絵・小久ヒロ

諸家

10才で家督を継いだ名将・宇都宮成綱~北関東の戦乱を生き抜く!

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
宇都宮成綱
をクリックお願いします。

 

家臣の芳賀景高だけは抑えきれず謀殺を企てるも……

いかに果断な成綱といえど、一人で家中のことをすべてやれるわけではありません。当然、重臣の助けが必要になります。

その中の芳賀氏(はがし)という家が大問題になってしまうのです。

芳賀氏の当主・芳賀景高(かげたか)は、成綱の幼少期からの重臣で、それだけに成綱も抑えきることができませんでした。

景高が亡くなった後も、景高の息子・高勝が大きな影響力を持ち続けており、似たような状況が続きます。

そして、足利家の内紛に際し、成綱と高勝の意見が割れたことで、宇都宮氏自体が真っ二つに割れかねない事態になりました。

成綱はこれを、高勝の謀殺という荒すぎる手段で解決しようとします。

しかし芳賀氏サイドから見れば

「俺達は今までお家のために尽くしてきたのに、なぜ高勝様を殺されなければならないんだ!」

となるのも当然のこと。

むしろ、なぜ成綱がそこに気づかなかったのかがワケワカメ。

こうして芳賀氏が反乱を起こしたところに、足利家の内紛と絡んで見事に話と戦がこんがらがります。足利家も自重しろってば。

しかも成綱はこの頃、息子・宇都宮忠綱に家督を譲っていました。

戦国時代で存命中に家督を譲る理由は色々ありますが、成綱が亡くなる四年前のことですから、健康上の不安も大きな割合を占めていたことでしょう。

成綱は元気な間、忠綱の後見として、いろいろやっていますし。

当時、息子の忠綱は15歳。

当主としてはまだまだ若いものの、元服=成人しているという意味では心配ありません。成綱自身が家督を継いだときと比べればなおさらです。

最終的に成綱たち主家のほうが勝ちました。

何とも後味が悪い話ですが。

 

豊臣家の確執に巻き込まれて御家断絶とはこれいかに

成綱は、芳賀氏の名前だけを残すことにしました。

芳賀氏の年長者を宇都宮城に捕らえ、自分の息子の中で最年少の興綱に家名を継がせたのです。

ついでに成綱の弟をつけて、芳賀氏が二度と逆らうことのないように計らいました。

……が、成綱がこの始末をつけて永正十三年(1516年)に亡くなると、またしても芳賀氏は反乱を起こします。

もういっそのこと一族丸ごと別の大名に仕えて、内部の情報を提供する代わりに宇都宮をもらう……とかのほうが手っ取り早い気がしてきますが、手段が目的になってたんですかね。

こうして、成綱が作り上げた地盤は崩れ、宇都宮氏自体も歴史の大舞台からは一歩引くことになりました。

一応、豊臣秀吉の時代まで家は続いておりますが、秀吉の晩年にいきなり改易されるという悲惨な目に遭っています。

豊臣秀吉
豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

どうやら豊臣家内の確執に巻き込まれたようです。

可哀想すぎるやろ(´;ω;`)ブワッ

あわせて読みたい関連記事

前九年の役
前九年の役で源氏が台頭! 源頼義と義家の親子が東北で足場を固める

続きを見る

源頼朝
源頼朝 史実の人物像に迫る!出生から鎌倉幕府の設立 死因まで53年の生涯

続きを見る

百人一首はいかにして作られた?始まりは藤原定家が友達に頼まれて?

続きを見る

百人一首
「小倉百人一首」の作者ってどんな人? 和歌スルーで著者短評100本ノック!

続きを見る

元寇
元寇(文永の役・弘安の役)は実際どんな戦いだったか 神風は吹いた?

続きを見る

永享の乱で関東に火種を大量投下! そして鎌倉公方・足利持氏は切腹へ

続きを見る

豊臣秀吉
豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

藤原道長
藤原道長も最初は出世の見込みない一貴族 それがなぜ最強の権力者に?

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
『戦国武将合戦事典(吉川弘文館)』(→amazon
宇都宮成綱/wikipedia
下野宇都宮氏/wikipedia

TOPページへ

 



-諸家
-,