戦国諸家

戦国大名の父から息子へ~政宗・信長・家康・謙信から学べる遺訓とは

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
戦国大名の父から息子へ
をクリックお願いします。

 

家康「愚鈍」な息子を後継者に選んだ理由

家康のカリスマは誰もが認めるところ。

しかし、2代目の徳川秀忠については、関ヶ原の戦いでの遅参や、大坂の陣での爆走進軍などばかりがクローズアップされ、どちらかというと愚鈍なイメージが強い。

徳川秀忠
なぜ徳川秀忠が二代目将軍に選ばれたのか 関ヶ原の遅刻は問題なし?

続きを見る

それをあえて選んだところに家康の眼力があるのだが、果たして父としての家康が遺したものはなんだったのか。

秀忠には二人の兄がいた。

一人は嫡男の松平信康

もう一人は福井藩祖となる結城秀康である。

松平信康
松平信康(家康の長男)はなぜ自害へ追い込まれた?謎多き諸説を考察

続きを見る

結城秀康
家康の次男・結城秀康はなぜ将軍になれなかった?幼少期の流転が影響?

続きを見る

結城秀康は母の身分が低く養子に出されていたので後継者レースから外れていた。

一方、嫡男の信康はバリバリの長男で母の家柄もよい(築山殿で今川の姫)。ただ……。

信康一派が、どうにも反乱を企図した節があり(堀新氏によると信長が家康に長男を殺すよう命じたというのは俗説)、廃嫡されて切腹

家康にとって「後継者」の後がない状態から授かった――息子の秀忠に遺したものは、人脈だったといえよう。

家康の名代として城の取りつぶしという難題を補佐させる井伊直政榊原康政

井伊直政
徳川四天王の井伊直政~武田赤備えを継ぎ 赤鬼と恐れられた42年の生涯

続きを見る

榊原康政
徳川四天王・榊原康政にはどんな功績がある? 家康と歩んだ生涯59年

続きを見る

まだ未開だった江戸を安定させるために取り付けた前田利家のバックアップ。

そして、秀吉の養女(浅井三姉妹の江)を継室にもらいうけ、娘の千姫豊臣秀頼と結婚させたことは有名であろう。

千姫
家康の孫娘で秀吉が義父「千姫」は大坂城を脱出した後どうなった?

続きを見る

豊臣秀頼の父親
豊臣秀頼が秀吉の実子でなければ誰の子なの?僧侶かそれとも陰陽師か

続きを見る

 

謙信 なにも残さず禍根を残す

 

一方「遺言」を遺さなかったのが、上杉謙信である。

変わり者で知られる謙信は、妻をもたず、したがって後継者候補である景勝と景虎は養子だった。

どちらが後継者かを名指して死ねばいいものを、自分勝手になにも言わずに死んでしまい、当然、双方で戦いが起きた。

御館の乱】である。

御館の乱
御館の乱で上杉真っ二つ!謙信死後に景勝と景虎が激突した経緯とは?

続きを見る

この戦いで、勝者となったのが上杉景勝

敗者は、上杉家に養子入りしていた北条氏康の七男・上杉景虎である。

物は言いようだが、この二人の後継者争いという死闘をくぐり抜けただけに、景勝はその後、関ヶ原を含む、数々の難局をくぐり抜け、謙信の上杉氏を守りきっている。

ライオンは子を千尋の谷に突き落とすという試練を「遺した」……と言ってもよいだろうか?

あわせて読みたい関連記事

伊達政宗
史実の伊達政宗 ド派手な逸話はどこまで本当?生涯70年の検証まとめ

続きを見る

佐々成政
信長の側近から戦国大名になった佐々成政~秀吉に潰された生涯53年

続きを見る

濃姫(帰蝶)
信長の妻であり道三の娘である帰蝶(濃姫)は史実でどんな女性だった?

続きを見る

織田信長
史実の織田信長ってどんな人?生誕から本能寺まで49年の生涯まとめ

続きを見る

斎藤道三
斎藤道三 史実の人物像に迫る!マムシと呼ばれた戦国大名63年の生涯

続きを見る

平手政秀
平手政秀(信長の傅役)が自害したのは息子と信長が不仲だったから?

続きを見る

徳川秀忠
なぜ徳川秀忠が二代目将軍に選ばれたのか 関ヶ原の遅刻は問題なし?

続きを見る

松平信康
松平信康(家康の長男)はなぜ自害へ追い込まれた?謎多き諸説を考察

続きを見る

結城秀康
家康の次男・結城秀康はなぜ将軍になれなかった?幼少期の流転が影響?

続きを見る

井伊直政
徳川四天王の井伊直政~武田赤備えを継ぎ 赤鬼と恐れられた42年の生涯

続きを見る

榊原康政
徳川四天王・榊原康政にはどんな功績がある? 家康と歩んだ生涯59年

続きを見る

千姫
家康の孫娘で秀吉が義父「千姫」は大坂城を脱出した後どうなった?

続きを見る

川和二十六・記

【参考】
国史大辞典
『歴史読本』(→amazon

TOPページへ

 



-戦国諸家