絵・小久ヒロ

斎藤家

斎藤龍興(道三の孫)が信長に敗北! 国を追われてネチネチ攻撃やり返す

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
斎藤龍興
をクリックお願いします。

 

なぜ美濃国主時代にそれをやらなかった!

それだけに不思議に感じます。

『なぜこういった謀略を、美濃の国主だった頃に発揮できなかったのか?』

美濃を追われたときの龍興は19歳。

この頃は22歳になっていますから、家を追い出されて初めて世間に揉まれ、メンタル面を鍛えられたのでしょうか。

単なるアホでなかったのは間違い無いようで。

この頃キリスト教にも興味を持ったらしく、イエズス会の宣教師にかなり詳しく話を聞いたこともあったと言います。

外国人宣教師から見た戦国時代のニッポン 良い国?悪い国?鴨ネギな国?

続きを見る

ただし、信者になったワケではありません。

「人間が神によって祝福された存在であるならば、なぜこの世にはこんなにも不条理なのか? なぜ善良に生きている者が、現世で報いを受けられないのか?」

そんな鋭い質問をしていたそうです。

イエズス会側の記録では、これらの質問に対して龍興が納得するような説明をした、ということになっています。

しかし、龍興がその後キリシタンになったという話もありませんので、得心がいったわけではなかったのでしょうね。

現代でも「欧米圏では、黙る=相手の意見を認めたも同然、あるいは自己主張がない」とされますし、龍興が議論をやめたことを、イエズス会側が「納得した」と受け取った可能性もありそうです。

 

龍興、刀禰坂の戦いで戦死

その後、三好三人衆が「病死・戦死・行方不明」という末路をたどると、龍興は畿内での拠点を失います。

行き場をなくし、次は浅井氏領を経て、最終的に朝倉氏のもとへ。

斎藤道三の孫だったからなのか、反信長だったのが受け入れられたのか。

待遇は悪くなく、客将扱いだったともいわれています。

しかし天正元年(1573年)8月、その信長が朝倉氏攻めにかかった際、【刀禰坂の戦い】で戦死してしまいます。

享年26。

一説によると、美濃の重臣だった氏家直元の嫡男・氏家直昌が斬ったとも。

旧臣である稲葉一鉄の計らいで、最終的には美濃へ帰ることができた元・美濃守護土岐頼芸(ときよりあき)と比べると、何とも対照的な最期ですね……。

美濃の戦国大名・土岐頼芸~道三に追い出され信玄に拾われた83年の生涯

続きを見る

ちなみに龍興には、生存説も残っています。

戦場から逃れ、越中国新川郡に身を寄せ、「九右エ門」と名前を変えて周囲を開拓しながら密かに暮らしていたのだそうです。

そして慶長十六年(1611年)に興国寺(富山市)で出家し、家督を息子に譲った後、寛永九年(1632年)に亡くなったのだとか。こちらの説だと、享年87という長寿になりますね。

ただ……国外に追いやられても信長に抵抗しつづけた人が、すっぱり諦めて世を捨てるのは考えにくい。

もしも生き残っていたなら、信長が本能寺の変で斃れたときに、すぐさま動いていそうです。

本能寺の変
なぜ本能寺の変で光秀は信長を裏切ったか?諸説検証で浮かぶ有力説はコレ!

続きを見る

いずれにせよ生存説があるということは、誰かが「この人にこんなところで死んでほしくない」と思っていたということ。

ダメ君主というイメージが強い龍興にも支持してくれる人はいたんですね。

あわせて読みたい関連記事

斎藤道三(利政)マムシの生涯63年まとめ! 最期は息子に殺された

続きを見る

斎藤義龍(斎藤高政)はなぜ父の道三を殺した?マムシの息子33年の生涯

続きを見る

織田信長
織田信長 史実の人物像に迫る!生誕から本能寺まで49年の生涯まとめ年表付

続きを見る

戦国一の美女・お市の方(信長の妹)はなぜ勝家と共に死んだ? 37年の生涯

続きを見る

森辺の戦い(森部の戦い)で「首取り足立」を討ち取り利家復活!信長公記39話

続きを見る

竹中半兵衛36年の生涯まとめ~官兵衛と並び称される天才軍師の実像とは?

続きを見る

安藤守就は信長に従った西美濃三人衆の一人~知られざる不憫な最期とは?

続きを見る

稲葉山城乗っ取り事件
天才・半兵衛による稲葉山城乗っ取り事件! 何のために城を占拠した?

続きを見る

稲葉一鉄(稲葉良通)
稲葉一鉄(美濃三人衆の一人)は信長の下でどんな活躍を? 生涯74年まとめ

続きを見る

本圀寺の変で将軍・義昭を襲撃(麒麟がくる第28回)信長公記ではどんな話?

続きを見る

野田城・福島城の戦い(第一次石山合戦)~超わかる信長公記73話

続きを見る

外国人宣教師から見た戦国時代のニッポン 良い国?悪い国?鴨ネギな国?

続きを見る

美濃の戦国大名・土岐頼芸~道三に追い出され信玄に拾われた83年の生涯

続きを見る

本能寺の変
なぜ本能寺の変で光秀は信長を裏切ったか?諸説検証で浮かぶ有力説はコレ!

続きを見る

長良川の戦いでマムシと激突! その後の高政(義龍)&龍興はどうなった?

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『斎藤道三と義龍・龍興 (中世武士選書29)』(→amazon
斎藤龍興/wikipedia

TOPページへ

 



-斎藤家
-

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)