徳川義直/wikipediaより引用

江戸 徳川家

徳川義直(家康の九男)と家光は火花バチバチ! 尾張徳川家・初代の生き様

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
徳川義直
をクリックお願いします。

 

家康の息子ゆえに年の近い将軍家光と火花を散らす

「俺は権現様の息子で60万石の大名だぞ」という意識の強かった義直。

特に三代将軍・徳川家光とはよくぶつかりました。

歳にしたら4つしか変わらないんですが、それでも家光にとっては叔父さんですから、長幼の順で考えれば目上ということになります。

雪化粧の名古屋城

また、家光の息子・徳川家綱が神社へお参りに行くとき、幕府から「御三家の皆様も同行なさるように」との知らせがありながら、「無位無官の者に官位ある者がへつらうことはできない」と言って拒否したこともありました。

徳川家綱って実はメンタルイケメン将軍? 地味なれど好感度エピソード満載

続きを見る

そのころ義直は従二位・権大納言という高位。家綱が正式に征夷大将軍もしくは自分と同等以上の官位にならないとやなこった、というわけですね。

ただし、それから三年後、家綱はバッチリ義直と同じ官位になっています。

まだ家光の存命中だったので、もしかしたら意趣返しだったかもしれませんねえ。キャーコワーイ。

とはいえ、この真面目さが良い方向に動いたこともありました。義直は身持ちの固い人で、正室と結構うまくやっていたようなのです。

残念ながら正室との間に子供ができなかったため、側室を娶ることになったのですが、戦国の「子供は多ければ多いほどいい」=「側の女性も以下同文」といった気風が強かった時代にしては珍しいほうです。

ちなみにこのとき、家臣が側室をもらってくださいと言っても嫌がったので、土井利勝が幕命として側室を持つよう勧めたのだそうです。
利勝もあっちこっちで大変ですね。

土井利勝は家康の隠し子なのか? 参勤交代や寛永通宝など江戸時代の基盤を作る

続きを見る

その後、義直の跡を継いだのは側室との間に生まれた光友だったので、めでたしめでたしというところでしょうか。

 

御三家筆頭でありながら将軍を輩出せず

しかし残念ながら、尾張家の家風は真面目すぎて、江戸時代中期のドロドロした政争には向かなかったようです。

六代将軍・徳川家宣が就任からわずか三年で亡くなったときに尾張家当主・徳川吉通。

在位3年で死亡の六代将軍・徳川家宣は清廉クレバー! 知られざる実績が凄い

続きを見る

七代将軍・徳川家継が夭折したときの当主・徳川継友。

それぞれ将軍候補に上がったことがありました。

ところが、です。
皆さんご存知の通り、尾張家からは一人も征夷大将軍になった人がいません。候補に上がった段階で、皆突如として亡くなってしまっているからです。

あまりにもタイミングがアレな上、この他の尾張藩主や息子達もやたらと急死や夭折が多く、きな臭いどころの話ではありません。

いくら医学が未発達で乳幼児の死亡率が高い時代だとはいえ、一番環境がいいはずの藩主の一族がこの有様というのは、怪しいですよね……。

ようするに政敵からのスパイがアレコレしたのでは……という疑いが濃いわけですが、残念ながら「疑い」の範疇を出ません。悪寒が的中なら、いい仕事しやがる。

もし、尾張家にそうした狡猾な政敵に対抗できるだけのがめつさ……もとい悪賢さがあれば、一人くらいは将軍の座についていたかもしれません。

御三家筆頭といわれながらも、尾張家だけが将軍の輩出皆無というのはあまりにも、ねえ……(´・ω・`)

水戸家も徳川慶喜が一橋家に養子入りしたからこそ将軍になれたのですから、ある意味ギリギリですけどね。

徳川慶喜(一橋慶喜)は家康の再来とされた英邁? ラスト将軍77年の生涯

続きを見る

じゃあ勝ち組は紀州家かと思えば、現代では断絶がほぼ確定視されていますし。

そういえば尾張藩主と言えば、これまたなかなか無茶した徳川宗春もおりましたね。

質素倹約を推奨する幕府とは真逆の道を行き、名古屋を好景気に沸かせながら、やり過ぎて失脚した御方です。

徳川宗春がやりたい放題で空前の好景気「名古屋の繁華に京(興)がさめた」

続きを見る

尾張藩って面白いですなぁ。

あわせて読みたい関連記事

御三家と御三卿って何がどう違うの? 吉宗が田安家を創設する

続きを見る

徳川家康(松平元康)が直面した3度の絶体絶命!75年の生涯まとめ【年表付】

続きを見る

織田信長は意外と優しい!? 生誕から本能寺まで49年の史実解説【年表付】

続きを見る

織田信忠(奇妙丸)信長の長男は家督を譲られるも光秀に命を狙われて

続きを見る

織田信雄(信長の次男)は本当に愚将だった? 現代に信長の血を伝える

続きを見る

松平忠吉(家康の四男)は関ヶ原で大活躍!10万→52万石に大出世するも

続きを見る

徳川家綱って実はメンタルイケメン将軍? 地味なれど好感度エピソード満載

続きを見る

土井利勝は家康の隠し子なのか? 参勤交代や寛永通宝など江戸時代の基盤を作る

続きを見る

在位3年で死亡の六代将軍・徳川家宣は清廉クレバー! 知られざる実績が凄い

続きを見る

徳川慶喜(一橋慶喜)は家康の再来とされた英邁? ラスト将軍77年の生涯

続きを見る

徳川宗春がやりたい放題で空前の好景気「名古屋の繁華に京(興)がさめた」

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
菊地浩之『徳川家臣団の系図』(→amazon
『歴史人 2019年 9月号』(→amazon
徳川義直/wikipedia

TOPページへ

 



-江戸, 徳川家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.