

今川義元
史実の今川義元はデキる大名?海道一の弓取りと畏怖された42年の生涯

続きを見る

斎藤道三
斎藤道三 史実の人物像に迫る!マムシと呼ばれた戦国大名63年の生涯

続きを見る

小豆坂の戦い(安祥合戦)で狙われた信長の兄~超わかる信長公記2話

続きを見る

濃姫(帰蝶)
信長の妻であり道三の娘である帰蝶(濃姫)は史実でどんな女性だった?

続きを見る

織田信勝(織田信行)
兄・信長に誅殺された織田信勝(織田信行)そもそも当主の器だった?

続きを見る

萱津の戦いで勝家も活躍~戦国初心者にも超わかる信長公記11話

続きを見る

文:とーじん

【参考文献】
谷口克広『織田信長家臣人名辞典(吉川弘文館)』(→amazon
谷口克広『天下人の父・織田信秀――信長は何を学び、受け継いだのか(祥伝社)』(→amazon
岡田正人『織田信長総合事典(雄山閣出版)』(→amazon
「信長の叔父・織田信光はなぜ、暗殺されたのか(WEB歴史街道)」

TOPページへ

 



-織田家
-

×